« 乗用車が正面衝突 女の子1人死亡 静岡 長泉町(25日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?(25日)産経 »

2017年2月25日 (土)

「天涯孤独」女性、記者室に現金…子供たちにと(25日)読売

「病気で苦しむ子供たちに役立てて」――。
 和歌山県庁3階の記者室に23日、特定小型封筒が届いた。差出人と消印はなく、中には64万8000円とA4用紙1枚に印刷された「手紙」。その中で、送り主は「私は天涯孤独のおばあちゃん」と名乗り、子供たちのためにと求めている。読売新聞を始め、県政記者クラブの加盟12社は「おばあちゃん」の思いを尊重し、県立医大病院に届けることにした。
 手紙によると、「おばあちゃん」は若い頃に離婚し、女手一つで息子を育てたが、その息子をオートバイ事故で失った。以来、独り暮らし。83歳となった今、病院で闘病生活を送っているという。残された時間は少ないとし、手紙は「私の供養としてお役立てください」と締めくくられている。
 宛名に「和歌山県政記者クラブ様」とあるこの封筒は、午前11時頃、県議の一人が記者室に持参した。
 県議によると、22日夜に帰宅した際、和歌山市内の自宅隣にある事務所の郵便受けに入っていたという。
 封を切って中身を確認すると、1万円札64枚と5000円札1枚、1000円札3枚が、ラップに包まれて入っていた。
 思わぬ善意に、県立医大病院の吉田宗人院長は「大変ありがたい話。ご意志を尊重し、小児医療や小児病棟の充実に使わせていただきたい」としている。(石黒彩子)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170224-OYT1T50035.html?from=ycont_top_txt

« 乗用車が正面衝突 女の子1人死亡 静岡 長泉町(25日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?(25日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64938656

この記事へのトラックバック一覧です: 「天涯孤独」女性、記者室に現金…子供たちにと(25日)読売:

« 乗用車が正面衝突 女の子1人死亡 静岡 長泉町(25日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?(25日)産経 »