« 元女優の高樹被告保釈=大麻事件、保証金350万円-那覇地裁(26日)時事 | トップページ | 障害者殺傷事件から半年 元職員 過去と比べて差別意識か(26日)NHK »

2017年1月26日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル) 
刑法犯激減の要因は…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012505

 中国人窃盗団・ピンクパンダの話しを書いたが、泥棒の話を…
 重要犯罪同様に治安情勢を観察するうえでその指標となるのに重要窃盗犯がある。侵入盗、自動車盗、ひったくりやすりである。
 警察庁によると平成28年の重要窃盗犯の認知件数は9万5311件で前年に比べて1万3247件も減らした。結局、この数字が全刑法犯の激減に大きな影響を与えたことになる。
 なかでも侵入盗は7万6481件もあったが前年比で9892件も減らした。自動車盗は1万1655件で同2166件の減。ひったくりは年々減少を続けており3495件で同647件、すりは3680件で同542のそれぞれ減少となった。
 認知件数のランキングでは代わり映えしないが愛知がワースト1で9033件。以下、大阪が8399件、東京が7676件、千葉が7535件、埼玉が6099件の順。
 不名誉なことに全体が減らしたのに増加したのは認知件数392件で前年比で122件増加の秋田。507件の山形は59件の増。認知件数全国4位の千葉に至っては171件も増えてしまった。
 逆に減らしたのは愛知の-1882件、福岡の-1866件、東京の-1469件、神奈川の-913件。そして埼玉は509件も減らしたが認知件数ワースト5になってしまった。
 一方、検挙率は全国が54.6%。ランキングではトップが大分の125.8%、徳島の92.8%、熊本の89.3%、鳥取の87.9%、京都の83.5%など。低かったのは大阪の30.4%、千葉の30.6%、栃木の37.2%、岐阜の37.5%、青森の39.4%と続いた。
 そして今年はどうなることやら…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【東京体感治安判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等    80〜50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦 70〜60
広域重要事件          50〜40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    60〜50
放火殺人             50〜30
強盗殺人             50〜20
連続放火             40〜30
各項目に少年が絡む場合  +20〜10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から −50から10

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱い程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)、ネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。

« 元女優の高樹被告保釈=大麻事件、保証金350万円-那覇地裁(26日)時事 | トップページ | 障害者殺傷事件から半年 元職員 過去と比べて差別意識か(26日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64813069

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 元女優の高樹被告保釈=大麻事件、保証金350万円-那覇地裁(26日)時事 | トップページ | 障害者殺傷事件から半年 元職員 過去と比べて差別意識か(26日)NHK »