« 2017年2月8日 | トップページ | 2017年2月10日 »

2017年2月9日

2017年2月 9日 (木)

NHK山形放送局記者を懲戒免職 強姦致傷容疑で逮捕(9日)共同

   
      

 NHKは9日、山形県警に強姦致傷などの疑いで逮捕された山形放送局記者弦本康孝容疑者(28)を、16日付で懲戒免職処分にすると発表した。
 NHKは「報道に携わる職員がこのような悪質な事件で逮捕され、公共放送への信頼を著しく損ねた責任は極めて重く、厳しく対応すべきだと判断した」とし「被害に遭われた方や関係者、視聴者の皆さまに改めて深くおわび申し上げます」と謝罪した。    
https://this.kiji.is/202377272203970043?c=39546741839462401

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート寝室から大量の覚醒剤 所持容疑で元夫婦逮捕(9日)朝日

自宅のアパートの寝室に大量の覚醒剤を隠し持っていたとして、愛知県警は会社員宮之脇福実容疑者(44)と、元妻でドミニカ共和国籍のプラセンシア・チブルシオ・ドリス・エリザベス容疑者(35)=いずれも同県東海市名和町=を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕し送検したと9日、発表した。押収量は約14キロに上るという。
 宮之脇容疑者は「売るつもりで持っていた」などと容疑を認め、プラセンシア容疑者は「覚醒剤があったことは知らなかった」と否認しているという。
 薬物銃器対策課によると、宮之脇容疑者らは販売目的で8日午前7時50分ごろ、自宅のベッドの底に隠したスーツケースに、覚醒剤を隠し持っていた疑いがある。覚醒剤は14個の袋に小分けされており、計約14キロ(末端価格約9億8千万円)あるとみられる。
 県警は昨年5月、覚醒剤2875グラムを密輸しようとしたとしてメキシコ人の男を緊急逮捕。この事件の捜査で、関係先として宮之脇容疑者らが浮上したという。

http://www.asahi.com/articles/ASK295HZCK29OIPE01H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

手押し車が挟まり…78歳、踏切ではねられ死亡(9日)読売

 9日午前10時50分頃、東京都豊島区西池袋にある西武池袋線椎名町―池袋駅間の踏切で、手押し車を押して渡っていた近くに住む高津幸子さん(78)が転倒、踏切に入って来た準急電車にはねられ、死亡した。
 高津さんは足が不自由だったといい、警視庁目白署で詳しい状況を調べている。
 現場は同線椎名町駅そばの踏切。同署によると、高津さんは踏切を渡ろうとした際、手押し車の車輪が線路の溝に挟まり、外そうとした際に転倒したという。高津さんは当時、買い物途中だったとみられる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170209-OYT1T50144.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

モデルガンのつもりが 警察官が訓練で本物の拳銃発射 岡山 (9日)NHK

9日に岡山市の警察署の宿直室で、モデルガンを使って射撃訓練をしようとした警察官が、誤って本物の拳銃で実弾を発射しました。弾は壁を貫通して隣の会議室にまで飛びましたが、けがをした人はいませんでした。
 岡山県警察本部によりますと、9日午前10時すぎ、岡山市北区にある岡山西警察署の宿直室で、地域課の男性巡査(27)が射撃動作などを確認するため、モデルガンを使って訓練をしようとしたところ、誤って本物の拳銃で実弾1発を発射したということです。
 弾は宿直室の壁を貫通し、隣の会議室の壁に当たって止まりました。当時、会議室に人はおらず、けがをした人はいませんでした。
 巡査は、プロジェクターで壁に映し出した映像を見ながら、射撃の動作を確認しようとした際、ズボンの右ポケットに入れていたモデルガンではなく、腰のホルダーにあった拳銃をとっさに抜いたということで、内部調査に対し「反射的に取り出して発射してしまった」と話しているということです。
 県警によりますと、この訓練を行う際は、拳銃から実弾を抜いたうえで、警部以上の責任者が立ち会う決まりになっていますが、当時は責任者が立ち会っていなかったほか、代わりに指導にあたった警部補も拳銃から実弾を抜いたかどうか確認していなかったということです。
 岡山県警察本部教養課の杉田明生次長は「原因を究明するとともに指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010870721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引犯?HPに画像公開 東京の眼鏡販売店(9日)共同

   
      

 眼鏡販売店「めがねお~」の運営会社(東京都台東区)は9日までに、万引の被害に遭った同区の御徒町店内で不審な動きをしていた男性が写った画像4枚を、販売各店のホームページに公開した。目の付近にモザイク処理をしているが、3月1日までに返却や弁償に応じない場合、モザイクを外すとしている。
 同社の張谷満社長によると、4日午後5時20分ごろ、店内にあった眼鏡7点(計約21万円相当)が盗まれた。警視庁上野署が被害届を受理し、窃盗容疑で捜査している。
 張谷社長は「小さな店にとっては大きな被害額。男性がやったのは間違いないと判断できたので悩みに悩んだ末に載せた」と話した。
https://this.kiji.is/202371988007190537?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃんポスト、神戸に設置計画 全国2例目(9日)共同

親が育てられない新生児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を、神戸市の助産院に設置する計画があることが9日、分かった。実現すれば全国2例目。関西での設置を目指すNPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」(大阪府箕面市)が明らかにした。
 関係者によると、設置を予定するのは神戸市北区の「マナ助産院」で、時期は未定。年間70件程度の出産を扱うが、医師は常駐していない。神戸市は、助産院でのゆりかご設置は認めないとの判断を示しているといい、同法人は嘱託医師の確保や、医療面の支援体制の整備を目指している。
 ゆりかごはドイツなどの取り組みをモデルに、熊本市の慈恵病院が2007年5月、全国で初めて運用開始。顔を見られることなく保育器に赤ちゃんを寝かせて立ち去れる仕組み。望まない妊娠をした女性が、追い詰められて子どもの命を奪ったり、置き去りにしたりするのを防ぐ狙い。
 慈恵病院では2015年度までに計125人を受け入れ、近畿からも10人を受け入れた。長距離移動のリスクを減らすことなどを目的に、関西の医療関係者や市民グループが昨年9月に同法人を設立し、関西でのゆりかご設置を準備してきた。(広畑千春、武藤邦生、山路 進)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201702/0009901683.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨県警の警察官が“ストーカー” 盗撮動画も…(9日)テレビ朝日

山梨県警の警察官がストーカー行為をした疑いです。
 山梨県警の高速隊の33歳の男性巡査長は、去年8月から複数回、20代の女性の後を付けるなどのストーカー行為をした疑いなどで書類送検されました。警察によりますと、巡査長のスマートフォンからは女性のスカート内を盗撮した動画も見つかりました。また、女性の車かどうかを調べるために、車のナンバーを照会する警察内のシステムを不正に使っていました。巡査長は9日付で依願退職しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094043.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日 単位・レベル) 
防犯カメラの映像公開
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012535

 東京・台東区のメガネ販売店がホームページ上に万引き犯人の画像を公開して波紋が広がっている。
 神戸市のコンビニ「セブン―イレブン」では万引犯の疑いのある客の防犯カメラ画像を店内に張り出し、千葉市のファミリーマートでも同様の張り出しがあったが、同ホールディングは8日、全国の店舗に防犯カメラ画像について「警察への情報提供以外に使用しないように」との指示を出した。
 犯罪者の写真を公表することが万引の抑止に効果があるとする意見や警察ならともかく民間が勝手に公表してよいのか―などの意見もある。
 警察庁によると平成27年の万引犯認知件数は11万7333件で検挙人員は7万5114人。1日あたりに換算すると321件がどこかで発生、265人が検挙されていることになる。大変な数字だ。
 では、万引の被害品数といえば13万0744点でうち5万4576点は食料品だ。但し、14~19歳は4130点が食料品だが次ぎに多かったのは化粧品で1176点。20歳代も同様だが30歳代になると衣料品に変わる。
 20歳以上の万引き犯で男に前歴者が多かったが女は初犯が多かった。
 それにしても、画像をホームページで公開した眼鏡店の被害額はよそ26万円にのぼるというから店にとっては死活問題。
 ホームページでは顔にモザイクがかけられているが、来月1日までに応じなかった場合、画像にモザイク処理をせず公開するとしている。
 かつて「万引は犯罪です」なんていう標語があったが防げない。画像公開のトラブルは以前にもあったが、〝藁にでもすがりたい〟という思いなのだろう。被害者の心境を思うとやるせない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造ライブチケットが流通 ファミマ3店舗、用紙盗難か(9日)共同

   
      

 コンビニ大手ファミリーマート(東京都豊島区)は9日までに、コンサートチケットの発行などに使う用紙約3200枚が、納品先の3店舗からなくなり、偽造チケットとして流通していたと明らかにした。
 盗難にあったとみられ、3店舗のうち杉並区内の店舗が1月、警視庁高井戸署に被害届を出した。同署が窃盗容疑で捜査している。他の2店舗も警視庁に相談している。
 同社によると、3店舗でなくなった用紙の一部を使い、昨年12月28~31日に開催されたライブ「COUNTDOWN JAPAN 16/17」のチケットとして偽造されたものが出回っていた。
https://this.kiji.is/202278875685519368?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「振込め詐欺対策コールセンター」名乗り詐欺未遂か(9日)NHK

「警察と協力し防犯活動をしている『振り込め詐欺対策コールセンター』です」などと、うその電話を掛け現金をだましとろうとしたとして男3人が逮捕され、警視庁は、同様の手口で少なくとも3000万円をだまし取っていたと見て調べています。主犯格と見られる男は、容疑を否認しているということです。
 逮捕されたのは、住居・職業不詳の松下哲也容疑者(34)ら3人で、警視庁によりますと、今月上旬、新潟県内の80代の女性から現金をだまし取ろうとした詐欺未遂の疑いが持たれています。
 警視庁の調べでは、3人はまず「警察と協力して防犯活動をしている『振り込め詐欺対策コールセンター』です」と電話をかけ、「あなたの名前が詐欺被害者の名簿にのっている。個人情報を削除するために知人の名前を教えてほしい」と言って情報を聞き出します。
 その後、別の団体名を名乗り電話を掛け「知人の名前を教えたのは詐欺にあたる」とトラブルの和解金名目で金を要求していたということです。
 同様の手口の被害は、去年4月ごろから全国で少なくとも3000万円に上り、警視庁は余罪についても調べるとともに注意を呼びかけています。
 調べに対し2人は容疑を認め、主犯格と見られる松下容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認しているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010869801000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性にストーカーや盗撮の疑い 山梨県警巡査長を書類送検(9日)NHK

山梨県警察本部の巡査長が20代の女性のスカートの中を盗撮したりつきまといを繰り返したりしたなどとして、ストーカー規制法違反などの疑いで書類送検されました。巡査長は停職の懲戒処分を受け、9日付けでみずから退職しました。
 書類送検されたのは、山梨県警察本部交通部高速道路交通警察隊の33歳の巡査長です。
 警察の調べによりますと、巡査長は去年8月、山梨県内の店舗で店に勤務する20代の女性のスカートの中を盗撮したほか、先月までの間、この女性が車を止めている駐車場に複数回押しかけるなど、つきまいを繰り返したとして、県の迷惑防止条例違反とストーカー規制法違反の疑いが持たれています。
 これまでの調べで、巡査長はもともと女性とは面識はなく、職務以外の目的で女性の情報を得ようと、車の所有者の照会をしていたということです。
 調べに対し、「女性に好意を持っていた」と供述し、容疑を認めているということです。警察は、停職1か月の懲戒処分とし、巡査長は9日付けでみずから退職しました。
 山梨県警察本部の小林仁志首席監察官は「被害者をはじめ、皆様に深くおわび申し上げます。再発防止を図り、信頼回復につとめます」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010870071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

シルバーカーを狙い…“ひったくり”26歳男を逮捕(9日)テレビ朝日

東京・江戸川区で、高齢者が外出する際に使うシルバーカーを狙ってひったくりをしていた男が逮捕されました。
 東京・葛飾区の建設作業員・藤田翔容疑者(26)は先月3日、江戸川区の路上でシルバーカーを押して歩いていた80歳の女性に自転車で後ろから近付き、シルバーカーを奪った疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、藤田容疑者はシルバーカーを自転車のかごに乗せて逃走し、人気のないところで財布など中身だけを取り出してシルバーカーは捨てていたということです。取り調べに対し、「高齢女性は反撃を受けることもなく、効率良く盗むことができるので狙った」と容疑を認めています。周辺では同様の被害が他にもあり、警視庁は余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000094009.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

アフガン警官がDV防止学ぶ(9日)NHK

久留米市などは、女性への暴力が深刻な社会問題となっているアフガニスタンから女性警察官を受け入れ、自治体の取り組みなどについて研修を行うことになりました。
アフガニスタンでは、女性への暴力や性犯罪などが深刻な社会問題となっていて、政府は支援の一環として、JICA=国際協力機構を通じて、アフガニスタンの警察官を日本に招いています。
 そして、久留米市と福岡県警が研修の受け入れ先に決まり、8日10人のアフガニスタンの女性警察官が、久留米市の橋本副市長を表敬訪問しました。
この中で橋本副市長は「母国が厳しい状況にある中で、女性や子どもの安心安全を守ろうと、日本に来られたみなさんに敬意を表します」と述べました。
これに対し、女性警察官を代表してムファマーディ・ハキマさんが「アフガニスタンの女性の力になるため多くのことを学びたい」と決意を述べました。
 女性警察官は21日までの日程で、久留米市や福岡県警、ドメスティックバイオレンスの相談活動などを行っている民間団体で、研修を受けることになっています。
ムファマーディ・ハキマさんは「暴力を防止するため、日本の取り組みや価値観について学びたい。
 受けた研修の内容は文書にまとめ、1人でも多くの母国の警察官たち広めたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170208/3589681.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北初 パトカーに英語表記へ(9日)NHK

多くの外国人観光客に青森県へ安心して訪れてもらおうと、青森県警察本部は、東北地方の県では初めて、パトカーなどの警察の車両に英語で「POLICE」と表記する取り組みを新年度から進めていく方針を決めました。
観光庁によりますと去年、県内に宿泊した外国人観光客は去年11月末の時点でおよそ15万人と過去最高だったおととしの11万9000人を大きく上回っています。
県警察本部は増え続ける外国人観光客に安心して県内を訪れてもらおうと、現在、漢字で「青森県警察」と書かれているパトカーなどの車体に、英語で「POLICE」と表記する方針を決めました。
また、警察官がスムーズに外国人とコミュニケーションが取れるように青森市や八戸市など観光客が多く訪れる地域にある警察署や交番を中心に、外国語の翻訳機能が付いたタブレット端末を順次、設置する計画です。
これを受けて県は新年度予算案にパトカー84台分の英語表記のステッカーにおよそ135万円、タブレット端末の購入費としておよそ45万円などあわせておよそ300万円を盛り込むことを決め、今月22日から始まる定例県議会に提出することにしています。
県警察本部によりますとパトカーの英語表記は秋田県でも新年度から取り組む方針で東北地方の県警としては初めてだということです。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6083683191.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「携帯のナビ見ていた」と運転手 埼玉の母子死傷事故で(9日)NHK

8日に埼玉県草加市でトラックが歩道に突っ込み、親子がはねられ母親が死亡した事故で、トラックの運転手は「携帯電話のナビゲーションシステムを見ていた」という内容の供述をしていることが、警察への取材でわかりました。警察は、携帯電話に気を取られて赤信号を無視し、事故を起こしたと見て詳しい状況を調べています。
 8日昼すぎ、埼玉県草加市の市道でトラックが交差点に進入した際、左から来た別のトラックと衝突し、そのまま歩道に突っ込みました。
 この事故で、手をつないで歩道を歩いていた親子がはねられ、母親の荒井美季さん(38)が死亡し、1歳の次男が軽いけがをしました。
 その後の調べで、トラックを運転していて過失運転致死傷の疑いで逮捕された、東京・葛飾区のアルバイト、八下田誠男容疑者(28)が「ハンドルの近くに携帯電話を置いてナビゲーションシステムを見ていた。信号は見ていなかった」という内容の供述をしていることが警察への取材でわかりました。
 警察によりますと、現場近くの防犯カメラの映像などから、トラックはスピードを緩めずに赤信号の交差点に進入したと見られています。警察は、携帯電話に気を取られて赤信号を無視して交差点に進入し、事故を起こしたと見て詳しい状況を調べています。

事故現場で亡くなった母親の死を悼む

事故が起きた現場では、一夜明けた9日、近くに住む人たちが次々と訪れ、手を合わせたり花を手向けたりして、突然事故に巻き込まれた荒井さんの死を悼んでいます。
 近くに住む30代の男性は「ご家族のことを考えると、やりきれない気持ちです。こうした事故をひとつでも減らしてほしいと思います」と話していました。
 2歳の娘と一緒に訪れた30代の女性は「身近でこうした事故が起きて怖いです。母親の気持ちを考えると無念でしかたありません」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010869701000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

男児ポルノ愛好者6人逮捕 全国160人超が被害か(9日)共同

神奈川など7県警が会員制交流サイト(SNS)を利用した男児ポルノ愛好者の2グループを摘発し、強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで20~66歳の男6人を逮捕、追送検していたことが分かった。神奈川県警が9日、明らかにした。
 神奈川県警によると、このうち1グループの4人は児童ポルノ目的で、小中学生対象のキャンプなどに添乗員やボランティアとして参加していた。2グループの被害者は小中学生や未就学児160人超とみられ、居住地は少なくとも9都府県に及んでいる。県警などはこれまでに約20人分の被害を立件した。他にも被害者がいるとみている。
https://this.kiji.is/202243891912525304?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

セブン店舗、万引疑いの画像掲示 神戸、防犯カメラから切り出す(9日)共同

コンビニ「セブン―イレブン」の神戸市中央区の店舗で、オーナーが万引したと疑いを持つ客の防犯カメラ画像を店内に張り出していたことが9日、セブン&アイ・ホールディングス広報センターへの取材で分かった。千葉市のファミリーマートで同様の問題が発覚し、撤去したという。
 広報センターによると、数カ月前から店内のトイレ付近に約20枚の画像を張り出していた。疑わしい客の様子を時系列に切り出した。
 同ホールディングスは、ファミリーマート店舗の問題を受け、全国の店舗に8日、防犯カメラ画像について「警察への情報提供以外に使用しないように」との指示を出したため、店は撤去した。
https://this.kiji.is/202248678081544201?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「刺殺でよろしいかと思います」 音喜多駿都議をツイッターで脅迫(9日)産経

東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」のメンバーである音喜多駿都議(33)のツイッターに「刺殺でよろしいかと思います」などと脅迫するような文言が書き込まれていたことが8日、音喜多氏への取材で分かった。他に「刺されるのが面白い訳よ」「どうでもエエ男がさらし首とメッタ刺し」などと記載されていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170209/afr1702090004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国の詐欺・模倣 「悪徳商法」解約に言葉の壁(9日)産経

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)によると、昨年以降目立つのは、特定商取引法(特商法)を順守せず、必要な契約書面を交わさなかったり、解約に応じなかったりする海外事業者の“悪徳商法”に関する相談だ。取引の入り口は日本語のインターネットサイトだが、トラブルが発生すると外国語での交渉を求められ、解決が難しくなるケースが多いという。
 「ママ友から『ブログで在宅ビジネスのPRをし、興味を示した人を勧誘できたらマージンが入る』と誘われ、数十万円支払い、ブログの書き方などのノウハウ情報を得たが、勧誘できず元が取れない。本社は米国にあるが解約するにはどうすればいいか」
 昨年、CCJに寄せられた相談の一例だ。特商法で規制している「業務提供誘引販売取引」(内職商法)と「連鎖販売取引」(マルチ商法)に当たるという。特商法では、内職商法とマルチ商法について、消費者が契約前に十分な情報を得られるよう、事業者はビジネスの仕組みを詳しく説明した「法定書面」を契約前と契約時に計2通交わすことが求められている。
 しかし、相談のケースでは、LINE上のデータで「契約書らしきもの」(CCJ)が交わされただけで、正当な手続きが踏まれていなかった。本来はクーリングオフが可能で、CCJを通じて米国の本社に連絡を取ったが、「交わした契約にはトラブルが起きた際の裁判管轄が米国にあると記載している」と反論され、返金には応じてもらえていないという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

チャイルドシート、6割が誤使用 致死率29倍にも(9日)朝日

 チャイルドシートの約6割が誤って取り付けられていることが、日本自動車連盟(JAF)などの調査でわかった。誤った使い方では「事故での致死率が約29倍になる」とのデータもある。安全審査に合格していない製品も流通している。国土交通省が近く注意を呼びかける方針だ。
 JAFが昨年11月、全国16の商業施設や動物園などの駐車場で、計425のチャイルドシートの装着状況を調べたところ、乳児用の60%、幼児用の約61%が、間違った方法で取り付けられていた。
 乳児用は「腰ベルトの締め付け不足」が約69%、「席ベルトの通し方の間違い」が約14%。固定金具の誤使用や車のシート座面との不適合などもあった。
 腰ベルトは、車のシートの座面が沈み込むほど強い力で締めなければならないが、7割が手で揺すると簡単にぐらついて、事故の衝撃には耐えられない状態だった。事故の衝撃でシートごと外れる恐れもあるという。
 座らせ方も、乳児用で約36%、幼児用で約51%が間違っていた。例えば前向きのタイプでは、2本のベルトを両肩の上に通さなければならないが、肩の横やわきの下を通しているケースが多かった。体が放り出されたり、首が絞まったりする恐れもある。
 警察庁のデータによると、2014年にチャイルドシートを誤用したまま事故に遭い死傷した6歳未満の子どもの重傷率は、正しい使用の場合の約5倍、致死率は約29倍だった。JAF担当者は「子どもが嫌がることもあるが、命を守るために正しく座らせて」と話す。
 チャイルドシートは道路交通法改正で00年から6歳未満の使用が義務づけられた。使用率は徐々に上がり、16年の調査で過去最高の64・2%になった。しかし、国の安全審査をクリアしていない製品が売られていることがわかった。
 国交省が安全性を認めた製品には「Eマーク」か「自マーク」がつくが、一部のネット通販では、マークのない製品が「持ち運びに便利」「簡易型」「中国の交通安全協会認定」などとして流通。認証品は通常1万円以上で2万~3万円台が主流だが、2千円程度で売られている。
 日本自動車部品工業会が購入して性能を調べたところ、大部分が布製などで強度が不足していた。工業会は広く注意喚起できないか検討中という。シートの正しい使い方は、JAFや国交省のホームページで確認できる。(伊藤嘉孝)

http://www.asahi.com/articles/ASK1S4CHMK1SUTIL01Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK記者が女性乱暴 甲府市で同様の事件に関与か(9日)テレビ朝日

NHK山形放送局の記者が女性に乱暴したなどとして逮捕された事件で、男のDNA型が以前、勤務していた甲府市で起きた同様の事件での遺留物と一致していたことが分かりました。
 NHK山形放送局の記者・弦本康孝容疑者(28)は去年2月、山形県内に住む20代の女性の家に侵入し、性的暴行を加えたなどの疑いが持たれています。弦本容疑者は「やっていない」と容疑を否認しています。その後の捜査関係者への取材で、現場で採取された遺留物と甲府市で起きた就寝中の女性が襲われた事件の遺留物のDNA型が一致していたことが分かりました。警察は山形県と甲府市に住んでいたことのある人物を絞り込んだところ、以前、NHK甲府放送局に勤務していた弦本容疑者が浮上し、DNA型が一致したことから今回の逮捕に至ったということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093985.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市でオートバイなど4台燃える火事 放火か(9日)テレビ朝日

千葉市のアパートの駐輪場で、オートバイと自転車合わせて4台が燃える火事がありました。警察は放火の疑いも視野に出火の原因を調べています。
 オートバイの持ち主:「黒い煙がもうもうで、(2階から)実際に下に下りて見に行ったらオートバイが燃えているという状態でした」
 警察によりますと、8日午後3時半ごろ、千葉市中央区のアパートで「バイクが燃えている」と通り掛かった女性から110番通報がありました。駐輪場に止められていたオートバイ3台と自転車1台が焼けたほか、火はアパートの外壁にも燃え移りました。けが人はいませんでした。現場に火の気がないことから、警察は放火の疑いも視野に出火の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093990.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹ストーカー殺人、懲役22年が確定 双方上告せず(9日)日経

東京都三鷹市で高校3年の女子生徒(当時18)が刺殺されたストーカー殺人事件で、殺人罪などに問われた元交際相手、池永チャールストーマス被告(24)を懲役22年とした差し戻し後の東京高裁判決が、8日までに確定した。被告、検察側が期限までに上告しなかった。双方とも、著しい量刑不当など明確な上告理由がないと判断したとみられる。
 判決によると、池永被告は2013年10月8日午後、生徒の首や腹をナイフで刺して失血死させたほか、生徒の画像を保存したサイトのURLを交流サイトなどに投稿した。
 2014年の最初の一審判決は起訴されていなかったリベンジポルノ(復讐=ふくしゅう=目的の画像投稿)を「殺害と密接に関連する悪質な事情」と捉え、懲役22年とした。二審は「起訴されていない画像投稿を罰する目的で量刑を判断した疑いがある」として審理を差し戻した。
 検察側が児童買春・ポルノ禁止法違反罪を追起訴した後のやり直しの一審は追起訴分を含めて量刑を判断し懲役22年を言い渡した。
 差し戻し控訴審で弁護側は「追起訴は検察による公訴権の乱用」として刑が重すぎると主張。検察側は刑が軽すぎると主張したが、いずれも退けられた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H8M_Y7A200C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

強風で捜査書類飛ばされ一時紛失、茨城県警(9日)TBS

7日、茨城県土浦市で警察官が運んでいた捜査書類が強風で飛ばされ、一時紛失していたことが分かりました。
 7日午後4時ごろ、土浦市桜町で茨城県警・土浦署の男性巡査(30)が自転車の前カゴに捜査書類を入れて運んでいた際、強風で1枚が飛ばされ紛失しました。
 警察が周辺を捜したものの見つからず、8日になって近くに住む男性から「敷地内に落ちていた」と交番に届けられました。書類は水戸地検土浦支部が発行した「釈放指揮書」で、勾留されている被告の氏名や罪名などが書かれていました。茨城県警・土浦署は「署員への指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2979220.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩道にトラック 母子はねる 交差点までブレーキ痕なし(9日)NHK

8日埼玉県草加市の交差点で事故を起こしたトラックがそのまま歩道に突っ込み母親と幼い子どもをはねて母親が死亡した事故で、交差点までの路面にブレーキをかけた痕がなかったことが警察への取材でわかりました。警察は、トラックがスピードを緩めずに赤信号の交差点に進入したとみて捜査しています。
 8日昼すぎ、埼玉県草加市の市道でトラックが交差点に進入した際、左から来た別のトラックと衝突し、そのまま歩道に突っ込み、歩いていた荒井美季さん(38)と1歳の次男がはねられ、荒井さんが死亡、次男が軽いけがをしました。
警察はトラックを運転していた東京・葛飾区のアルバイト、八下田誠男容疑者(28)を過失運転致死傷の疑いで逮捕しました。
 これまでの調べで、防犯カメラの映像などからトラックは赤信号を無視して交差点に進入したとみられていますが、交差点までの路面にブレーキをかけた痕がなかったことが警察への取材でわかりました。
 荒井さんは自宅近くの保育園に次男を迎えに行った帰りに手をつないで歩道を歩いていて事故に巻き込まれたということです。警察は、トラックがスピードを緩めずに赤信号の交差点に進入したとみて詳しい状況を捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010869491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅2棟焼け2人死亡 70代女性か 愛知 知多(9日)NHK

9日未明、愛知県知多市で住宅1棟が全焼し1人が遺体で見つかったほか、燃え移った隣の住宅から病院に搬送された女性もまもなく死亡しました。警察は、死亡した2人はいずれも70代の女性ではないかと見て確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。
  9日午前2時前、知多市八幡の無職、石原久枝さん(79)の木造2階建ての住宅から火が出ていると近くの住民から消防に通報がありました。消防車8台が出て消火に当たり、火はおよそ1時間後にほぼ消し止められましたが、石原さんの住宅が全焼し、1階から1人が遺体で見つかりました。
また、燃え移った隣の紀平ヨヲ子さん(78)の住宅から女性1人が病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。
 警察によりますと、石原さんは孫と2人暮らしで連絡が取れておらず、紀平さんは1人暮らしだということです。警察は、死亡したのは石原さんと紀平さんの2人ではないかと見て確認を急いでいます。
 調べによりますと、石原さんの住宅の1階にあったストーブの周りの焼け方が激しいということで、警察が詳しい原因を調べています。現場は名鉄八幡新田駅から400メートル余り離れた住宅地です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170209/k10010869571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月8日 | トップページ | 2017年2月10日 »