« 偽ブランド品をネットで販売、容疑の6人逮捕へ(24日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2017年1月24日 (火)

三鷹高3刺殺、被告の控訴棄却 やり直し裁判の東京高裁(24日)朝日

東京都三鷹市で2013年に高校3年の女子生徒(当時18)が刺殺された事件で、殺人罪などに問われ、差し戻し後の裁判員裁判で懲役22年の判決を受けた池永チャールストーマス被告(24)の控訴審判決が24日あった。秋吉淳一郎裁判長は「差し戻し後の一審判決の量刑判断は正当だ」として、控訴を棄却した。
 差し戻し後の一審判決によると、池永被告は13年10月、女子生徒宅の2階窓から侵入し、ナイフで生徒の首や腹を刺して殺害。同年7~10月には生徒の画像をネットに投稿し、画像へのアクセス方法をネットの掲示板に投稿した。
 裁判では、元交際相手の画像をネットに流出させた行為を「リベンジポルノ」として罪に問えるかどうかが問題になった。
 14年8月の差し戻し前の一審・東京地裁立川支部判決はネット流出について言及し、懲役22年としたが、東京高裁は15年2月、「起訴されていない罪で実質的に処罰しており違法だ」と述べて破棄し、審理を同支部に差し戻した。その後、検察側が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの罪で追起訴。やり直された昨年16年3月の一審判決は、リベンジポルノについても有罪と認め、改めて懲役22年を言い渡していた。
http://www.asahi.com/articles/ASK1S4JXZK1SUTIL022.html

« 偽ブランド品をネットで販売、容疑の6人逮捕へ(24日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹高3刺殺、被告の控訴棄却 やり直し裁判の東京高裁(24日)朝日:

« 偽ブランド品をネットで販売、容疑の6人逮捕へ(24日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »