« 高1男子、大麻所持の疑い…専門学校生が譲渡か(18日)読売 | トップページ | 研修医ら女性集団暴行 「被害届出したい」複数の相談(18日)産経 »

2017年2月18日 (土)

認知症診療、改正道交法さらに負荷 受信増に専門医不足(18日)朝日

認知症かどうか受診する人の急増で、一般の人を含む患者の早期治療に支障が出るかもしれない――。認知症ドライバーへの対策を強化する改正道路交通法の施行まで1カ月を切る中、治療拠点となる認知症疾患医療センターへの朝日新聞社の全国調査でこんな懸念が浮かび上がった。現場では専門医不足を補うための模索が始まっている。

 島根大学医学部付属病院(島根県出雲市)の新規の認知症患者は年約200人で、認知症疾患医療センターの予約から受診までの期間は今も1~2カ月かかる。新年度に「認知症のおそれ」と判定され、受診を求められる県内のドライバーは県警の推計で約800人。山口修平センター長は「受診待ちは3~4カ月になる可能性もある。治療を必要とする人への診療が遅れることが心配だ。医師会とも相談して対応を検討中」と話す。
 あずま通りクリニック(福島市)の小林直人院長が最もおそれるのも、緊急対応が必要な認知症患者への初期対応の遅れだ。
 認知症が疑われる人を早期診断につなげる「初期集中支援チーム」の運営を市から委託されている。3年半で約200軒の家庭を訪問したが、6割が一人暮らしか老老介護。幻覚や妄想で眠れない、何も食べていないといった命の危険がある人もいたという。
 小林院長は「優先順位を決めて…

 

残り:2683文字/全文:3210文字http://www.asahi.com/articles/ASK273TQWK27ULZU007.html

« 高1男子、大麻所持の疑い…専門学校生が譲渡か(18日)読売 | トップページ | 研修医ら女性集団暴行 「被害届出したい」複数の相談(18日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64907681

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症診療、改正道交法さらに負荷 受信増に専門医不足(18日)朝日:

« 高1男子、大麻所持の疑い…専門学校生が譲渡か(18日)読売 | トップページ | 研修医ら女性集団暴行 「被害届出したい」複数の相談(18日)産経 »