« 移動型アジトで特殊詐欺摘発逃れ…レンタル携帯など「道具屋」摘発で成果(2日)産経 | トップページ | スカート内を盗撮、空自入間基地が隊員2人処分 不正に食事の隊員も(3日)共同 »

2017年2月 3日 (金)

30代の医師、危険ドラッグ所持容疑で書類送検(3日)TBS

北九州市の療育センターに勤務する30代の男性医師が、指定薬物を含む危険ドラッグを所持していたとして、東京地検に書類送検されました。
 書類送検されたのは、北九州市立総合療育センター・精神科に勤務する30代の男性医師です。センターによりますと、医師は去年12月、東京の新宿駅近くの路上で、指定薬物を含む危険ドラッグの「ラッシュ」を所持していた疑いです。
 警視庁の調べに対し、「使うつもりで友人から入手した。学生時代にも使用したことがある」などと供述しているということです。
 「自分が法に触れたことに対し、患者たちに大変迷惑をかけている。それがこれから及ぼす影響について、本人は畏怖の念で胸がいっぱい」(北九州市立総合療育センター 松尾圭介 所長)
 医師が担当していたのは発達障害やうつ病の子どもたち450人で、そのうち半数以上が重度の患者です。
 医師は先月30日付けで依願退職しましたが、センターでは主治医が急にいなくなった場合、患者が自殺や自傷行為をするおそれもあるとして、この医師を来月いっぱい、臨時で雇用することを決めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2974873.html

« 移動型アジトで特殊詐欺摘発逃れ…レンタル携帯など「道具屋」摘発で成果(2日)産経 | トップページ | スカート内を盗撮、空自入間基地が隊員2人処分 不正に食事の隊員も(3日)共同 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64844470

この記事へのトラックバック一覧です: 30代の医師、危険ドラッグ所持容疑で書類送検(3日)TBS:

« 移動型アジトで特殊詐欺摘発逃れ…レンタル携帯など「道具屋」摘発で成果(2日)産経 | トップページ | スカート内を盗撮、空自入間基地が隊員2人処分 不正に食事の隊員も(3日)共同 »