« 自衛隊機の緊急発進 冷戦時代上回る最多の1000回超(15日)NHK | トップページ | 押収スマホに被害者の顔写真…「瞳」に容疑の男(15日)読売 »

2017年2月15日 (水)

虚偽報告、院長名で作成…上層部関与を捜査(15日)読売

京都府立医科大付属病院(京都市上京区)の医師が暴力団組長の病状について検察庁に虚偽の報告をしたとされる事件で、報告書は同病院の吉村

了勇

のりお

院長(64)名義で作られていたことが捜査関係者への取材でわかった。
 吉村院長は組長の主治医だった。京都府警は14日、吉村院長と、同大学の吉川敏一学長(69)の自宅も虚偽公文書作成・同行使容疑で捜索。報告書作成に上層部の関与がなかったか慎重に調べる。
 捜査関係者によると、同病院は2015年8月、恐喝罪などでその前月に実刑判決が確定した指定暴力団山口組直系団体「

淡海

おうみ

一家」(大津市)総長・高山

義友希

よしゆき

受刑者(60)について、「腎臓の病気で刑務所への収容に耐えられない」との報告書を検察側に提出した。これに基づき、大阪高検は刑の執行を停止した。

(ここまで353文字 / 残り286文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170215-OYT1T50009.html?from=ycont_top_txt

« 自衛隊機の緊急発進 冷戦時代上回る最多の1000回超(15日)NHK | トップページ | 押収スマホに被害者の顔写真…「瞳」に容疑の男(15日)読売 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64895565

この記事へのトラックバック一覧です: 虚偽報告、院長名で作成…上層部関与を捜査(15日)読売:

« 自衛隊機の緊急発進 冷戦時代上回る最多の1000回超(15日)NHK | トップページ | 押収スマホに被害者の顔写真…「瞳」に容疑の男(15日)読売 »