« 障がい者施設で火災 現場から3人の遺体 放火か?(12日)テレビ朝日 | トップページ | 女子高生殺害 関与疑いの大学生と面識なしか(12日)NHK »

2017年3月12日 (日)

高齢者運転講習“大渋滞” 3割が3ヵ月超待ち、12日に改正法施行(12日)西日本

70歳以上の高齢ドライバーが運転免許を更新する際に義務付けられている高齢者講習で、受講者の約3割が3カ月以上待たされていることが警察庁のまとめで分かった。4カ月以上の予約待ちもあり、認知機能検査も義務付けられている75歳以上でみると、九州では5県で事例があった。12日には認知症対策が強化される改正道交法が施行され、講習の制度が変わることもあり、より一層予約が難しい状態になる恐れもある。
 高齢者講習は講義や実車指導などで、免許更新期限までの半年の間に、警察から委託された自動車学校などで受ける。
 警察庁が昨年12月、全国の受講施設に高齢者講習の予約状況を尋ねたところ、3カ月以上かかる人が27%いた。予約待ちが4カ月以上の施設もあり、70~74歳でみると26道府県で事例があった。75歳以上では29都道府県に上り、うち九州では佐賀(25%)▽鹿児島(10%)▽福岡(6%)▽宮崎(4%)▽長崎(3%)の5県だった。
 福岡県朝倉市の男性(79)は1月に受講通知が届き、自宅から車で約15分の自動車学校に電話したところ、既に7月まで予約で埋まっていた。「更新期限は7月中旬で、結局、車で30分以上離れた自動車学校を予約した。行きやすい地元で受けたかった」とため息をつく。
 福岡、佐賀、鹿児島県の自動車学校に取材したところ、実車指導では受講者3人に教官1人を配置する必要があり「新規の免許取得希望者がいる中で、高齢者講習ばかりに教官は割けない。新規希望者が増える春先と夏休み期間はなおさらだ」(学校関係者)。開講日や受講人数が限られることから、数カ月先まで予約が埋まるという。
 改正道交法が施行される12日以降は認知症対策の強化などにより、これまで同一日に受講できていた認知機能検査と高齢者講習は熊本、島根、宮城の3県以外では原則として別日になる。予約を取る手間が増え、混雑も想定される。
 警察庁などは、予約できないまま更新期限が迫っている人に関し「公安委員会による講習を実施したり、各県警で予約に空きのある施設を紹介したりしている」。学校関係者は「通知が届いたらすぐに予約の電話を」と注意を呼び掛けている。=2017/03/12付 西日本新聞朝刊=http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20700029/index.html

« 障がい者施設で火災 現場から3人の遺体 放火か?(12日)テレビ朝日 | トップページ | 女子高生殺害 関与疑いの大学生と面識なしか(12日)NHK »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65003961

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者運転講習“大渋滞” 3割が3ヵ月超待ち、12日に改正法施行(12日)西日本:

« 障がい者施設で火災 現場から3人の遺体 放火か?(12日)テレビ朝日 | トップページ | 女子高生殺害 関与疑いの大学生と面識なしか(12日)NHK »