« 竹刀で女子生徒の頭たたきけが 千葉の中学教諭を停職(19日)朝日 | トップページ | 相談女性を誤信させ収入詐取…占い師に賠償命令(19日)読売 »

2017年1月19日 (木)

霞ヶ浦や北浦、施設や橋の銅製銘板盗難35件(19日)読売

 茨城県の霞ヶ浦や北浦の沿岸などで昨秋以降、制水施設や橋の名前を記した銘板の盗難被害が、未遂も含めて約50件起きていたことが18日、県警などへの取材でわかった。

 銘板は主に銅製で、県警は転売目的の犯行とみて捜査している。
 県警の捜査関係者や国土交通省霞ヶ浦河川事務所の担当者によると、小美玉市下馬場の霞ヶ浦沿岸で昨年10月25日、事務所職員が巡回中、制水施設の管の名前や設置年月などを示す銘板がなくなっているのを見つけた。同事務所は同12月26日までに、霞ヶ浦と北浦の沿岸にあるかすみがうら市や行方市など計6市で、制水施設の管や門などで計35件(35枚)が被害に遭っていることを確認した。
 銘板は小さいもので縦約20センチ、横約30センチ。壁に埋め込まれていたり、板の四隅をネジで固定されていたりしており、事務所職員は「工具で外したのではないか」とみている。被害総額は不明だが、銘板の価格は1枚約3万円という。未遂とみられるものも10件以上あった。
 一連の被害を受けて、県警は昨年12月21日に刑事部長名で警戒態勢を指示。県警幹部は「転売目的の可能性が高い」と話す。
 同事務所は板を固定するネジを潰すなどして、盗難の防止策を講じている。ただ、県内には、同事務所や、各市町村で管理する制水施設が計約500か所あり、早急な対応は難しい。
 一方、県道路維持課によると、行方市で昨年9月に手奪橋の銘板4枚が、同10月には鉾田、行方両市を結ぶ鹿行大橋の鉾田市側で銘板1枚がそれぞれ盗まれているのが見つかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170118-OYT1T50137.html?from=ycont_top_txt

« 竹刀で女子生徒の頭たたきけが 千葉の中学教諭を停職(19日)朝日 | トップページ | 相談女性を誤信させ収入詐取…占い師に賠償命令(19日)読売 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ浦や北浦、施設や橋の銅製銘板盗難35件(19日)読売:

« 竹刀で女子生徒の頭たたきけが 千葉の中学教諭を停職(19日)朝日 | トップページ | 相談女性を誤信させ収入詐取…占い師に賠償命令(19日)読売 »