« 東名で車16台が“玉突き” 高速道路で事故相次ぐ(3日)テレビ朝日 | トップページ | 仏留学生不明、寮非常口付近に大量の血痕…仏紙(3日)読売 »

2017年1月 3日 (火)

院長が火事で死亡の高野病院 広野町が存続支援へ(3日)NHK

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で一時、ほとんどの住民が避難した福島県広野町で、町内にとどまって診療を続けてきた病院の院長が火事で死亡し、広野町は地域に欠かせない医療機関を存続させるため、常勤医師の確保など支援に乗り出すことを明らかにしました。
 東京電力福島第一原発の半径20キロから30キロの範囲にある広野町では、原発事故のあと、町役場やほぼすべての住民が一時避難しましたが、町にある民間の高野病院は診療を続けました。
 この病院の院長、高野英男さん(81)の自宅で先月30日に火事があり、見つかった男性の遺体が3日、高野院長と確認されました。高野院長は高野病院唯一の常勤医師でしたが、亡くなったことで、病院の設置に法律上必要となる常勤の医師がいなくなりました。
 広野町の遠藤智町長は3日役場で会見を開き、地域に欠かせない医療機関を存続させるため、支援に乗り出すことを明らかにしました。
 具体的には高野病院の常勤医師確保のため、福島県への協力要請や全国への呼びかけを行うとともに、診療の一部を担うボランティアの医師を募る窓口を町役場に設けるということです。また、非常勤などの医師が町を訪れる際の交通費や宿泊費の補助も行うということです。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010828091000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 東名で車16台が“玉突き” 高速道路で事故相次ぐ(3日)テレビ朝日 | トップページ | 仏留学生不明、寮非常口付近に大量の血痕…仏紙(3日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64716130

この記事へのトラックバック一覧です: 院長が火事で死亡の高野病院 広野町が存続支援へ(3日)NHK:

« 東名で車16台が“玉突き” 高速道路で事故相次ぐ(3日)テレビ朝日 | トップページ | 仏留学生不明、寮非常口付近に大量の血痕…仏紙(3日)読売 »