« 強姦罪を「強制性交等罪」に変更、厳罰化の法案決定へ(21日)朝日 | トップページ | 革マル派アジトから警視庁人事資料 他セクトの情報も 水面下で活発に情報収集活動(21日)産経 »

2017年2月21日 (火)

革マル派家宅捜索 「えたいの知れない」組織解明へ(21日)産経

警視庁の人事情報を収集していたことが判明した革マル派。「身内相手にも偽名を使う」とされるほど活動の秘匿性が高く、内実が外部に漏れることはほとんどない。警視庁はこのほど植田琢磨議長の本名を「新田寛」と特定したが、本名を「割り付けた(判明させた)」だけでも大きな意味を持つ。いまだ5500人(警察庁まとめ)の勢力を抱えるだけに警察当局は警戒を継続している。
  ▼異例の捜索22時間 
 1月10日早朝、葛飾区の集合住宅の一室に警察官が踏み込んだ。内部にいたのは複数の女性。総じて泡を食った表情を浮かべたという。部屋の様子から“通常の住宅”でないことは一目瞭然だった。
 家宅捜索を受けたのは革マル派アジト。警視庁と神奈川県警による捜索は異例の22時間に及んだ。
 室内にいた女性の一部は、平成10年に警視庁公安部が摘発した「浦安アジト」(千葉県浦安市)にもいたとみられる。いまだメンバーが組織内に残留しており、隠然と活動が続いていることをうかがわせた。
 捜索に併せて警視庁は植田議長について、本名を新田寛と特定したことを明らかにした。植田議長は8年に革マル派最高幹部となったが、実名が判明するのは初めて。公安事件に詳しいジャーナリストは「九州出身で電機系の労働に従事していたことは判明しているが、本名はもちろん議長就任後の動向も判然としていない」と解説する。続きを読む

« 強姦罪を「強制性交等罪」に変更、厳罰化の法案決定へ(21日)朝日 | トップページ | 革マル派アジトから警視庁人事資料 他セクトの情報も 水面下で活発に情報収集活動(21日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64920914

この記事へのトラックバック一覧です: 革マル派家宅捜索 「えたいの知れない」組織解明へ(21日)産経:

« 強姦罪を「強制性交等罪」に変更、厳罰化の法案決定へ(21日)朝日 | トップページ | 革マル派アジトから警視庁人事資料 他セクトの情報も 水面下で活発に情報収集活動(21日)産経 »