« 前橋市拠点の指定暴力団組長ら2人逮捕 「企業舎弟になれ」知人男性脅した疑い 群馬県警(22日)産経 | トップページ | 北、国外駐在員の亡命警戒…相互監視・密告奨励(23日)読売 »

2017年2月23日 (木)

コンテナに覚醒剤230キロ、3人起訴…横浜港(23日)読売

 神奈川県警などが、昨年7月にメキシコから横浜港に到着したコンテナから、覚醒剤約230キロ(末端価格約161億円)を押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。
 800万回分の使用量に相当する。全国の警察が昨年、密輸事件で押収した覚醒剤は上半期(1~6月)だけで771・7キロに達しており、横浜港での押収分などを合わせ、16年ぶりに1トンを超えることが確実となった。
 県警はすでに、コンテナで届いた覚醒剤を取りにきたなどとして、埼玉県坂戸市の日系ブラジル人の男(49)、メキシコ人の男(32)と女(34)の計3人を麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で逮捕。密輸ルートの解明を進めている。
 捜査関係者によると、横浜税関が昨年7月、横浜港に到着したコンテナを検査し、ブロック片など廃材に交じったパイプの中に大量の覚醒剤が詰められているのを発見した。税関と県警は覚醒剤を塩にすり替え、24時間態勢で監視を続ける泳がせ捜査を実施。廃材は埼玉県内を経由して昨年12月に相模原市緑区の倉庫に着き、メキシコ人の男女2人が取りに現れた。日系ブラジル人の男はコンテナの受取人だったという。3人は「中身は知らなかった」などと容疑を否認したが、同法違反で起訴された。(ここまで528文字 / 残り200文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170223-OYT1T50007.html?from=ycont_top_txt

« 前橋市拠点の指定暴力団組長ら2人逮捕 「企業舎弟になれ」知人男性脅した疑い 群馬県警(22日)産経 | トップページ | 北、国外駐在員の亡命警戒…相互監視・密告奨励(23日)読売 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64928735

この記事へのトラックバック一覧です: コンテナに覚醒剤230キロ、3人起訴…横浜港(23日)読売:

« 前橋市拠点の指定暴力団組長ら2人逮捕 「企業舎弟になれ」知人男性脅した疑い 群馬県警(22日)産経 | トップページ | 北、国外駐在員の亡命警戒…相互監視・密告奨励(23日)読売 »