« 高校野球賭博で開帳図利 容疑で暴力団組長らを逮捕 福岡・佐賀県警(6日)共同 | トップページ | 神事用大麻の栽培認めず=「県内生産必要なし」-三重(6日)時事 »

2017年1月 6日 (金)

仏で女子大学生不明 チリ人の容疑者の足取りは(6日)NHK

フランス東部で筑波大学の女子学生、黒崎愛海さんの行方がわからなくなっている事件で、フランスの複数のメディアによりますと、殺人の疑いで国際手配されている、チリ人のニコラス・セペダ容疑者(26)は、黒崎さんの行方がわからなくなる数日前に、スイスのジュネーブに入り、空港でレンタカーを借りて、黒崎さんのいるフランス東部のブザンソンに向かったと見られています。
 地元メディアは先月4日、2人がブザンソンから南東におよそ25キロ離れたオルナンで美術館を訪れたあと、レストランで夕食をとり、その後、黒崎さんが住んでいた学生寮に行ったと伝えています。
 地元の検察によりますと、4日夜から翌5日の朝にかけて、同じ寮の複数の学生が「悲鳴を聞いた」と話しているということです。
 寮の関係者によりますと、黒崎さんの部屋からはスーツケースやパソコンなどがなくなっていた一方、衣類や食器などは残されていたということです。
 セペダ容疑者は、ブザンソンにあるフランス国鉄の駅で、東部ディジョンまでの切符を購入したと見られていて、地元メディアは、7日にフランスを離れ、再びスイスのジュネーブから航空機でチリに帰国したと伝えています。

日本人が海外で事件に その捜査は?

日本人が海外で殺人などの犯罪に巻き込まれた場合、通常は現地の捜査当局が捜査し、その国の法律で裁判が行われますが、日本の警察として捜査が必要だと判断した場合には、被害者が住む都道府県の警察が刑法の国外犯の規定を適用し、現地の捜査当局と協力しながら捜査にあたります。
その際、現地に捜査員を派遣して現場を確認することなどもあるということです。
また現地の捜査当局から要請があれば、被害者やその家族から聞き取った内容や処罰感情などを当局に伝える対応を取ることもあるということです。
 黒崎愛海さんの行方がわからなくなっている件について、警察庁は「フランスの捜査当局から要請があれば適切に対応したい」としています。
 海外で日本人が事件に巻き込まれたケースでは去年11月、南米コロンビアを旅行中の日本人の大学生が銃で撃たれて殺害された事件で、千葉県警察本部が刑法の国外犯の規定を適用し、殺人の疑いで捜査しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170106/k10010831261000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« 高校野球賭博で開帳図利 容疑で暴力団組長らを逮捕 福岡・佐賀県警(6日)共同 | トップページ | 神事用大麻の栽培認めず=「県内生産必要なし」-三重(6日)時事 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏で女子大学生不明 チリ人の容疑者の足取りは(6日)NHK:

« 高校野球賭博で開帳図利 容疑で暴力団組長らを逮捕 福岡・佐賀県警(6日)共同 | トップページ | 神事用大麻の栽培認めず=「県内生産必要なし」-三重(6日)時事 »