« 公園トイレで不審火 16歳の少年2人を逮捕 埼玉(23日)テレビ朝日 | トップページ | 給食にカッターの刃?混入 児童にけがなし 札幌の市立小(23日)産経 »

2017年2月23日 (木)

皇太子さま 57歳の誕生日(23日)NHK

皇太子さまは、23日、57歳の誕生日を迎えられました。誕生日にあたって、皇太子さまは、去年8月の天皇陛下のビデオメッセージを振り返りながら、「国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむ、ということを続けていきたいと思います」と述べられました。  皇太子さまは、誕生日を前に記者会見に臨み、去年8月、天皇陛下がビデオメッセージで退位の意向がにじむおことばを述べられたことについて、「厳粛な思いで伺いました」と述べられました。
 続いて、4歳の時の東京オリンピック以来、天皇皇后両陛下のさまざまな公務に同行してきたことに触れ、「両陛下が一つ一つの行事を大切に思われ、真摯(しんし)に取り組まれるお姿を間近に拝見してまいりました」と話されました。
 そして、「陛下がおことばの中で『全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか』と御案じになられていることに、とても心を揺さぶられました」と語り、「陛下のお考えを真摯に重く受け止めますとともに、今後私自身が活動していくのに当たって、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたいと思います」と述べられました。
 皇太子さまは、また、天皇陛下のおことばの中から、『人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました』という部分を取り上げつつ、「ふだんの公務などでも国民の皆さんとお話をする機会が折々にありますが、そうした機会を通じ、直接国民と接することの大切さを実感しています」と話されました。
そして、「このような考えは、都(みやこ)を離れることがかなわなかった過去の天皇も同様に強くお持ちだったようです」としたうえで、16世紀半ばの後奈良天皇(ごなら)の例をひもときながら、代々の天皇が災害や疫病の流行に際し般若心経を写経して各地の神社や寺に奉納した歴史を振り返られました。
 そのうえで、「私自身、こうした先人(せんじん)のなさりようを心にとどめ、国民を思い、国民のために祈るとともに、両陛下がまさになさっておられるように、国民に常に寄り添い、人々と共に喜び、共に悲しむ、ということを続けていきたいと思います」と述べられました。
 皇太子さまは、水災害など水をめぐる問題にここ10年間取り組んでいて、「水は人々の生活にとって不可欠なものであると同時に洪水などの災害をもたらすものです。今後とも、国民の幸せや、世界各地の人々の生活向上を願っていくうえでの、一つの軸として、『水』問題への取組を大切にしていければと思っています」と話されました。
 また、高齢の両陛下に寄せる思いについても語り、「お身体をお大切になさり、末永くお元気でいらっしゃることを心から願っています。それとともに、これからは、御自身のためにお使いになる時間をもう少しお取りになれるとよろしいのではないかと思っています」と話されました。つづく

記者会見全文

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170223/k10010886751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

« 公園トイレで不審火 16歳の少年2人を逮捕 埼玉(23日)テレビ朝日 | トップページ | 給食にカッターの刃?混入 児童にけがなし 札幌の市立小(23日)産経 »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64928785

この記事へのトラックバック一覧です: 皇太子さま 57歳の誕生日(23日)NHK:

« 公園トイレで不審火 16歳の少年2人を逮捕 埼玉(23日)テレビ朝日 | トップページ | 給食にカッターの刃?混入 児童にけがなし 札幌の市立小(23日)産経 »