« 2017年3月14日 | トップページ | 2017年3月16日 »

2017年3月15日

2017年3月15日 (水)

用水路に身元不明の男性遺体 茨城・小美玉(15日)産経

14日午前11時ごろ、茨城県小美玉市上玉里の用水路で、うつぶせの状態で倒れている男性を、近くで農作業をしていた男性(27)が見つけ、同僚の女性が110番通報した。倒れていた男性はすでに死亡していた。県警石岡署が身元の特定を進めるとともに、司法解剖して死因を調べる。
 同署によると、遺体の男性は30~60代とみられ、身長約165センチで中肉。紺色のパーカーとチェック柄の長袖シャツ、青色のジーンズ、ベージュ色の靴下を着用し、銀色の腕時計をしていた。靴は履いていなかった。目立った外傷はないという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170315/afr1703150020-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

令状なしGPS捜査は違法=「立法措置望ましい」-警察庁が自粛指示・最高裁初判断(15日)時事

警察が裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車両に全地球測位システム(GPS)端末を取り付けた捜査について、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「令状が必要な強制捜査に当たる」と指摘し、違法と結論付けた。窃盗事件の上告審判決で初判断を示した。
GPS捜査、保秘徹底を指示=警察庁が06年通達

 判決は、今後もGPS捜査を実施するには「立法措置が望ましい」と異例の言及。現行の刑事訴訟法で定められた令状で行うことは「疑問が残る」とした。警察庁は判決を受け、GPS捜査の実施を控えるよう全国の警察に指示した。

 最高裁は「個人が権力によってプライベートな領域を侵害されない権利を憲法は保障している」との判断も初めて示した。GPS捜査はこうした権利などを侵すとし、令状がないと行えない強制捜査と位置付けた。
 地・高裁で結論が割れており、判断が注目されていた。裁判官15人全員一致の意見。
 大法廷が審理したのは、2012~13年に主に近畿地方で発生した連続窃盗事件。大阪府警は約7カ月間、被告の男(45)らの車両19台にGPS端末を取り付け、追跡していた。
 最高裁は「公道上だけでなく、プライバシーが強く保護されるべき場所に関する情報など個人の行動を継続的、網羅的に把握できる」と指摘。「公道を走る車両の位置情報はプライバシー侵害が小さく、強制捜査には当たらない」とする検察側の主張を退けた。
 一審大阪地裁は、違法と判断して得られた証拠を排除する一方、別の証拠から有罪を言い渡した。二審大阪高裁は「重大な違法はなかった」として控訴を棄却。最高裁は被告側の上告を棄却しており、有罪は確定する。(2017/03/15-19:43)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031500832&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「非行の恐れ」氏名や住所を学校が配布 顔写真も…(15日)テレビ朝日

学校が地域住民らに資料を配布していました。非行などの問題があるとして作られた資料には、生徒13人の氏名などが記載されていました。
 埼玉県熊谷市の中学校が今年1月、非行の恐れがあるとして生徒13人の名前や住所などを記載した資料を会議で配布していたことが分かりました。熊谷市教育委員会によりますと、この会議は学校と地域住民が情報を共有するためのもので、自治会長やPTA会長など17人が出席していました。このうち13人が配られた資料を持ち帰ったということです。会議の翌日、保護者から「うちの子が載っている」などと学校に抗議があり、発覚しました。13人のうち5人については、顔写真とともに「暴力的な言葉を使う」などと学校での問題行動が書かれていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096518.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車を壁に“ぶつけ続けた”男を逮捕 警察官きても…(15日)テレビ朝日

運転する車を他の車や壁などに繰り返し衝突させていたとして、男が逮捕されました。
 15日午前1時半すぎ、北九州市のマンションの駐車場で、駐車車両や壁にぶつかっている車があると近所の人から110番通報がありました。警察官が駆け付けると、男が運転する車が金網のフェンスにぶつかり続けていました。運転していた男の呼気から基準値の3倍近いアルコールが検出されたため、警察は海田道也容疑者(47)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。海田容疑者は現場の駐車場に迷い込んだとみられていて、調べに対して容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096523.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉 鋸山で男女2人死亡 登山中に崖から転落か(15日)NHK

15日昼前、千葉県富津市にある鋸山の崖下で、男女2人の遺体が見つかり、警察は、4日前から連絡が取れなくなっていた東京の高齢の男女と見て確認を進めるとともに、登山中に崖から転落したと見て調べています。
 15日午前11時半ごろ、富津市にある標高およそ330メートルの鋸山の山頂付近で、崖の下に転落した男女2人の遺体が見つかりました。
警察によりますと、2人はいずれも年齢が70代ぐらいで、リュックサックを背負っていたということです。
 4日前の今月11日に、東京に住む70代ぐらいの男女2人が「鋸山に行く」と言って出かけたあと、連絡が取れなくなっていて、警察は、見つかった遺体はこの2人と見て確認を進めています。
 警察や富津市によりますと、2人が見つかった現場の近くに遊歩道や登山道はありませんが、現場近くの崖を登るルートがインターネットなどで紹介されているということです。
 警察は、2人が登山道ではないルートを歩いているうちに崖から転落したと見て調べるとともに、こうしたルートを通る際は十分注意するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010912451000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

憲法学者ら共謀罪反対声明 「刑事法の原則揺るがす」(15日)共同

   
      

 憲法や政治学の学者らでつくる「立憲デモクラシーの会」は15日、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案について「刑事法の基本原則を揺るがしかねない」として反対する声明を発表した。
 国会内で記者会見した共同代表の山口二郎・法政大教授は「基本的人権の尊重や、権力の暴走を防ぐという立憲主義の観点から大いに問題がある」と話し、「法案が成立すれば、人権を抑圧する武器を与えることになる。通過させてはならない」と訴えた。
 京都大の高山佳奈子教授は「条約を締結するための法案だとされているが、条約はマフィア対策であってテロ対策とは別だ」と指摘した。
https://this.kiji.is/214658822640420341?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

貸しスタジオ更衣室で盗撮疑い 経営者の男逮捕(15日)共同

経営する貸しスタジオの更衣室にカメラを仕掛けて盗撮したとして、兵庫県警は15日、県迷惑防止条例違反と暴行の疑いで、神戸市東灘区の男(48)を逮捕した。
 逮捕容疑は8日夜、同区にあるスタジオの更衣室棚に設置したカメラで大阪市の女子専門学校生(27)の動画を撮影したほか、不審に思いカメラを持ち出そうとした女性の左腕をひねるなどの暴行を加えた疑い。
 県警の調べに対し容疑を認める一方、暴行については「カメラを取り返そうとしただけだ」と否認しているという。
 県警によると、同スタジオにはソファや貸衣装などが用意され、女性らがモデル撮影するために利用。カメラは置き時計の形をしていたという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201703/0010001366.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日 単位・レベル) 
知能犯が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012658

 刑法犯の認知件数が依然として減少し続けているなかで、詐欺犯などの知能犯だけが増加していることが分かった。
 警察庁によると今年2月現在の刑法犯認知件数は13万5534件で、前年同期に比べて1万3730件も減らした。この結果、過去4年間で5万件近くも減らしたことになる。全国警察の抑止力の賜である。
 全刑法犯の7割を占める窃盗犯は9万6294件、暴行などの粗暴犯が8873件、詐欺などの知能犯が7388件、風俗犯が1216件、殺人など凶悪犯が777件の順。
 全体的に減少したが最も減ったのは窃盗犯の-1万2497件。続いて粗暴犯の-269件、風俗犯の-120件。ところが知能犯だけが531件も増加している。その要因は詐欺が444件も増え、知能犯の89%を占める件数が6595件もあったことだ。
 認知件数のランキングでは東京の1万8599件、大阪の1万6461件、愛知の1万0323件、埼玉8975件、神奈川の8491件と続いた。
 減少件数のランキングでは東京の-2124件、大阪の-1811件、埼玉の-1342件、兵庫の-926件、千葉の-737件の順。
 逆に増加したのは三重の67件、島根の59件、広島の35件だった。警察官1人当たりの負担人口が三重が606人、島根が581人、広島が555人と多いところである。3月に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「令状なしのGPS捜査は違法」 最高裁大法廷が初判断(15日)産経

 裁判所の令状なしに捜査対象者の車両に衛星利用測位システム(GPS)の発信器を取り付けた捜査の違法性が争われた連続窃盗事件の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「GPS捜査は強制処分」とし、令状なしに行われたGPS捜査は違法との初判断を示した。その上で被告の上告を棄却。懲役5年6月とした1、2審判決が確定する。
 GPS捜査が令状の必要な「強制捜査」と、令状の不要な「任意捜査」のどちらに当たるかが争点となった。
 警察庁はこれまで令状を取らずにGPS捜査を実施。昨年9月に令状取得も「一つの適切な方法」と通達したが、任意捜査との立場は変えていない。今後、捜査手法の見直しを迫られることになりそうだ。
 判決を言い渡されたのは、平成24~25年、店舗荒らしなどを繰り返したとして窃盗罪などに問われた男性被告(45)。捜査員らは裁判所の令状を取らずに被告や共犯者の車両計19台に発信器を取り付けた。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

森友学園の小学校 工事契約書は偽造か 府が告訴・告発も(15日)NHK

学校法人「森友学園」が建設していた小学校について、設計事務所は国の調査に対し、「大阪府に提出されたおよそ7億5000万円の契約書は知らない」と話しています。一方、契約書にはこの設計事務所の印鑑が押されていたということで、大阪府は、偽造された可能性もあると見て、捜査機関への告訴や告発も検討することにしています。
 大阪の学校法人「森友学園」は、豊中市の元の国有地に建設していた小学校について、国におよそ23億8000万円の工事の契約書を提出した一方、大阪府にはおよそ7億5000万円、大阪空港の運営会社にはおよそ15億5000万円の、金額の異なる契約書を提出していました。
 3つの契約書は、契約日や工期などはすべて同じになっていました。
 校舎の設計を担当した京都市にある設計事務所は、国土交通省の調査に対し、国に提出された契約書が正しいものだとしたうえで、「大阪府に提出された、およそ7億5000万円の契約書は知らない」と話しています。
 一方、大阪府によりますと、府に提出された契約書には、この設計事務所の印鑑が押されていたということです。
 大阪府は、契約書が偽造された可能性もあると見て、森友学園の関係者に詳しい説明を求めたうえで、捜査機関への告訴や告発も検討することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010912181000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性に液体かけ軽傷負わせる 強盗致傷容疑で女を逮捕(15日)共同

福岡県警粕屋署は15日、自営業男性宅に侵入、顔に液体をかけて現金入りのバッグを奪ったとして、強盗致傷と住居侵入の疑いで福岡市博多区の職業不詳の女(47)を逮捕した。「身に覚えがない」と否認している。逮捕容疑は2月17日午後11時ごろ、福岡県志免町の男性(57)宅に無施錠の玄関から侵入、ベッドに座っていた男性の顔に成分不明の液体をかけ、現金約7万円やキャッシュカードなどが入ったバッグを奪った疑い。男性は角膜炎を発症した。http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/314712

| コメント (0) | トラックバック (0)

イラン人の男性が首刺され死亡、複数の外国人らから事情聴く(15日)TBS

15日午前5時すぎ、名古屋市北区楠の路上で、男性が首から血を流して倒れていると、近くに住むイラン人の男性から警察に通報がありました。
 警察によりますと、男性は20代くらいのイラン人とみられ、男性は刃物のようなもので首を刺されていて、運ばれた病院で死亡が確認されました。
 警察は殺人事件として捜査を進めていますが、男性が見つかる前、別の場所で一緒にいたとみられる複数の外国人らから任意で事情を聴いていて、容疑が固まり次第、逮捕する方針です。(15日11:47)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3005434.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「SNS狩り」少年ら現金“脅し取る”出会い系で…(15日)テレビ朝日

出会い系アプリで女性になりすまし、東京・小金井市の男性から現金を脅し取ったとして少年ら3人が逮捕されました。
 19歳の少年2人と16歳の少女は1月、小金井市にある飲食店の駐車場などで、会社員の男性(22)から現金約7万円を脅し取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、少年ら3人は「SNS狩り」と称して、出会い系アプリに女性になりすまして投稿していました。そして、知り合った男性と少女を引き合わせ、車の中に連れ込んで「人の女に何してんだ」「こいつの年齢、知っているのか」などと脅していたということです。取り調べに対し、3人は「遊ぶ金が欲しかった」などと容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096502.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK元記者を再逮捕へ 山梨の女性“乱暴”に関与か(15日)テレビ朝日

 山形県内の強姦(ごうかん)傷害事件で起訴されたNHK山形放送局の元記者について、前の任地の山梨県内でも同様の事件に関与したとして、警察が15日午後にも再逮捕することが分かりました。
 NHKの元記者・弦本康孝被告(28)は去年2月、山形市内の20代女性の自宅に侵入し、乱暴するなどした罪で起訴されています。その後の捜査関係者への取材で、弦本被告が2014年に前任地の山梨県内でも20代の女性の自宅に侵入し、乱暴したとして警察が15日午後にも再逮捕することが分かりました。弦本被告は留置されていた山形署から山梨県に向けて車で身柄を移されています。山梨県内では2013年にも同様の事件があり、警察は弦本被告が関与した疑いがあるとみて調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096497.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソンさんのアニメ制作語り現金詐欺 会社設立時には本人同席も契約至らず 容疑の父子逮捕(15日)産経

歌手のマイケル・ジャクソンさん(1958~2009年)のアニメ制作を持ち掛け、契約金名目で現金1100万円をだまし取ったとして、赤坂署は詐欺容疑でいずれも会社役員の原定雄容疑者(66)=東京都江東区東雲=と息子の達也容疑者(40)=東京都港区六本木=を逮捕した。同署によると、2人は容疑を否認している。
 逮捕容疑は平成22年11月、都内のアニメ制作会社の社長(62)にマイケルさんをアニメ化する権利があると装い、ライセンスの契約金名目で23年1~9月、原容疑者の会社名義の口座に現金を振り込ませたとしている。
 原容疑者らは10年7月、マイケルさんに関する商品化や事業展開をうたい「マイケル・ジャクソン・ジャパン」(港区)という会社を設立。設立発表の記者会見にはマイケルさんも同席したが、権利使用の正式な契約には至らなかったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170315/afr1703150015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

側溝に転落した車から火 1人死亡 北海道苫小牧市(15日)産経

14日午後9時50分ごろ、北海道苫小牧市糸井の市道で、側溝に転落した乗用車から火が出ているのを通行人が見つけ、119番通報した。消防が火を消し止め、車内から1人の遺体が見つかった。
 苫小牧署によると、車の所有者は近くに住む男性の妻で、遺体は男性の母親とみられる。出火原因の特定と身元の確認を進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170315/afr1703150006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城県警警部補が危険ドラッグ=購入容疑で逮捕-近畿厚生局(15日)時事

危険ドラッグを購入したとして、近畿厚生局麻薬取締部が医薬品医療機器法違反容疑で、宮城県警南三陸署の警部補三浦章容疑者(52)=宮城県石巻市美園=を逮捕していたことが15日、分かった。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2月、密売人の男から危険ドラッグ約0.5グラムを購入した疑い。(2017/03/15-11:40)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031500507&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム主流派「アレフ」の施設全焼…滋賀・湖南(15日)読売

15日午前5時40分頃、滋賀県湖南市平松にあるオウム真理教主流派の団体「Aleph(アレフ)」の関連施設から出火。
 木造平屋約100平方メートルと隣接のプレハブ小屋30平方メートルをいずれも全焼し、約2時間後に消えた。けが人はいなかった。県警甲賀署の発表などによると、信者らの居住施設で、出火当時は無人だった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50061.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国検察 パク前大統領21日に事情聴取へ 出頭求める(15日)NHK

韓国の検察は15日、憲法裁判所の決定によって罷免されたパク・クネ(朴槿恵)前大統領に対し、最大の財閥サムスングループから賄賂を受け取った収賄などの疑いで任意の事情聴取を行うため、今月21日に出頭するよう求めたことを明らかにしました。
 韓国の検察は、パク・クネ前大統領の長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告について、最大の財閥サムスングループから、約束分も含めて日本円で43億円余りの賄賂を受け取ったり、みずからが深く関わる2つの財団に資金を拠出するよう、企業に圧力をかけたりしたとして、収賄や職権乱用などの罪で逮捕・起訴しており、いずれも、パク氏が共謀したとみています。
 パク氏は、今月10日に憲法裁判所の決定によって大統領を罷免され、在任中に刑事訴追されない特権がなくなったことを受けて、検察は15日、パク氏に対し、任意の事情聴取を行うため、今月21日の午前9時半に出頭するよう求めたことを明らかにしました。
 検察によるパク氏への聴取が実現すれば初めてで、韓国の大統領経験者が検察に出頭するのは、ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領以来8年ぶり、4人目となります。
 これに先立ってパク氏の弁護士は「聴取の日程が通知されれば、特別な事情がないかぎり、積極的に応じて捜査に協力する」という立場を明らかにしました。
 ただ、パク氏は今月12日、「時間はかかるだろうが、真実は必ず明らかになると信じている」とするコメントを発表し、一連の事件への関与を改めて否定していて、聴取では容疑を否認するものとみられています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010911761000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞記者が談話捏造 取材せず記事執筆(15日)日経

 読売新聞グループ本社は15日、一部地域の7日付夕刊と8日付朝刊に掲載した「帰還しない職員 昇格・昇給なし 楢葉町長」の記事で、福島県・いわき支局の男性記者(25)が町長に取材をせずに談話を捏造(ねつぞう)していたと明らかにした。15日付の朝刊に談話部分を削除するとの「おわび」を掲載した。同社は記者の懲戒処分を検討している。
 記事は東京電力福島第1原発事故による避難指示が2015年9月に解除された福島県楢葉町の松本幸英町長が、昨年11月の庁議や今年2月の新年会で「避難先から帰還しない職員は昇格・昇給させないようにする」との趣旨の発言をしていたと報じた。
 同社広報部によると、男性記者は今月7日朝、同町に確認をせず、この内容を掲載していた複数の他紙を参考にして記事を執筆。町長が「町職員が率先して帰還する姿勢を示すべきだという思いからだった」などと話したとする談話も、取材をせずに作成した。
 記者は「締め切りが迫る中、取材しないまま安易に書いてしまった」と話しているという。町側の指摘で発覚した。
 同社広報部は「記者教育を徹底して再発防止に取り組み、信頼回復に努める」としている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H1V_V10C17A3CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「宅配便です」病院で知り合った高齢女性に“強盗”(15日)テレビ朝日

病院で知り合った東京・杉並区の80代の女性の家に宅配便を装って押し入り、現金などを奪ったとして69歳の男が逮捕されました。
 小沼正一容疑者は去年10月、杉並区の一人暮らしの80代の女性宅に押し入って刃物で脅し、手足を縛ったうえ、現金57万円などを奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、小沼容疑者は女性と同じ病院に通院していて、会話のなかから女性が一人暮らしで資産があることを知り、犯行を思いついたということです。犯行時、小沼容疑者は箱を持ち、「宅配便です」などと言って玄関を開けさせて押し入ると、転倒した女性を引きずり、「金のある所を教えろ」と脅したということです。取り調べに対し、小沼容疑者は容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096487.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原で交通事故→救護中にダンプ突っ込み1人死亡(15日)テレビ朝日

15日朝早く、東京・千代田区の交差点で、男性が交通事故に遭った歩行者を救護していたところ、後から来たダンプカーにはねられて1人が死亡し、1人がけがをしました。
 午前4時半ごろ、千代田区外神田でトラックが歩行中の男性をはねました。警視庁によりますと、トラックを運転していた男性(22)が車から降りて歩行者の男性を救護していましたが、そこに後から来たダンプカーが突っ込み、2人をはねたということです。この事故で歩行者の男性が病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡しました。トラックの運転手の男性は全身を強く打ち、重傷だということです。警視庁はダンプカーを運転していた男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、事故の状況を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096486.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊洲移転反対の署名提出 都に「築地女将さん会」(15日)産経

築地市場で働く女性たちでつくる「築地女将さん会」が14日、東京都中央区の市場内で記者会見し、築地で働く水産仲卸約550業者のうち393業者から、豊洲市場移転への反対署名を集めたと発表した。同日、都担当者に提出した。
 同会は「移転問題を男性だけに任せておけない」と1月に水産や青果の仲卸業者などで結成し、メンバーは現在46人。豊洲市場の地下水から環境基準を大きく上回るベンゼンなど有害物質が検出された後の2月、署名を募った。
 「多数が集まったのは豊洲への不信感の結果。移転は無理ではないか」としている。今後も署名を集めるという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170314/afr1703140036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームの女性に体当たり、JR三ノ宮駅「危険な行為。理解しがたい」無職男に有罪判決(15日)産経

神戸市中央区のJR三ノ宮駅のホームで昨年12月、電車を待っていた女性(44)に体当たりして電車に接触させたとして、傷害罪に問われた無職、久保幸一被告(53)の判決公判が14日、神戸地裁で開かれ、畑口泰成裁判長は懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 畑口裁判長は判決理由で、「重大な結果につながりかねない危険な行為。なぜ体が当たった程度でこのような行為に及んだのか理解しがたい」と指弾。一方で女性のけがの程度が重くないことなどから、執行猶予が相当とした。
 判決によると、久保被告は昨年12月27日午後6時25分ごろ、JR三ノ宮駅上り線ホームで、女性とすれ違った際に体が接触したことに立腹。体当たりしてホームに入ってきた新快速電車に接触させ、右手に全治17日間のけがをさせた。
 久保被告は殺人未遂容疑で逮捕されたが、神戸地検は「殺意の立証が困難」として傷害罪で起訴した。
http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子が学校で自殺か 3階の窓から転落(15日)フジテレビ

14日、福井・池田町の池田中学校で、2年生の男子生徒が校舎から転落しているのが見つかり、死亡が確認された。
池田中学校によると、14日午前8時半すぎ、2年生の教室に男子生徒がいないことに担任の教師が気づき、学校内を捜したところ、3階の開いている窓から、この生徒が転落しているのを見つけた。
生徒は意識がなく、病院に搬送されたが、およそ2時間後に死亡が確認された。
池田中学校では、14日夜、緊急の保護者会を開き、一連の状況を説明したが、15日に全校集会を開き、生徒に事情を説明するとしている。
学校側は、現時点で、いじめや教師とのトラブルといった報告はないとしているが、警察は、自殺の可能性もあるとみて調べている。 (福井テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352459.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査部長が拳銃自殺か=勤務中に仮眠室で-宮崎県警(15日)時事

14日午後6時10分ごろ、宮崎県串間市西浜の交番の仮眠室で、県警串間署地域交通課の男性巡査部長(36)が頭から血を流しているのを署員が発見し、その後死亡が確認された。制服姿で、右手に拳銃を握っていたことから、県警は自殺とみている。
 県警によると、巡査部長は同日午前9時から1人で勤務していた。午後5時50分ごろ、妻から連絡が取れないと通報があり、交番に駆け付けた同署員が2階の仮眠室で巡査部長を発見した。これまでのところ遺書は見つかっていないという。
 広沢康介・県警首席監察官の話 拳銃を使用した職員の自殺が発生したのは誠に遺憾。再発防止に努める。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031500040&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム死刑囚との面会など求め要望書 まもなく22年(15日)テレビ朝日

 オウム真理教による地下鉄サリン事件から22年になるのを前に、遺族らが死刑囚への面会などを求めた要望書を法務省に提出しました。
 高橋シズヱさん:「死刑が確定した今、何か伝えたいこと、私たちが聞きたいことが裁判とは別にあるんじゃないかと思っています」
 1995年3月に発生した地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋さんらは14日、死刑囚との面会や刑の執行の際に立ち会うことなどを求める要望書を法務省に提出しました。高橋さんらはその後、公安調査庁も訪れ、オウム真理教の後継団体「アレフ」と反主流派「ひかりの輪」について観察処分を継続するよう求めました。高橋さんは会見し、「事件を知らない若い世代が多くなり、時代が繰り返されるのではないかと危惧を抱かせます」と話しました。13人が死亡し、6200人以上が負傷した地下鉄サリン事件から20日で22年となります。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096453.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

<アスクル火災>物挟まり防火シャッター動かず 消火栓も使用されず(15日)共同

三芳町上富の事務用品通販大手アスクルの物流拠点「アスクルロジパーク首都圏」の倉庫火災で、倉庫に設置されていた防火シャッターの一部が物品が挟まるなどして作動していなかったことが14日、総務省消防庁と国土交通省の防火対策や消火活動の在り方を議論する第1回の検討会で明らかになった。県警や消防は広範囲に延焼した要因とみて詳しく調べている。
 会議資料などによると、防火シャッターは火災発生時、自動的に床まで下りて延焼を防ぐ仕組みになっていたが、倉庫火災では一部のシャッターが正常に作動していなかった。コンベヤーにぶつかったり、物品に阻まれて閉まりきっていないシャッターもあった。
 また、消火活動で消防隊員が2階から2カ所の屋内階段を使って3階に上がろうとしたところ、3階のドアはいずれも施錠されており、進入できなかったことも判明。屋内に61基、屋外に10基設置されていた消火栓は初期消火時、ほとんど使用された形跡がなかったという。
 アスクルは防火シャッターやスプリンクラーなどの防火設備について、消防法や建築基準法に則って整備したと説明。今月9日の会見で、「防火シャッターの点検は半年に1回、出火前は昨年11月に実施している」としていた。
 火災は2月16日に発生し、丸12日経過した同28日に鎮火した。倉庫1階の廃棄段ボール置き場が火元とみられ、鉄骨3階建て約7万2千平方メートルのうち、約4万5千平方メートルを焼失。総務省消防庁と国交省、県、県警、入間東部地区消防組合が合同で、出火原因などの調査を進めている。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/03/15/01_.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大学生刺傷事件 検察は控訴見送り(15日)NHK

去年5月、東京・小金井市で音楽活動をしていた女子大学生がナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件で、殺人未遂などの罪に問われた被告の男に対する懲役14年6か月の判決について、検察は控訴を見送りました。この事件の裁判では被告がすでに控訴していて、2審で審理が続くことになっています。
 去年5月、音楽活動をしていた大学3年生の冨田真由さん(21)が、東京・小金井市のライブ会場の前でナイフで刺され、一時、意識不明の重体になった事件では、群馬県伊勢崎市の無職、岩崎友宏被告(28)が殺人未遂などの罪に問われました。
 先月28日の裁判員裁判で東京地方裁判所立川支部は「一方的に恋愛感情を抱き、落ち度のない被害者を逆恨みして事件を起こしていて動機に酌むべきところは一切ない」と述べ、岩崎被告に懲役17年の求刑に対して懲役14年6か月の判決を言い渡しました。
 判決について東京地方検察庁立川支部は「控訴するに足りる理由がない」として、控訴を見送りました。被害者の代理人の弁護士は「検察が控訴しないのは残念だ」というコメントを出しました。
 この事件の裁判では岩崎被告がすでに東京高等裁判所に控訴していて、2審で審理が続くことになっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010911551000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

若者の4割が交際相手からDV被害 NPO調査(15日)NHK

交際相手からの暴力について、横浜市のNPOが中学生から大学生までを対象に調査したところ、およそ4割が過去に何らかの暴力を振るわれた経験があることがわかりました。
 この調査は、虐待や性暴力の被害者を支援する横浜市のNPOが、去年10月から12月にかけて、各地の支援団体と協力して12歳から24歳までの中学生、高校生、大学生の男女を対象にアンケートを行ったもので、交際経験のある1329人について分析しました。
 その結果、39%にあたる517人が、過去に何らかの暴力を振るわれた経験があると回答しました。言葉や身体的な暴力を振るわれたり、友人関係を制限したりしたほか、デートの費用を払わせ続けるなどの経済的な暴力もあったということです。
 このうち、中学生を中心にした12歳から15歳までの女子生徒では、実に半数以上の52%が被害を受けていたということです。
 調査を行ったNPO法人「エンパワメントかながわ」の阿部真紀さんは「最悪の場合、事件につながることもあり、周囲の人に相談してほしい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010911601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査部長、得意の4コマ漫画で詐欺手口紹介(15日)読売

特殊詐欺防止を呼びかける4コマ漫画地域のお年寄りに特殊詐欺の手口を知ってもらおうと、宮崎県警宮崎南署月見ヶ丘駐在所の横山博昭巡査部長(57)が4コマ漫画をつくった。

 わかりやすいストーリーと親しみやすいイラストが好評だ。
 被害が多い「還付金型」と、知人を装って都市部に呼び出してお金をだまし取る「上京型」を2作品で紹介。いずれも1、2コマ目で手口、3、4コマ目で対策を伝える構成にした。親しみを持って読んでもらえるよう、「携帯電話の番号が変わったちゃわぁ」などと宮崎弁を使っている。
 横山巡査部長は幼い頃から、鉄腕アトムなどの絵を描くのが好きだったという。駐在所では毎月1回、管内での犯罪発生状況などを知らせる「ミニ広報紙」を作り、得意のイラストを添えていた。この絵が同署の砂地政則地域課長の目にとまり、4コマ漫画の制作を依頼された。
 漫画はポスターにして、同署管内のコンビニや銀行の現金自動預け払い機(ATM)の横に貼られている。横山巡査部長は「漫画で詐欺の手口を覚え、似たことがあったらすぐに警察や家族に相談してほしい」と話している。 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170313-OYT1T50171.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「昭和六十五年」刻印の偽メダルで買い物の疑い(15日)読売

北海道警函館西署は14日、岐阜県各務原市、派遣社員の男(31)を詐欺の疑いで逮捕した。
 発表によると、男は1月16日午前4時頃、北海道函館市大川町のコンビニで、アルバイトの女性店員(36)に「昭和六十五年」「壱万円」などと刻印されたメダルを通貨のように使い、たこ焼きなど5点(計1487円)と釣り銭8513円をだまし取った疑い。調べに対し、男は容疑を認めているという。
 同署によると、メダルは、500円硬貨よりやや大きい直径約3センチで、約2ミリの穴が開いていた。女性店員は1万円記念硬貨と思って受け取り、釣り銭を渡していたが、同店のオーナーが約10分後に気付き、同署に届け出た。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170315-OYT1T50024.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女に「携帯充電できます」 JKビジネス、勧誘の手口(15日)朝日

携帯充電できます――。こんな誘い文句で女子高生に声をかけ、「JKビジネス」で接客サービスをさせている実態が14日、政府の専門調査会による報告書でわかった。無料で食事や宿泊場所を提供したり、既に働いている少女に友人を誘わせたりするなど、抵抗感を弱めて誘い込む手口が多かった。
 調査は昨年6月から12月にかけて民間の支援団体などにヒアリングで実施。「無料休憩コーナーあります」「お茶、お菓子あります」などと呼びかけるケースもあった。被害者の背景には、家庭や学校に居場所がない▽経済的に苦しい▽発達障害などの障害がある――という傾向がみられると分析。こうした少女らをスカウトとして雇い、同じような境遇にある少女を勧誘させていた実態も明らかになった。
 専門調査会は被害の防止策として、取り締まりの徹底や学校などでの防犯教育の推進などを提言した。(伊藤舞虹)
http://www.asahi.com/articles/ASK3G6259K3GUTFK017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月14日 | トップページ | 2017年3月16日 »