« シートベルト警告灯、全席義務化 20年秋の新型車から(31日)朝日 | トップページ | 【千葉・9歳女児遺体】顔に殴られた痕 口内に出血、防御創なし(31日)産経 »

2017年3月31日 (金)

【朴槿恵氏逮捕】大統領経験者で3人目 亡命、暗殺、家族の収賄…歴代韓国大統領の悲劇的な末路 「現制度はもう寿命だ」と韓国紙(31日)産経

【ソウル=桜井紀雄】収賄などの容疑で31日、逮捕された韓国の朴槿恵(パククネ)前大統領は、大統領経験者として3人目の逮捕者だ。韓国歴代大統領の多くは自身が逮捕されなくとも、亡命や暗殺、家族の逮捕と、悲劇的な末路をたどってきた。
 不正政治献金事件で1995年11月に最初の逮捕者となったのは盧泰愚(ノテウ)氏(在任1988~93年)だ。翌月には、前任の全斗煥(チョンドゥファン)氏(同80~88年)が79年のクーデターに絡む内乱容疑などで検察に出頭を求められた。全氏は「政治的捜査だ」として拒み、故郷に戻ったところで逮捕された。
 盧、全両氏はそれぞれ懲役17年と無期懲役の判決が確定。後に特赦された。
 盧武鉉(ムヒョン)氏(同2003~08年、04年3~5月弾劾訴追で権限停止)も退任後の2009年に収賄容疑で取り調べられたが、検察が逮捕状請求を検討中に自殺した。
 初代大統領の李承晩(イスンマン)氏(同1948~60年)は1960年、不正選挙をきっかにデモが拡大。李氏は辞任を受け入れ、亡命先の米ハワイで病死した。朴氏の父、朴正煕(チョンヒ)氏(同63~79年)は79年に側近に暗殺された。続きを読む

« シートベルト警告灯、全席義務化 20年秋の新型車から(31日)朝日 | トップページ | 【千葉・9歳女児遺体】顔に殴られた痕 口内に出血、防御創なし(31日)産経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【朴槿恵氏逮捕】大統領経験者で3人目 亡命、暗殺、家族の収賄…歴代韓国大統領の悲劇的な末路 「現制度はもう寿命だ」と韓国紙(31日)産経:

« シートベルト警告灯、全席義務化 20年秋の新型車から(31日)朝日 | トップページ | 【千葉・9歳女児遺体】顔に殴られた痕 口内に出血、防御創なし(31日)産経 »