« 2017年3月3日 | トップページ | 2017年3月5日 »

2017年3月4日

2017年3月 4日 (土)

「最先端」のテロ対策、英スペシャリストが実演 東京で6日にセミナー(4日)産経

国際テロへの懸念が日本でも高まる中、英国の民間セキュリティー企業「Blue Mountain Group」(ブルーマウンテングループ)が最先端のテロ対策などを実演するセミナーが6日、東京都千代田区で開かれる。
 ブルーマウンテングループは、高い練度を持つ英国の元特殊部隊員らが1999年に設立。国や企業、個人を対象に警護など、さまざまな危機管理サービスを提供する。セミナーは警備や医療をはじめ官民の幅広い関係者を対象に行い、最新のテロ対策について、同社のメンバーが実演を交えながら具体的に解説する。
 同社の日本代理店で、国内外のセキュリティー機器の販売・コンサルタント業務などを手がける「ナスクインターナショナル」が主催。ナスクによると、ブルーマウンテングループは、紛争地など危険地域での活動経験も豊富で、各国で高く評価されているという。
 ナスクの担当者は「群衆が集まり警備が難しい『ソフトターゲット』などが狙われるテロが増えている。対策がより困難となる中、世界屈指の技術や知識にふれてほしい」と強調した。
 セミナーは6日午後2時より、「東京ガーデンテラス紀尾井町」(千代田区紀尾井町1の4)の「紀尾井カンファレンス セミナールームA」で。参加無料。申し込みは会社名、住所、氏名、連絡先などを記入しファクス(電)03・6455・4445か、メール(nasc@nasc-group.com)まで。
http://www.sankei.com/affairs/news/170304/afr1703040028-n1.html

| トラックバック (0)

警官が酒気帯び運転の疑い 岐阜の下呂署 1月にも別の警官が酒気帯び事故(4日)産経

岐阜県警下呂署の男性警察官が酒気帯び状態で私用車を運転して出勤した疑いがあることが3日、県警への取材で分かった。県警は道交法違反(酒気帯び運転)容疑の可能性もあるとみて調べている。同署では1月にも別の警察官が酒気帯び運転で事故を起こした。
 県警監察課によると、男性警察官は2月中旬以降、車で出勤後にパトロールのためパトカーの助手席に乗車、運転手の署員が酒の臭いに気付いた。飲酒検知をしたが、基準値は超えなかったという。同課は「事実関係の捜査を進め、処分も検討する」としている。
 下呂署では1月、男性警察官(45)が酒気帯び運転で人身事故を起こし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕。2月に同罪で略式起訴され、罰金70万円の略式命令を受けた。
http://www.sankei.com/west/news/170304/wst1703040064-n1.html

| トラックバック (0)

ノロウイルスの集団食中毒 刻みのり製造の加工所を営業禁止(4日)NHK

東京・立川市などで起きたノロウイルスによる集団食中毒で、原因と特定された「刻みのり」を製造した大阪市ののりの加工所から同じ遺伝子型のノロウイルスが検出され、大阪市は、この加工所を営業禁止などの処分にしました。
 処分を受けたのは、「刻みのり」を委託を受けて製造していた大阪・北区ののり加工所「いそ小判海苔本舗」です。
先月、東京・立川市で小学校の児童など1000人余りが症状を訴えた集団食中毒では、この加工所で製造され給食に使われた「刻みのり」からノロウイルスが検出されました。
 これを受けて大阪市が、先月27日にこの加工所を調査した結果、トイレの周辺やのりの裁断機の付近など8か所からノロウイルスが検出され、東京都が検出したウイルスと遺伝子の型が一致したということです。
また、市の聞き取りに対し、この加工所を営業する男性は、去年12月下旬におう吐などの症状があったと話したということです。
 このため市は、この加工所を当面の間、営業禁止処分にするとともに問題の商品の回収を命じました。回収の対象は、賞味期限がことし12月1日の「キザミのり2ミリ青」で、これまでに780袋が出荷され、業務用ですが、一部は一般家庭に流通している可能性もあるということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170304/k10010898921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

アパートに侵入し現金60万円“盗む” 余罪も?(4日)テレビ朝日

東京・杉並区でアパートに忍び込み、現金約60万円などを盗んだとして50代の男が逮捕されました。周辺では同様の被害が合わせて10件起きていて、警視庁が余罪を調べています。
 派遣社員の阿比留千明容疑者は先月5日午前1時半ごろ、杉並区内の50代の男性のアパートの部屋に忍び込み、現金約60万円入りの財布などが入ったバッグを盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、阿比留容疑者は、鍵の掛かっていない玄関ドアから侵入し、寝ていた男性に気付かれることなく犯行に及んでいました。取り調べに対し、「生活費が必要だった」と容疑を認めています。周辺では去年10月から同様の被害が合わせて10件起きていて、警視庁は阿比留容疑者の余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095703.html

| トラックバック (0)

逮捕の容疑者に似ている 連続不審火で27歳男逮捕(4日)テレビ朝日

東京・文京区で去年、ごみ箱などが燃えた連続不審火で、27歳の男が逮捕されました。
 吉田靖隆容疑者は去年9月、文京区本郷でごみ置き場のごみに放火したうえ、250メートルほど離れた自動販売機の脇のごみ箱に火を付けた疑いが持たれています。警視庁によりますと、防犯カメラに映った男の特定を進めていたところ、捜査員が去年11月に東京・杉並区でバイクのカバーを放火したとして逮捕された吉田容疑者に似ていることに気が付き、逮捕に至ったということです。吉田容疑者は容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095701.html

| トラックバック (0)

建築会社で3400万円“横領” 経理担当の47歳男逮捕(4日)テレビ朝日

建築会社で経理を担当していた男が会社の口座から約3400万円を引き出し、横領したとして逮捕されました。
 名古屋市にある建築会社の東京支店で経理を担当していた菊池正典容疑者(47)は、2011年11月ごろから約2年間にわたって会社名義の口座から200回にわたって現金を引き出し、約3400万円を横領した疑いが持たれています。警視庁によりますと、菊池容疑者は、取引先企業への支払いに必要な現金を銀行口座から引き出す際に10万円から60万円を多く引き出し、横領を繰り返していたということです。取り調べに対し、菊池容疑者は「横領した金はギャンブルに使った」などと容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095702.html

| トラックバック (0)

静岡県警の勤務手当 受給、同僚職員に不正申告指示か(4日)TBS

静岡県警の運転免許センターで手当の不正受給が疑われている問題で、50代の男性警察職員が同僚の女性職員に対して、不正に手当の申告をするよう指示したとみられることが明らかになりました。
 関係者によりますと、静岡県沼津市の東部運転免許センターに勤務する50代の男性職員は、同僚の女性職員に対して、実際には働いていない時間帯の手当を申請するよう指示、女性職員はその指示に従い、払われるはずのない手当を受け取っていたとみられています。女性職員は土曜日や日曜日に出勤した際に、本当はフルタイムで働いていないにもかかわらず、書類にはフルタイムで働いたように記載されていました。
 静岡県警はこうした不正な手当の支給がほかにもなかったのか、過去数年分の書類を確認するなど、調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2997740.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4、5日 単位・レベル) 
防犯カメラの威力か
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012615

 今年元旦、東京港区新橋の路上で55歳の風俗店関係者が通行中の2人の男に殴られた後、意識を失い病院で死亡した―こうした街頭犯罪は防犯カメラの存在もあって減少しているが、新橋の事件では幸い2人が自首してきたものの検挙率が悪い。
 警察庁によると今年1月の街頭犯罪の認知件数は2万3168件で前年と比べて2270件も減少した。しかし、検挙率は9.5%とひと桁台で前年より2.2ポイント減らしている。
 検挙率の低いランキングでは東京の3.1%、徳島の3.3%、千葉の3.8%、茨城の4.4%、山梨の4.8%と続いた。
 これに対して高いのは81.6%の奈良と78.7%の大分。続く3位は48.3%の新潟、富山の47.6%、秋田の44.0%など5割以下のところが多い。
 街頭犯罪で最も多いのは暴行の920件で前年より54件減っている。次は傷害で46件少ない693件、41件減の強制わいせつが168件、同31件の恐喝78件の順。
 認知件数のランキングでは東京の3841件、大阪の3709件、埼玉の1897件、神奈川の1609件、愛知の1545件と続いた。
 街頭犯罪と言えば「ひったくり」があるが、分類上では窃盗にあたるので別掲載とする。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

逮捕のベトナム人、地下銀行「やってみたらできた」 真面目な青年…犯罪集団が利用(4日)産経

海外に不正な手口で資金を送る「地下銀行」を営んでいた疑いで神奈川県警に逮捕されたのは、日本で介護施設職員として働いていたベトナム国籍の男だった。男はフェイスブックを通じて“顧客”を集めており、同胞の別の犯罪グループが収益金の送金に利用したこともあった。地下銀行の運営は「少し知識があれば、誰でもできてしまう」(捜査関係者)のが現状。男も安易な動機で犯行に手を染めたとみられ、県警は同種事案の拡大に警戒を強めている。(岩崎雅子)
 ◆「知人に頼まれ」
 「悪いことだとは思っていたが、知り合いから頼まれると断れなかった」 
県警外事課が2月、銀行法違反(無免許営業)の疑いで逮捕したベトナム国籍で、東京都大田区に住む介護施設職員、ホアン・タイ・ソン被告(25)=同罪で起訴=はそう供述し、容疑を認めた。
 起訴状などによると、ホアン被告は、平成27年12月中旬から28年10月下旬までの間、計約30回にわたり、ベトナム国籍の男女4人からの依頼で、日本国内にある自身の銀行口座宛てに現金を入金させたうえ、同額をベトナム国内で保管していた資金から4人の指定口座に支払ったとされる。続きを読む

| トラックバック (0)

恐怖の「DMM」偽メール拡散中 一度応じると次々にむしり取られて… 消費者庁「被害総額1億9100万円」 (4日)産経

動画配信サービス「DMM.com」をかたってSMS(ショートメール)を送り付け、情報サイト利用料名目で金銭を請求されるなどした相談が全国各地の消費生活センターに寄せられ、1年間の被害が総額約1億9100万円に上ることが、消費者庁の調べで分かった。
 実在する「DMM.com」とは無関係の偽業者の仕業で、「DMMをかたる偽業者の摘発後も被害は後を絶たない」(同庁)。複数の犯行グループが手を替え品を替え犯行に及んでいるとみられ、事態はイタチごっこの様相を呈している。
 同庁によると、「DMM相談窓口」「DMMコンテンツ」などと実在の企業名を一部に用いた架空名義を勝手に記したメッセージを、消費者のスマホなどへほぼ無作為に送信している。
 文面はさまざまなパターンがあるようだが、「有料コンテンツの利用料金の支払確認が取れません。本日中に連絡なき場合、訴訟手続きに移行します」などとして架空請求を行い、架電を要求するものが大半だ。続きを読む

| トラックバック (0)

飛び込み苦手な児童に教員が不適切発言 事故招いたか(4日)NHK

鳥取県湯梨浜町の小学校で6年生の児童が水泳の飛び込みの練習中にプールの底で頭を打って後遺症が残るけがをし、当時、指導にあたった教員が飛び込みが苦手な児童たちを「腹打ち三銃士」などと呼んでいたことがわかりました。町の教育委員会は、こうした不適切な発言が児童のプレッシャーになり事故につながった可能性もあると見て調べることにしています。
 鳥取県湯梨浜町の羽合小学校で去年7月、6年生の女子児童が飛び込みの練習中にプールの底で頭を打ち、今も首の痛みや手足のしびれなどの後遺症が残るけがをしました。
 当時は男性教員2人が指導にあたっていて、このうち1人が飛び込みが苦手で水面におなかを打ちつけていた児童4人をふだんから「腹打ち三銃士」や「腹打ちの女王」などと呼んでいたことがわかりました。
 町の教育委員会が先月行ったアンケート調査では、発言を聞いていた33人のうち7割を超える児童が「言われた人がかわいそう」などと答えたということです。
 また、教育委員会によりますと、けがをした女子児童も「失敗したら自分もおかしな呼び方をされる」とプレッシャーを感じていたということで、教員の不適切な発言が事故の要因の1つになった可能性もあると見て調べることにしています。
 湯梨浜町教育委員会の土海孝治教育長は「水泳を頑張っていた子どもたちに対して不適切な発言だった」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170304/k10010898621000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

大型犬7匹一時逃走 飼い犬2匹かみ殺す 阿波市 (4日)共同

 3日午後1時ごろ、阿波市市場町大野島の野菜出荷所の倉庫から大型犬7匹が逃げ出し、阿波吉野川署員や県動物愛護管理センター員らが約2時間がかりで捕獲した。けが人はいなかったが、近くの民家の飼い犬2匹がかみ殺された。
 署やセンターによると、逃げ出した犬はいずれも体長100~130センチ、体重約40キロで、ドーベルマンや土佐犬、グレートデンの3犬種の雑種とみられる。
 署員らが出荷所の周辺を捜索し、午後2時半ごろ、倉庫に4匹が戻っているのを確認した。残りの3匹は倉庫の南約200メートルの畑などにいたため、ワイヤロープや麻酔銃を使って捕獲した。
 署によると、飼い主は野菜出荷所代表の男性(44)=鳴門市=で、倉庫内の部屋で飼育しており、男性の知人が餌やりなどをしていた。部屋の扉に鍵はなく針金で固定しており、署は、何らかの原因で針金が緩み、犬が逃げ出したとみている。
 大型犬に子犬をかみ殺された飼い主の70代女性は「ショックだ。人に被害があったら怖いのできちんと管理してほしい」と語った。子犬が襲われるのを目撃した無職男性(74)は「大型犬数匹が子犬の首にかみついて振り回していた。追い払おうとしたが逃げようとしなかった」と話した。
 現場は県道鳴門池田線の南側の住宅街。犬の捕獲は約130人態勢で行われ、県警のヘリも出動した。現場は一時騒然となり、近くの八幡小学校と八幡認定こども園は保護者が迎えに来るまで児童らを校内などに待機させた。市は防災無線やケーブルテレビで犬に近寄らないよう住民に呼び掛けた。


| トラックバック (0)

千葉・船橋市で強盗、帰宅途中の女性が現金奪われる(4日)TBS

4日未明、千葉県船橋市の路上で帰宅途中の女性が男に脅され、現金およそ5000円を奪われました。警察が強盗事件として男の行方を追っています。
 4日午前0時すぎ、船橋市・海神の路上で帰宅途中の会社員の女性(34)が後ろから歩いてきた男にいきなり腕をつかまれました。
 男は女性の胸元に棒のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅し、財布に入っていた現金およそ5000円を奪って逃走しました。女性にけがはありませんでした。
 警察によりますと、逃げた男は年齢30代から40代くらい、身長170センチほどで、上下黒っぽい服に白色のマスクをつけていたということです。
 現場はJR船橋駅から北西に1キロほどの住宅街で、警察は強盗事件として男の行方を追っています。(04日13:13)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2997505.html

| トラックバック (0)

「ドーン」激しく炎上 さいたま市で建物火災(4日)テレビ朝日

さいたま市で建物が激しく炎上し、現在も消火活動が続けられています。
 消防などによりますと、4日午前10時すぎ、さいたま市浦和区にある建物から火が出ていると通報が相次いだということです。2人がけがをして病院に搬送されたという情報もありますが、けがの程度など詳しいことは分かっていません。消防車など17台が駆け付け、現在も消火活動が続けられています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095686.html

| トラックバック (0)

朝日新聞記者を書類送検 金沢総局、無免許運転疑い(4日)西日本

 朝日新聞金沢総局の20代男性記者が運転免許証失効後も運転を続けていたとして、石川県警が道交法違反(無免許)の疑いで書類送検していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者らによると、男性記者は昨年夏ごろ、金沢市内の右折禁止道路を曲がったところを警察官に摘発された。免許証の有効期限が切れているのに気付いていたが、運転を続けていたと認めたという。
 朝日新聞大阪本社代表室は「法令違反があったことを重く受け止め、社内で厳正に処分した。再発防止に努める」とのコメントを出した。同社は「処分は昨年12月に決定したが、内容は明らかにできない」としている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/312213

| トラックバック (0)

メットライフの契約社員、顧客3人から1億円詐取(4日)産経

メットライフ生命保険は3日、東京都中央区の営業所「銀座中央エイジェンシーオフィス」の責任者だった前嶋一彦元契約社員が、保険契約者3人に架空の投資話を持ち掛けるなどして計約1億円を詐取していたと発表した。
 平成21年から28年にかけて詐取し、自分で使い込んでいた。28年2月に自ら退職したが、同3月に契約者から「お金はどうなったのか」と同社に問い合わせがあり、問題が発覚した。
 同社はさらに被害がある可能性があるとして警視庁に相談している。問い合わせはコールセンター、電話(0120)201520。
http://www.sankei.com/affairs/news/170304/afr1703040004-n1.html

| トラックバック (0)

公務員経験浅さ狙い接待か=元請け業者とも接点-警視庁(4日)時事

福島県の除染事業をめぐる汚職事件で、民間から採用され公務員の経験が浅く、現場監督として元請け側の業者とも接点のある鈴木雄二容疑者(56)=収賄容疑で逮捕=を狙い、贈賄側が接待攻勢を掛けていた疑いのあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁と福島県警は贈賄側業者が除染工事の下請けに参入できた経緯について解明を進める。
 福島環境再生事務所などによると、鈴木容疑者は民間からの実務経験者として3年の任期付きで採用された。任期付き職員に対しては、公務員の服務規定などについて3日間の研修を行うが、鈴木容疑者は遅くとも半年後には小杉幹雄容疑者(63)=贈賄容疑で逮捕=から接待を受け始めたとされる。
 同事務所は2012年1月に約40人でスタートし、16年度には定員500人を超えるまでになった。人員確保が課題で、このうち6割以上を任期付き職員で賄っている。
 一方、下請け業者の選定は、元請け業者が行うとされる。専門官として現場監督を担っていた鈴木容疑者は、元請け業者と日常的に接触があったという。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030301250&g=soc

| トラックバック (0)

民泊の3割が無許可、5割は実態不明 厚労省調査(4日)朝日

 自宅の空き部屋などに旅行者を泊める民泊について、少なくとも約3割が無許可で営業していることが、厚生労働省の初の全国調査でわかった。実態不明も5割に達した。東京23区などの大都市部に限ると、「許可」を得ているのは1・8%にとどまった。
 民泊は現段階では、東京都大田区大阪府などの国家戦略特区で認定を受けたり、旅館業法上の簡易宿所として許可を得たりすれば営業できる。
 調査は昨年10~12月、民泊仲介サイトに掲載されている全国の物件1万5127件について、自治体に民泊の許可を得ているかを確認した。許可を得ていたのは2505件(16・6%)、無許可は4624件(30・6%)。ほかの7998件(52・9%)は住所が非公開だったり、自治体が調査中だったりする実態不明の物件で、厚労省は無許可が多いとみている。
 東京23区などの大都市部の8200件で許可を得ているのは150件(1・8%)にとどまり、無許可は2692件(32・8%)に上った。
 政府は民泊のルールを定める住宅宿泊事業法(民泊新法)案とともに、罰金を最大3万円から100万円へと引き上げる旅館業法改正案を今国会に提出する予定で、違反者の取り締まりを強化する方針だ。(黒田壮吉)
http://www.asahi.com/articles/ASK315V5GK31ULBJ00W.html

| トラックバック (0)

刑務官から「死ね」、自殺図った受刑者が告訴(4日)読売

新潟刑務所(新潟市江南区)で昨年12月に首をつって自殺を図った50歳代の男性受刑者が、刑務官に自殺を強いられたとして、強要の疑いで新潟地検に刑事告訴し、受理されたことが3日、分かった。
 同刑務所などによると、受刑者は同月下旬、刑務所内でシーツで首をつっていたところを刑務官が発見。受刑者は一時意識不明になり、新潟市内の病院に搬送されたが、命に別条はなく、治療を受けてすでに退院したという。
 受刑者が読売新聞に宛てた手紙によると、受刑者は自殺を図る朝に刑務官に「対等じゃねぇんだ、死ね」などと言われたという。受刑者はこの刑務官を強要の疑いで新潟地検に刑事告訴し、2月9日付で受理された。
 同刑務所では昨年8月にも50歳代の男性受刑者が居室内で自殺している。同刑務所の古城直巳総務部長は「管理は行き届いていたと認識している。強要の事実はないが、捜査を見守りたい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170304-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

住宅全焼し2人死亡 高齢の夫婦か 愛知・設楽町(4日)NHK

4日未明、愛知県設楽町で、住宅1棟が全焼して焼け跡から2人が遺体で見つかり、警察はこの家に住む高齢の夫婦と見て確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。
 4日午前2時前、愛知県設楽町川向の金田義純さん(81)の住宅から火が出ているのを近くを通った男性が見つけ、消防に通報しました。
 火はおよそ2時間後に消し止められましたが、金田さんの木造平屋建ての住宅1棟、およそ250平方メートルが全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
 警察によりますと、この住宅には、金田さんと80代の妻が2人で暮らしていて、火事のあと連絡が取れなくなっているということです。
 警察は、死亡したのは金田さん夫婦と見て確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。
 現場は、田んぼや山林の中に住宅が点在する山あいの地域です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170304/k10010898441000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

17歳少女を誘拐容疑、富山県警 千葉の男逮捕(4日)共同

富山県警高岡署は3日、富山県在住の少女(17)を未成年と知りながら連れ去ったとして、未成年者誘拐容疑で、千葉県習志野市、無職蓮田晃容疑者(29)を逮捕した。県警によると少女は保護され、けがはない。蓮田容疑者は容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は2月ごろ、インターネットを通じて知り合った少女に「マジで逃げてきなよ」などとメッセージを送信して誘い出し、2月14日から3月3日までの間、蓮田容疑者の自宅に誘拐した疑い。
 2月15日に少女の家族が行方不明者届を出し、県警が捜査していた。
https://this.kiji.is/210434109461120507?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

電車衝突で死亡は警部補 愛知、東海道線脱線事故(4日)共同

愛知県安城市のJR東海道線の踏切で2日早朝、乗用車と衝突した電車が脱線、車の男性が死亡した事故で、安城署は3日、死亡したのは県警本部保安課の佐藤統彦警部補(43)=同市=だったと明らかにした。
 捜査関係者によると、県警は今年1月、個人的なトラブルで佐藤警部補を指導し処分していた。自殺を図った可能性があるという。
 JR東海などによると、事故は2日午前6時55分ごろ発生、6両編成の先頭車両が脱線した。全面再開には約13時間かかり、約8万7千人に影響した。
 安城署によると、電車の運転士は「遮断機が下りているのに車が進入した。
https://this.kiji.is/210361258968301571?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

特殊詐欺の被害防止へ、警視庁と信用金庫が覚書の締結式(4日)TBS

振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害を防止するため、警視庁と信用金庫が覚書の締結式を行いました。
 相次ぐ詐欺被害の防止に向けて連携を強化するため、警視庁と「昭和信用金庫」が覚書の締結式を行いました。覚書では、「店頭やATMに来店した高齢者への声かけを積極的に行う」ことなどが盛り込まれました。
 北沢警察署など東京・世田谷区の警察署3署で取り扱った特殊詐欺の認知件数は、今年に入ってから18件と、去年の同じ時期に比べて6件、被害金額にして5400万円増えているということです。警視庁は、「これまで以上に信用金庫と協力関係を構築して、特殊詐欺の未然防止に努めたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2997365.html

| トラックバック (0)

東京・文京区でビルの階段などに放火の疑い、27歳男を再逮捕(4日)TBS

去年9月、東京・文京区でビルの階段などが焼けた不審火で、警視庁は別の放火事件で逮捕されていた男が関与したとして、27歳の男を再逮捕しました。
 再逮捕されたのは、中野区に住む無職・吉田靖隆容疑者(27)で、去年9月、文京区本郷でビルの外階段に置かれていたゴミ袋にライターで火をつけて燃やし、そのおよそ10分後に自動販売機のゴミ箱を火をつけて壊した疑いが持たれています。現場周辺の防犯カメラの映像から、吉田容疑者の関与が浮上したということで、取り調べに対し、吉田容疑者は「間違いない」などと容疑を認めているということです。
 吉田容疑者は、去年11月、杉並区の路上でバイクカバーを燃やしたとして逮捕されていて、警視庁は余罪についてさらに調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2997371.html

| トラックバック (0)

“詐欺被害金引き出し”男の別口座にも振り込み(4日)テレビ朝日

フランスの建設会社がだまされて振り込んだ約4000万円を口座から引き出したとして男が逮捕された事件で、男の管理する別の口座にもだまし取られたとみられる総額9000万円が海外から振り込まれていたことが分かりました。
 自称・自営業の赤上幸一容疑者(58)は去年4月、自分の会社の口座に振り込まれた約4000万円を詐欺の被害金と知りながら引き出した疑いなどで1日、逮捕されました。警視庁によりますと、フランスの建設会社がアメリカの船の修理会社に船の修理代金を支払おうとした際にメールがハッキングされ、船の修理会社になりすました何者かが偽のメールで赤上容疑者の口座を振込先として指定していました。その後の警視庁への取材で、赤上容疑者が管理していた別の2つの口座にもイスラエルなど数カ国から総額約9000万円の振り込みがあったことが分かりました。警視庁は赤上容疑者がなりすましメールを使った国際的詐欺グループの「受け子役」だったとみて裏付けを進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095662.html

| トラックバック (0)

« 2017年3月3日 | トップページ | 2017年3月5日 »