カテゴリー

« 2017年3月17日 (金) | トップページ | 2017年3月19日 (日) »

2017年3月18日 (土)

2017年3月18日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安( 単位・レベル) 
東京の火災増加
【治安うんちく】

 

2009_1228_222559212

★ 住宅焼け跡から2日連続出火、放火の可能性(18日)読売
★ 住宅火災で2人の遺体 90代夫婦か 高知 宿毛(18日)NHK
★ 東京・渋谷区の住宅で火事、80代男性が重傷(18日)TBS
★ 茨城で工場火災、1人死亡 700世帯に一時避難指示(18日)日経
★ JR金沢駅近くの住宅街で火事 焼け跡から1人の遺体(18日)テレビ朝日
★ JR神田駅前で9棟焼ける火事、外の柱から延焼か(18日)TBS
★ 東京・大田区で住宅火災 住民の64歳男性搬送(16日)朝日
★ 神奈川・横須賀市で住宅火災、1人死亡(16日)TBS
★ オウム主流派「アレフ」の施設全焼…滋賀・湖南(15日)読売
★ 札幌市でタクシーが激しく炎上 走行中に発煙(14日)テレビ朝日
★ 障がい者施設で火災 現場から3人の遺体 放火か?(12日)テレビ朝日
★ 利根川河川敷、約1万2000平方メートル焼ける火事(12日)TBS
  これが最近1週間に報道された主な記事の見出しだ。
 東京消防庁管内では今年3月17日現在の火災発生件数は1128件で前年同期より189件も増加している。救助件数も4753件で93件の増加。死者は30人だった。
 火災が多いのはどこなのだろうか?ランキングを調べてみた。数字は平成25年の統計からだ。
 発生件数が最も多かったのは東京の7722件。次いで兵庫の5292件、大阪の4990件、愛知の4987件、千葉の4913件の順。
 これに対して少ないベスト5は富山の389件、福井の463件、鳥取の535件、島根の606件、高知の628件と続いている。全国平均出火数は1922件だった。
 火災と言えば昨年12月22日に発生した新潟県糸魚川市で150棟が焼けた大規模火災がある。
 戦後の日本における大規模火災と言われているのは昭和47年5月13日発生の大阪市の千日デパート火災で死者数が118人もあった。次いで大きかったのは同48年11月29日発生の熊本市の大洋デパート火災で死者は104人。昭和30年2月17日発生の横浜市のカトリック修道院火災の死者99人の順だ。
 糸魚川の大火では消失面積が4万平方㍍もあったが幸い死者は無かった。
 一瞬にして財産を失い、場合によっては命まで失うこともある火災は怖いものだ。ひとりとひりが気を付ける以外にないようだが、残念ながら出火原因のトップは放火だという。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2017年3月17日 (金) | トップページ | 2017年3月19日 (日) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

留置所

無料ブログはココログ