« 配送会社の倉庫から出火 延焼中 茨城・結城市(22日)テレビ朝日 | トップページ | GPS捜査、2000年代前半に広がり(22日)日経 »

2017年2月22日 (水)

絶滅危惧種の昆虫を“売買” 自宅から20匹超の標本(22日)テレビ朝日

絶滅の恐れのある昆虫を標本にして売買していたとして、男が逮捕されました。警察は余罪がないか調べています。
 山本直樹容疑者(56)は去年9月、東京・千代田区で開かれた昆虫の標本などの展示販売会で、国内で希少種とされている「シャープゲンゴロウモドキ」1匹を1万円で販売した疑いが持たれています。シャープゲンゴロウモドキは絶滅の恐れがあるとして、2011年に環境省が希少種として指定しています。警視庁によりますと、乱獲などで主な生息地の一つだった島根県ではほぼ絶滅しています。山本容疑者は「島根県で集中して捕獲した」などと容疑を認めています。自宅からは20匹以上のシャープゲンゴロウモドキの標本が見つかっていて、警視庁は余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094924.html

« 配送会社の倉庫から出火 延焼中 茨城・結城市(22日)テレビ朝日 | トップページ | GPS捜査、2000年代前半に広がり(22日)日経 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64926287

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧種の昆虫を“売買” 自宅から20匹超の標本(22日)テレビ朝日:

« 配送会社の倉庫から出火 延焼中 茨城・結城市(22日)テレビ朝日 | トップページ | GPS捜査、2000年代前半に広がり(22日)日経 »