« 娘の成長感じて片道100キロ 双葉中、二人きりの通学(6日)朝日 | トップページ | 【長野防災ヘリ墜落】機体の2人、意識不明 残る4人、早朝から救助再開へ(6日)産経 »

2017年3月 6日 (月)

救助難航に焦燥感=知事「痛恨の極み」-防災ヘリ墜落事故・長野(6日)時事

長野県の消防防災ヘリコプターが墜落した5日、長野市の長野県庁には阿部守一知事ら幹部が相次いで慌ただしく登庁し、搭乗していた9人の安否確認に追われた。現場は雪深いといい、救助隊が現場に入るのは容易ではなく、捜索はいったん打ち切られた。職員らは焦燥感を募らせた。

〔写真特集〕世界の軍用ヘリコプター

 県によると、ヘリは午後1時45分ごろから、無線の呼び掛けに応答しなくなったという。県は午後3時12分に「消防防災ヘリ事故対策本部」を設置。自衛隊に派遣要請し、山梨県にもヘリによる捜索支援を依頼した。
 幹部らは危機管理部のある部屋に詰めた。しかし、ヘリによる捜索は日没で打ち切られ、地上からの捜索も腰ぐらいまでの雪で難航。救助活動は午後8時10分ごろに打ち切られた。
 阿部知事は記者団に「県の消防防災ヘリが訓練中に事故を起こすという大変な出来事が生じてしまったことは痛恨の極みだ」と話した。その上で、「多くの山岳救助をはじめ、人命救助に頑張ってもらった職員の救助救出に全力で当たる」と硬い表情で語った。
 救助された3人の死亡が確認されたことが報告されると、県幹部は「人命救助の使命感を持った人たちだっただけに、痛恨の極みだ。残念だ」と唇をかんだ。
 他に現場で2人が発見されたが、呼び掛けに応じないという。(2017/03/06-00:11)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030500508&g=soc

« 娘の成長感じて片道100キロ 双葉中、二人きりの通学(6日)朝日 | トップページ | 【長野防災ヘリ墜落】機体の2人、意識不明 残る4人、早朝から救助再開へ(6日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救助難航に焦燥感=知事「痛恨の極み」-防災ヘリ墜落事故・長野(6日)時事:

« 娘の成長感じて片道100キロ 双葉中、二人きりの通学(6日)朝日 | トップページ | 【長野防災ヘリ墜落】機体の2人、意識不明 残る4人、早朝から救助再開へ(6日)産経 »