« カンボジア女性不法就労、勧誘の日本人の行方追う(21日)TBS | トップページ | 「運転中ポケGO繰り返す」 名古屋地裁支部、小4死亡初公判(21日)共同 »

2017年1月21日 (土)

認知機能衰え、84歳境に半数超 高齢ドライバー検査で警察庁分析(21日)共同

   
      

2015年に運転免許を更新した75歳以上の高齢ドライバーは約163万人に上り、更新時に義務付けられている認知機能検査では加齢に伴って認知症や認知機能低下の恐れがあると判定される割合が高くなり、84歳を境に半数を超えることが21日、警察庁の分析で分かった。
 高齢ドライバーを巡っては高速道路を逆走したり、小学生の列に突っ込んだりするなど、多くの死傷者が出る事故が各地で発生している。警察庁は3月施行の改正道交法で認知機能検査を強化するほか、有識者会議を設けて新たな対策を検討。免許の自主返納の呼び掛けも続けている。    
https://this.kiji.is/195273966297219074?c=39546741839462401

 

« カンボジア女性不法就労、勧誘の日本人の行方追う(21日)TBS | トップページ | 「運転中ポケGO繰り返す」 名古屋地裁支部、小4死亡初公判(21日)共同 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64789518

この記事へのトラックバック一覧です: 認知機能衰え、84歳境に半数超 高齢ドライバー検査で警察庁分析(21日)共同:

« カンボジア女性不法就労、勧誘の日本人の行方追う(21日)TBS | トップページ | 「運転中ポケGO繰り返す」 名古屋地裁支部、小4死亡初公判(21日)共同 »