« 公舎の共益費を着服 青森県警巡査長が減給処分(7日)共同 | トップページ | 性犯罪の「親告罪」撤廃…刑法改正案を閣議決定(7日)読売 »

2017年3月 7日 (火)

19年前の殺人事件 被害女性の爪から犯人のDNAか(7日)NHK

19年前、東京・三鷹市のアパートで、住人の女性が殺害され、部屋が放火された事件で、女性の爪から男のDNAが新たに検出されていたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は、犯人のDNAの可能性があると見て、捜査を進めています。
 19年前の平成10年9月、東京・三鷹市のアパートの部屋で、この部屋に住む進学塾のアルバイト、中山みづ江さん(当時31)が首を絞められて殺害されたうえ、部屋が放火されました。警視庁は殺人事件として捜査を進めていますが、現場には有力な証拠などはなく、未解決のままになっています。
 この事件について、警視庁が去年になって、再度、鑑定を行ったところ、中山さんの爪に付着したものから男のDNAが新たに検出されていたことが警視庁への取材でわかりました。
 見つかったDNAは特定に必要な一部しか確認されておらず、これまでに一致した人は見つかっていないということです。
 警視庁は、中山さんが抵抗した際に付いた犯人のDNAの可能性があると見て、捜査を進めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170307/k10010901691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004 http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201703060P166900.html

« 公舎の共益費を着服 青森県警巡査長が減給処分(7日)共同 | トップページ | 性犯罪の「親告罪」撤廃…刑法改正案を閣議決定(7日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64983728

この記事へのトラックバック一覧です: 19年前の殺人事件 被害女性の爪から犯人のDNAか(7日)NHK:

« 公舎の共益費を着服 青森県警巡査長が減給処分(7日)共同 | トップページ | 性犯罪の「親告罪」撤廃…刑法改正案を閣議決定(7日)読売 »