« ストーカー相談対応「適切」…長崎の事件で県警(3日)読売 | トップページ | 16年前の歌舞伎町クラブ襲撃、事件翌日に犯行を告白していた 主犯格の男、知人の中国人留学生に(3日)産経 »

2017年2月 3日 (金)

拉致問題「本気度を示し圧力に」 城内・衆院特別委員長(3日)朝日

北朝鮮による拉致問題をめぐる外交交渉は膠着(こうちゃく)している。政治家は問題にどう向き合ってきたのか。城内実・衆院拉致問題特別委員長(51)に聞いた。

 ――めぐみさんの拉致が20年前に国会で取り上げられたことの意義は。
 世論が動いた。それまでは「北朝鮮が拉致なんて、そんなことあるのか」という風潮だった。私の父は警察庁警備局長をしており、国会で1988年に北朝鮮工作員による拉致の一部の疑いについて答弁した。詳しいことは話してくれなかったが、「北朝鮮が日本人を拉致しているのに、国会議員が認めようとしない」と漏らしていたのを覚えている。
 ――国会はどう取り組んできたのか。
 2004年、衆参に拉致問題の特別委員会ができた。国民の代表として、大臣に質問をすることが大きな役割だ。拉致被害者の家族や脱北者のみなさんの声を聞いたり、解決を求める決議を出したりしてきた。
 ただ、近年は会期中に実質審議…

 

残り:353文字/全文:740文字http://www.asahi.com/articles/ASK224V09K22UTFK009.html

« ストーカー相談対応「適切」…長崎の事件で県警(3日)読売 | トップページ | 16年前の歌舞伎町クラブ襲撃、事件翌日に犯行を告白していた 主犯格の男、知人の中国人留学生に(3日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64844503

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題「本気度を示し圧力に」 城内・衆院特別委員長(3日)朝日:

« ストーカー相談対応「適切」…長崎の事件で県警(3日)読売 | トップページ | 16年前の歌舞伎町クラブ襲撃、事件翌日に犯行を告白していた 主犯格の男、知人の中国人留学生に(3日)産経 »