« 逆走の車が“ひき逃げ” バイクの男性会社員が死亡(13日)テレビ朝日 | トップページ | 中2女子が校舎から転落死…自殺か 遺書のようなメモ残す さいたま(13日)産経 »

2017年1月13日 (金)

国交省、バス監査官50人増へ…軽井沢事故受け(13日)読売

国土交通省は来年度、バス事業者などへの監査を担う監査官を現行より50人以上増員し、約420人態勢とする方針を固めた。
 乗客の学生ら15人が死亡した昨年1月の長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受けた措置で、過去最大規模の増員となる。
 事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都)は、前年に受けた監査で運転手の健康管理などに関する違反が発覚し、是正を求められていた。だが、事故後の特別監査で多数の法令違反が見つかり、監査の形骸化が指摘されていた。
 監査官の人数(今年度366人)は、5年前の2011年度(306人)から徐々に増えてきたとはいえ、トラックやタクシー会社も担当しているため、全国に約4500ある貸し切りバスの事業者をきめ細かく監査するのは難しいのが現状。国交省によると、事故前の14年度に抜き打ち監査を行ったバス事業者は約480で、全事業者の約1割にとどまっていた。

(ここまで394文字 / 残り218文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170113-OYT1T50018.html?from=ycont_top_txt

« 逆走の車が“ひき逃げ” バイクの男性会社員が死亡(13日)テレビ朝日 | トップページ | 中2女子が校舎から転落死…自殺か 遺書のようなメモ残す さいたま(13日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64757358

この記事へのトラックバック一覧です: 国交省、バス監査官50人増へ…軽井沢事故受け(13日)読売:

« 逆走の車が“ひき逃げ” バイクの男性会社員が死亡(13日)テレビ朝日 | トップページ | 中2女子が校舎から転落死…自殺か 遺書のようなメモ残す さいたま(13日)産経 »