« 2017年2月9日 | トップページ | 2017年2月11日 »

2017年2月10日

2017年2月10日 (金)

踏切渡りきれず?自転車の男性、はねられ死亡(10日)読売

10日午後5時55分頃、東京都葛飾区立石の京成押上線踏切で、自転車の男性が快速特急電車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
 所持品から80歳代とみられ、警視庁葛飾署が身元確認を進めている。
 発表によると、防犯カメラには、男性が踏切に入って間もなく遮断機が下りる様子が映っていた。男性は自転車を降り、遮断機を押し上げて踏切外に出ようとしたところをはねられた。付近にほかの通行人はいなかったという。
 京成電鉄によると、踏切は長さ7・6メートルで、警報音が鳴って15秒で遮断機が下りる。電車はそばの京成立石駅を通過予定だった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170210-OYT1T50162.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線放火予備容疑で送検、岐阜 自殺企てガソリン持ち込む(10日)共同

岐阜県警は10日、東海道新幹線の車内に放火し自殺しようとガソリンやライターを持ち込んだとして、現住建造物等放火予備の疑いで、岐阜県池田町宮地、プラスチック加工業手伝い藤敦英紀容疑者(44)=非現住建造物等放火罪で起訴=を追送検した。
 追送検容疑は昨年12月4日午後4時半ごろ、車内に放火し自殺する目的で、ペットボトル4本に入れたガソリン計8リットルとライターをキャリーバッグに入れ、岐阜羽島駅で新大阪行きひかり517号に持ち込んだ疑い。
 県警揖斐署によると「車内に乗客がたくさんいるのを見てやめた」と供述。京都駅で下車し、近くの派出所に出頭した。
https://this.kiji.is/202760298202875385?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ホシをあげる執念」警視庁・捜査1課長が就任会見(10日)テレビ朝日

警視庁の新しい捜査1課長が会見し、犯人逮捕への執念を語りました。
 警視庁捜査1課、上野洋明新課長:「ホシ(犯人)をなんとしても挙げるという執念。捜査1課としてさすがと言われる仕事、結果を出していきたいと考えております」
 今月13日付けで、都内の殺人事件などを捜査する第72代捜査1課長に上野洋明警視(58)が就任します。上野警視は、今回で5回目の捜査1課への配属で「逃げない、退かない、諦めない」を信条にすべての捜査に全力投球していくと抱負を語りました。警察官を志した理由について「日本男児として武士でありたい。警視庁の警察官が武士と感じた」と話しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094119.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

近大空手道部員ら逮捕=路上でひったくり容疑-大阪府警(10日)時事

大阪府東大阪市の路上で男性(44)のかばんをひったくったとして、府警捜査3課などは10日までに、窃盗容疑で、近畿大経営学部1年の空手道部員の男子学生(19)とアルバイトの男(19)を逮捕した。2人とも容疑を認め、既に釈放されたという。
 逮捕容疑は昨年12月22日午後10時45分ごろ、共謀して東大阪市新家の路上で、自転車に乗った男子学生が別の自転車の男性を追い越す際、現金11万円などが入ったかばんを前かごからひったくった疑い。
 捜査3課によると、同課の女性巡査長が逃走する男子学生を偶然見つけ追跡したが、男子学生は途中でかばんや自転車を放置し、現金だけ持ち去った。「生活費をパチンコに使ってしまい、金に困ってやった」と話しているという。
 近畿大によると、空手道部は全日本大学空手道選手権大会で男子15回、女子7回の優勝を誇り、いずれも全国最多。同大は今月1日付で男子学生を退学処分とした。
 増田大三・近畿大副学長の話 被害者や関係者におわび申し上げる。再発防止に全学を挙げて取り組む。http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021001202&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

転覆した青森のイカ釣り漁船 船内から2人の遺体(10日)NHK

10日午後、青森県の沖合で9日から連絡がとれなくなっていた青森県八戸市の漁協に所属するイカ釣り漁船が転覆しているのが見つかりました。乗組員は4人で、船内から2人が遺体で見つかり、海上保安部は、身元の確認を進めるとともに捜索を続けています。
 第2管区海上保安本部によりますと、青森県八戸市の八戸みなと漁業協同組合に所属するイカ釣り漁船「第七十八正栄丸」(19トン)が、9日午後4時ごろ、秋田県男鹿市の沖合を航行中に連絡を取ったのを最後に連絡が取れなくなりました。
 海上保安部が、航空機で捜索したところ、10日午後2時前、青森県大間町の沖合およそ7キロの海上で、転覆しているのが見つかりました。
第七十八正栄丸の乗組員は4人で、海上保安部が船内を捜索した結果、2人が遺体で見つかりました。
海上保安部は、身元の確認を進めるとともに乗組員の捜索を続けています。
 八戸みなと漁業協同組合によりますと、第七十八正栄丸は、9日午前9時に山形県の酒田港を出港し、八戸港に向かっていたということです。
 青森地方気象台は、現場周辺の津軽海峡で9日午後5時半すぎに海上風警報を出して、航行する船舶などに警戒を呼びかけていました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010872041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区の住宅が全焼 80代男性が逃げ遅れか(10日)テレビ朝日

東京・杉並区の住宅火災で、80代の男性が逃げ遅れた可能性があります。
 東京消防庁によりますと、10日午後3時40分ごろ、杉並区宮前の住宅街で2階建ての住宅から火が出て、1階と2階の230平方メートルが全焼しました。ポンプ車など28台が出動し、現在も消火活動が行われています。この住宅には5人が住んでいるとみられ、そのうち80代の男性と連絡が取れておらず、逃げ遅れた可能性があるということです。東京消防庁などが消火活動を行うとともに、男性の捜索を行っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094130.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海上の男性遺体 行方不明の室蘭市議と確認 北海道(10日)テレビ朝日

遺体は行方不明となっていた室蘭市議の男性と確認されました。
 9日、北海道室蘭市の室蘭港付近の海上に男性の遺体が浮かんでいるのが見つかりました。男性の遺体は、先月31日から連絡が取れなくなっている室蘭市議会議員の立野浩靖さん(50)と判明しました。遺体は死後、数日経っていて、目立った外傷はありませんでした。立野さんの車は今月2日に近くの白鳥大橋で見つかっていて、遺書などはなかったということです。警察が詳しい死因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094131.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査書類にウソ 50代巡査部長“負担イヤだ”(10日)テレビ朝日

警察官が交通事故の捜査で嘘の調書を作成していました。
 警視庁は、池袋署交通課の男性巡査部長(56)が、おととし12月、東京・豊島区内で起きた交通事故で、嘘の内容を捜査書類に記載して処理していたと発表しました。巡査部長は、調書などの書類作成にかかる負担を減らすために、実際よりも単純な事故に見せ掛け、簡単な書式の書類で処理を済ませていたということです。警視庁は巡査部長を10日付で戒告処分とし、書類送検しました。警視庁は「職員の指導教養を徹底し、再発防止に努めて参りたい」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094132.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル) 
各地で放火相次ぐ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012554

 8日午後3時半ごろ、千葉市のアパートの駐輪場で、オートバイと自転車4台が燃える火事があった。千葉県警は放火の疑いで調べている。なんと白昼の放火とは大胆不敵な犯行である。
 今年に入って放火事件が多くなっている。発生そのものが多くなっているのか、報道が多いのか分からないが、空気の乾燥しているこの時期、許せない犯罪だ。
 5日未明、東京・練馬区で自転車などが燃える不審火が3件相次いだほか、先月16日午後1時ごろ、町田市の伝重寺の玄関付近が焼けるなど同市内で寺などで不審火が相次いでいる。
さらに18日には千葉県船橋市で原付きバイクのカバーが燃える不審火があったが、昨年11月から周辺で17件の不審火が相次いでいる。22日には福岡県小郡市の大型商業施設の店舗で商品や天井の一部などが焼ける不審火があった。
 25日未明には、千葉県市川市で建築中の住宅が燃える火事があり警察は放火の可能性もあるとみて調べている。
 検挙率が比較的高いだけあって検挙者も後を絶たない。昨年11月、東京・足立区のビルの敷地内で段ボールなどが焼ける連続不審火では47歳の会社員が警視庁に逮捕され、このほか徳島県三好市の老人ホームで衣類に火を付けたとして、市の臨時職員の女が逮捕されているが、同ホームでは過去に3回の連続放火が発生しており、関連を調べている。千葉県船橋市の放火では41歳の男が逮捕され警察が余罪を追及している。
 警察庁によると昨年1年間、全国で発生した放火事件は914件で前年より178件の減少。過去5年間で最も少なかった。ランキングでは大阪が184件、東京が75件、愛知が61件、埼玉が57件、千葉が46件の順。
 一方、検挙率は全国が75.1%。ランキングでは島根の150.0%を筆頭に沖縄が133.3%、神奈川が108.3%、そのほか青森、秋田、群馬、愛媛、高知など100%台が23県にも及んだ。
 これに対して低かったのは長崎の40.0%、大阪が51.1%、千葉が54.3%、静岡、富山が66.7%と続いた。
 「無頼の者たちを駆りあつめ、これを一箇処へ収容し、かれらに仕事をあたえたら、どんなものか」
 これはあの長谷川平蔵の一句である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

知らぬ間にスマホ契約していた!? 荷受け代行詐欺に「待った」 千葉県で弁護団が全国初結成(10日)産経

届いた荷物を転送するだけで報酬が得られるといった誘い文句で個人情報を提供させ、知らない間に格安スマートホンを契約させる「荷受け代行詐欺」の被害が全国で相次いでいることを受け、千葉県内の弁護士約20人が被害対策のための弁護団を結成した。同種の詐欺被害のための弁護団は全国でも初とみられるという。
 「荷受代行被害対策千葉県弁護団」によると、荷受け代行詐欺は犯行グループがインターネット上などで「届いた荷物を指定された住所に送ると収入が得られるアルバイト」などとうたい、応募者から無料通話アプリ「LINE(ライン)」などを通じて身分証明書といった個人情報を収集。その情報を悪用し、応募者名義でネット販売のスマホ事業者と契約。自分名義で契約されたと知らない応募者に、手元に届いたスマホをグループの元に転送させることで、転売や犯罪に使うスマホを入手する手口だという。
 神奈川県警が昨年10月、詐欺容疑で犯行グループの男3人を逮捕した。一方で、スマホの端末代金や通話料の支払いをめぐり、書類上の契約者である被害者と事業者との間でトラブルが相次ぎ、同12月に県弁護士会が無料の電話相談会を行ったところ、全国から「身に覚えのない請求がきている」といった相談が約70件寄せられたという。うち県内からの相談は17件。20代の相談が46件と全体の約6割を占めている。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳児虐待容疑、19歳母親ら逮捕…画像投稿も(10日)読売

1歳の長男の両足を縛り、顔に落書きするなどの虐待を加えたとして、警視庁は10日、いずれも東京都足立区在住で、母親の無職少女(19)と交際相手の建築業の少年(19)、知人の解体工少年(16)の3人を暴行容疑で逮捕したと発表した。
 少女らは虐待の様子を撮影した画像をツイッターに投稿し、事件が発覚した。
 発表によると、3人は昨年10~11月、足立区の自宅マンションで、長男の両足を粘着テープで縛ったほか、顔にペンで落書きをしたり、聴診器のチューブを鼻や口に押し込んだりするなどの虐待をした疑い。その様子をスマートフォンで撮影していたという。聴診器は、少女が長男を妊娠中、心音を聞くために購入したものだった。
 昨年12月、ツイッターに投稿された虐待の画像を見た女性が愛知県警に通報。情報提供を受けた警視庁は同月中旬、長男を保護した。長男にけがはなかった。

(ここまで375文字 / 残り163文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170210-OYT1T50094.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級車のタイヤ狙い窃盗繰り返しか、無職の男逮捕(10日)TBS

東京・八王子市を中心に、高級車のタイヤを狙って10数件の窃盗を繰り返したとみられる無職の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは八王子市の無職・鈴木元貴容疑者(20)で、8日未明、八王子市の住宅敷地内に止まっていた高級外車ベンツからホイール付きタイヤ4本など、50万5000円相当を盗んだ疑いが持たれています。
 付近を警戒していた警察官が鈴木容疑者の犯行に気づき、職務質問したところ、その場で容疑を認めたということで、調べに対し「生活費のために売るつもりだった」と供述しているということです。
 去年12月以降、八王子市や周辺では、ベンツやレクサスなど高級車のタイヤが盗まれる被害が10数件相次いでいて、警視庁は鈴木容疑者の犯行とみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2980298.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡の車がトラックと衝突、男性2人けが(10日)TBS

10日朝、群馬県高崎市でパトカーに追跡されていた車がトラックと衝突し、男性2人がけがをしました。
 午前4時すぎ、高崎市問屋町の交差点で、乗用車とトラックが出会い頭に衝突しました。この事故で乗用車が炎上してボンネット部分などが焼け、運転していた男性(23)が肋骨などを折り重傷、トラックを運転していた男性(59)も軽傷を負いました。
 警察によりますと、乗用車が事故直前、およそ2キロ離れた交差点で信号無視をしたとしてパトカーに追跡され、逃走していたということです。
 群馬県警高崎署は「取締りと追跡方法に問題はなかったと考えている」とコメントしています。(10日12:05)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2980292.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

月12万円でベトナム人を…“不法就労”で役員ら逮捕(10日)テレビ朝日

不法残留のベトナム人6人を解体作業の現場で働かせていたとして、会社役員の男ら3人が逮捕されました。
 前橋市の解体工事会社の役員・小林孔容疑者(67)と従業員の河合龍介容疑者(49)ら3人は去年2月から今年1月にかけて、就労資格を持たない不法残留のベトナム人6人を働かせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、3人は摘発を逃れるため、ベトナム人に日本人の偽名を付けて給与明細や作業日報からベトナム人が働いていることが分からないようにしていたということです。3人は「月12万程度で働くベトナム人がなくてはならない存在になった」とおおむね容疑を認めていて、警視庁は去年1年間で延べ4000人のベトナム人を100カ所以上の現場で働かせ、約5000万円の利益を得ていたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094090.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

現金と模造刀盗む 60代男女を再逮捕 茨城・取手市(10日)産経

茨城県警捜査3課と取手署などの合同捜査班は9日、住居侵入と窃盗の容疑で、同県取手市戸頭の無職、板橋定助容疑者(65)と同県守谷市本町の無職、長島恵利子容疑者(67)を再逮捕した。板橋容疑者は容疑を認め、長島容疑者は否認している。
 逮捕容疑は、共謀して1月11日午後10時半ごろから翌12日午前8時半ごろの間に、取手市の無職男性(75)方に侵入し、現金約14万4千円と模造刀2本(時価計1万5千円相当)などを含む12点(同4万2千円相当)を盗んだとしている。
 同課によると、両容疑者は1階の窓ガラスを壊して部屋に侵入したとみられる。県警が余罪を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170210/afr1702100007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドローンの無許可・夜間飛行で会社員を書類送検 航空法違反容疑 長野県内初適用(10日)産経

長野県警大町署は10日、大町市内で小型無人機「ドローン」を無断で夜間に飛行させたとして、航空法違反(夜間飛行の禁止)の疑いで、同市内の男性会社員(42)を長野地検松本支部に書類送致した。県警によると、ドローンの飛行を規制する平成27年12月施行の改正航空法による摘発は同県内で初めて。
 送検容疑は平成28年9月10日午後9時ごろ、国土交通相の許可を得ずに同市大町の上空でドローンを飛ばしたとしている。
 県警によると、付近は竃(かまど)神社例大祭の奉納花火会場で、男性はドローンで花火を撮影していた。会場にいた警備員が発見し、近くで雑踏警備をしていた警察官に通報した。
 航空法は、国交相の許可を得ずに日没から日の出までの夜間にドローンを飛行させることを禁止している。周辺は国交相の許可が必要な市街地などではなく、日中はドローンを飛ばせる場所だった。
 県警によれば、男性はドローンの夜間飛行には国交相の許可が必要なことは分かっていたという。ドローンの大きさは35センチ四方で高さ20センチ。重さは約1・2キロだった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170210/afr1702100009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子の鼻に聴診器、顔に落書き、撮影…暴行容疑で母ら逮捕(10日)朝日

 1歳の男児の顔に落書きしたり、聴診器のチューブを鼻に押し入れたりしたとして、警視庁はともに東京都足立区に住む母親で無職の少女(19)と交際相手で建設業の少年(19)を暴行容疑で逮捕し、10日発表した。少女はこの様子を撮影し、ツイッターに投稿して公開していた。
 少年事件課によると、母親らの逮捕容疑は昨年10月11日~11月26日、少女の自宅で男児のおでこや目尻などにペンのようなもので落書きし、鼻や口に聴診器のチューブを押し込むなどの暴行をしたというもの。少年は「遊び感覚で悪ふざけだった」と容疑を認め、母親は「写真は撮ったが、チューブを入れたのは私ではない」と容疑を否認しているという。
 母親の携帯電話には、チューブを出し入れする様子の動画が保存されており、大人の笑い声も聞こえるという。この画像の投稿を発見した人から、他県警を通じて同庁に情報提供があった。
 同課は今年1月、男児の手足を粘着テープのようなもので縛った暴行容疑で母親と別の知人の少年(16)を逮捕。知人の少年もツイッターに手足が縛られた男児の写真を投稿していた。 http://www.asahi.com/articles/ASK2B3C1YK2BUTIL009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

松本伊代さんと早見優さんを書類送検 線路立ち入り容疑(10日)日経

京都市内のJR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、京都府警右京署は10日、タレントの松本伊代さん(51)と早見優さん(50)を鉄道営業法違反の疑いで書類送検した。現場は嵐山の世界遺産・天竜寺の近く。同署によると、2人はテレビ番組のロケで京都を訪れていたという。
 送検容疑は1月13日午後1時すぎ、京都市右京区嵯峨野々宮町のJR山陰線の線路内に立ち入った疑い。2人は同署の事情聴取に立ち入りを認め、反省していたという。
 松本さんは同14日付のブログで早見さんと一緒に線路上を歩いている写真を投稿。「その瞬間踏切が鳴り、慌てて逃げる2人」と書き込んだ。批判が集まり、翌日のブログで謝罪し記事は削除された。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H2N_Q7A210C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ドン」頭から血を…直前に口論 傷害致死事件か(10日)テレビ朝日

東京・三鷹市のコミュニティセンターで去年10月、80代の男性が転倒して頭を打って年末に死亡しました。男性は直前に男とトラブルになっていて、警視庁が傷害致死事件の可能性もあるとみて調べています。
 去年10月8日午後、三鷹市新川のコミュニティセンターで、80代の男性が転倒して頭を強く打って病院に搬送されました。捜査関係者によりますと、男性は入院して治療を続けていましたが、年末に死亡しました。近くにいた人がドンという音を聞いて振り返ると、男性が頭から血を流して仰向けに倒れていたということです。男性は転倒する直前に同じ年代ぐらいの男と口論するなどトラブルになっていたということで、警視庁は傷害致死事件の可能性もあるとみて男性が転倒した原因などを詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094079.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

成績入りUSB盗難か 321人分の英語成績、推薦入試データも 県立千葉高(10日)産経

千葉県立千葉高(千葉市中央区)で、生徒の成績など個人情報が入ったUSBメモリーが紛失したと千葉県警が9日、明らかにした。学校側が同日、盗難の被害届を提出。千葉中央署が窃盗容疑で調べている。同校は県内屈指の進学校で知られる。
 署によると、紛失したUSBメモリーは2個で、いずれも英語を担当する男性教諭が管理していた。机の引き出しに保管していたUSBメモリーには、生徒321人分の英語の成績や生徒2人の大学推薦入試に関するデータも入っていた。もう一つはノートパソコンに差し込まれ、教材データを収めていた。
 8日午前6時半ごろ、出勤した男性教諭が紛失に気付いた。7日深夜、異常を伝える警報装置が作動し、署員らが駆け付けたが、物色された跡はなかったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170209/afr1702090052-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「万引き画像」の公開相次ぐ 当然の自衛策?行き過ぎ?(10日)朝日

商品を万引きしたとみられる人物の防犯カメラの画像を、店側が公開するケースが相次いでいる。被害を防ぐための自衛策とみられるが、勘違いによる人権侵害のおそれがある上、仮に犯人のものでも、プライバシー保護の観点から問題があるという指摘もある。

 《あなたです!!(中略)絶対に逃がしません。返却も購入も今なら出来ます》
 都内で2店舗を展開する眼鏡販売店のホームページに、こんな警告が書かれている。今月4日に眼鏡7本(約21万円相当)を盗んだという人物の画像も掲載した。3月1日までに返却か支払いをしないと、顔のモザイク加工を外してSNSなどで拡散させるという。
 取材に応じた社長(59)は「盗まれたのは、店で一番高い(俳優の)哀川翔さんのモデル。警察には届けたが、動いてくれるとは限らない。悩み抜いて画像を載せることにした」と話した。返却されれば画像を削除し、被害届も取り下げる考えだ。
 こうした例は各地で相次ぐ。コ…
残り:785文字/全文:1178文字
http://www.asahi.com/articles/ASK2961YHK29ULZU00F.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁キャリアが女性と不倫 交際時に警視庁業務を受注(10日)朝日

 警察庁キャリアの男性警視長(40代)が警視庁在職当時、仕事を通じて知り合った女性と不倫関係になり、この女性が経営する会社が警視庁側から事業を受注していたことが、警察庁への取材で分かった。同庁は受注に至る経緯や情報漏洩(ろうえい)がなかったかなどを調べている。
 警視長は2015年、警視庁交通部の課長に就任した。警察庁関係者によると、仕事でこの女性と知り合い、交際するようになった。女性の会社はイベント関係などの仕事をしており、交通部にかかわる業務を警視庁側から受注していたという。
 警視長は16年、警察庁の室長に異動。本人からこの女性について申告があったといい、警察庁は調査のため、7日付で長官官房付に異動させた。調査結果をふまえ、警視長の処分も検討する。
http://www.asahi.com/articles/ASK2963YQK29UTIL03J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

免許返還した警察の前から車発進…署員見ていた(10日)読売

 運転免許の取り消し処分を受けた直後に車を運転したとして、兵庫県警交通指導課などは9日、加古川市志方町原、建設業の男(29)を道交法違反(無免許)容疑で現行犯逮捕した。
 発表では、男は9日午前11時35分頃、神戸市中央区の県警本部近くの市道で、無免許で軽乗用車を運転した疑い。「知人との待ち合わせ場所に行こうとしていた」と容疑を認めているという。
 男はこの日、同本部に出頭し、速度超過など交通違反の累積で免許取り消しとなり、運転免許証を返還したばかりだった。同本部前の駐車場に止めていた車に乗り込み、発進するのを警察官が見ていたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170209-OYT1T50184.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

法定金利の3倍の利息で… ヤミ金業者の男ら逮捕(10日)テレビ朝日

フィリピン人の男女に法定金利の3倍の利息で違法に金を貸したなどとして、ヤミ金業者の男2人が逮捕されました。男らは、借金をした外国人のパスポートを取り上げていました。
 桜井勲容疑者(65)と宮内雅弘容疑者(64)はおととしから去年にかけて、フィリピン人の男性(43)と女性(50)に法定金利の約3倍で金を貸し付け、違法な利息約62万円を受け取った貸金業法違反などの疑いが持たれています。警察によりますと、桜井容疑者らは借金をした外国人に海外に逃げられないよう、金を貸す時にパスポートを取り上げていたということです。自宅などからは43人のパスポートが見つかりました。警察は、桜井容疑者らが2011年以降の5年間で600人以上の外国人に約6000万円を貸し付けていたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094075.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

金田法相、少年法対象年齢引き下げについて法制審に諮問(10日)TBS

金田法務大臣は少年法の対象年齢を18歳未満に引き下げるべきかについて法制審議会に諮問し、本格的な議論が始まりました。
 現在の少年法は20歳未満を保護の対象としていますが、去年、選挙権年齢が18歳からに引き下げられたことから対象年齢の見直しの議論が出ていました。法制審議会は、金田大臣から年齢引き下げの是非について諮問を受け、今後部会を設けて議論を行うことを決めました。
 法務省が開いた勉強会では、犯罪抑止につながるなどとして賛成意見がでた一方、罪を犯した若者の更正に支障がでるという懸念の声もあがっていました。9日の審議会でも「引き下げた場合の対策を念頭において議論する必要がある」といった意見が出たということで、今後、年齢の引き下げだけでなく若年犯罪者らの処遇のあり方なども議論していくことになります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2979950.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

各地施設で男児にわいせつ行為か 35歳の容疑者の男(10日)共同

男児にわいせつ行為をし、様子を撮影していたとして2グループが摘発された事件で、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的製造)などの疑いで逮捕、追送検された無職開発哲也容疑者(35)がわいせつ行為などに及んでいたとされるのは群馬、千葉、熊本、沖縄各県のキャンプ場や宿泊施設などだったことが9日、神奈川県警への取材で分かった。
 開発容疑者は小中学生のキャンプなどを企画する旅行代理店で看護添乗員として勤務しており、県警は立場を悪用し、各地で同様の行為を重ねたとみている。
 県警によると、男児らの多くは寝ている間に体を触られるなどしており、被害に気付かず帰宅していた。
https://this.kiji.is/202406718575101430?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

52歳女性 自宅で殺害か 頭に殴られた痕 新潟(10日)NHK

9日、新潟県五泉市の住宅で、この家に住む52歳の女性が風呂の中で倒れて死亡しているのが見つかり、警察は、女性の頭に殴られた痕があったことなどから殺人事件として捜査しています。
9日午後1時前、新潟県五泉市郷屋川の住宅で、この家に住む小柳則子さん(52)が死亡しているのが見つかりました。小柳さんが今月7日から職場に来ないため、上司が不審に思って警察に連絡し、警察が家の中を調べたところ、1階にある風呂の中でうつ伏せで倒れていたということです。
 小柳さんの頭には、複数回、殴られた痕があったということで、警察は殺人事件として捜査しています。警察によりますと、家の中に荒らされた跡はなく、戸締まりもされていたということです。
 警察は、小柳さんと一緒に暮らしていた20歳の長男と連絡が取れなくなっていることから行方を探し、話を聴くことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010870801000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

中高生の「自画撮り」被害多発 都が全国初の規制検討へ(10日)NHK

中学生や高校生が、インターネットで知り合った相手から自分で撮影した裸の画像を送るよう求められる、いわゆる「自画撮り」の被害が多発していることを受けて、東京都は全国で初めて、画像を求めた段階で取締りができるよう、条例の改正も視野に検討を始めることになりました。
 スマートフォンの普及やインターネット利用の低年齢化に伴い、中学生や高校生が、インターネットで知り合った相手から求められ、自分で撮影した裸などいわゆる「自画撮り」の画像を送って悪用されるケースが多発しています。
 おととし、都内で児童ポルノの被害にあった子どものうち、47%が「自画撮り」によるもので、都はネット上に流出した画像は回収が困難であり、不登校につながるおそれがあるほか、子どもの将来にも影響する喫緊の社会問題だとしています。
 このため、東京都は今月21日に有識者らによる「青少年問題協議会」を開き、対策の検討を始めることになりました。具体的には、現在は、「画像を送らなければ危害を加える」などといった明白な脅迫がなければ検挙が難しいことから、脅す行為がなくても画像を複数回求めた段階で取締りができるよう、都の青少年健全育成条例の改正も視野に規制を検討します。
 「自画撮り」に特化した規制ができれば、全国で初めてとなり、協議会はことし夏ごろまでに対策案をまとめることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170210/k10010870891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月9日 | トップページ | 2017年2月11日 »