« 福岡の10人死亡火災、不起訴へ 診療所院長、地検「防止は困難」(8日)共同 | トップページ | 高齢ドライバーの認知症診断、医師3千人協力へ(8日)読売 »

2017年3月 8日 (水)

防災ヘリ 4枚の羽根に激しい損傷(8日)NHK

長野県松本市の山の斜面に県の防災ヘリコプターが墜落し、9人が死亡した事故で、墜落した機体は、メインローターと呼ばれるプロペラの4枚の羽根がずたずたになっているうえ、胴体から後方に延びるテールブームと呼ばれる部分が、つなぎ目から切断していたことが警察や国の運輸安全委員会への取材でわかりました。警察などは、墜落の衝撃が激しかったと見て、8日も現場検証を行い、事故原因を調べることにしています。
 今月5日、長野県松本市の鉢伏山の斜面に山岳遭難の救助訓練を行う予定だった県の防災ヘリコプターが墜落し、乗っていた9人全員が死亡しました。
 警察や国の運輸安全委員会は、墜落した機体の状況を調べていますが、メインローターと呼ばれる大きなプロペラの4枚の羽根がずたずたになるなど機体の損傷が激しかったことが、警察などへの取材でわかりました。さらに、胴体から後方に延びるテールブームと呼ばれる部分が、つなぎ目から切断していたこともわかりました。
 これまでの調べで、墜落現場より標高が高い尾根の林で、複数の木の先端部分が切り取られたようになるなど、機体が接触したと見られる痕跡があり、ヘリコプターは木に接触したあと墜落したと見られています。
 警察などは、墜落の衝撃が激しかったと見て、8日も現場検証を行うとともに、消防隊員が機内で撮影していたビデオの映像を分析するなどして事故原因を調べることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902451000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

« 福岡の10人死亡火災、不起訴へ 診療所院長、地検「防止は困難」(8日)共同 | トップページ | 高齢ドライバーの認知症診断、医師3千人協力へ(8日)読売 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64986340

この記事へのトラックバック一覧です: 防災ヘリ 4枚の羽根に激しい損傷(8日)NHK:

« 福岡の10人死亡火災、不起訴へ 診療所院長、地検「防止は困難」(8日)共同 | トップページ | 高齢ドライバーの認知症診断、医師3千人協力へ(8日)読売 »