« 2017年1月26日 | トップページ | 2017年1月28日 »

2017年1月27日

2017年1月27日 (金)

千葉県内で相次ぐ「幼稚園荒らし」 今度は保育園の窓ガラス割られる(27日)産経

26日未明、警備会社から「(千葉県)習志野市津田沼の保育園の窓が割られた」などとする110番通報があった。習志野署によると、被害に遭ったのは同所の市立菊田第二保育所で、窓は割られていたが荒らされた形跡はなかった。同署は建造物侵入事件として捜査している。
 同署によると、同日午前2時15分ごろ、園に設置してあった警備システムが作動。警備会社の男性警備員が駆けつけたところ被害が確認された。
 今年に入り幼稚園が荒らされたり、入園願書が盗まれるなどの被害が千葉県松戸市で1件、千葉市で2件発生しており、同署は関連がある可能性もあるとみて捜査している。
http://www.sankei.com/affairs/news/170127/afr1701270015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「女の子を金づちで殴った」防犯カメラで男が急浮上(27日)テレビ朝日

 「女の子を金づちで殴った」と供述しています。
 神奈川県横須賀市で23日、下校していた小学3年生の女の子(9)が何者かに頭を殴られ、額を切る軽傷を負いました。警察によりますと、防犯カメラの捜査から市内に住む自称・大学生の但木亨光容疑者(24)が浮上し、26日、住宅に貼られたポスターを破ったとして現行犯逮捕されました。27日、女の子への傷害容疑で改めて逮捕され、取り調べに対して「金づちで殴った」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093094.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山林の男性遺体は絞殺か 殺人などの容疑で捜査(27日)NHK

25日、茨城県龍ケ崎市の山林で遺体で見つかった29歳の男性は、首を絞められた痕があることがわかりました。警察は、何者かが男性の首を絞めて殺害し、遺体を遺棄したと見て、殺人の疑いなどで捜査本部を設置し、本格的な捜査を始めました。
 25日午前11時すぎ、茨城県龍ケ崎市羽原町の山林の道路脇で、龍ケ崎市野原町の無職、山田秀明さん(29)が倒れて死亡しているのが見つかりました。
 山田さんの遺体は、白いタオルケットにくるまれ、その上には枯れ葉や枯れ木が置かれていたということで、警察が遺体を詳しく調べたところ、首を絞められた痕があることがわかったということです。
 山田さんは、死後、数日がたっているということです。
 警察は、何者かが山田さんの首を絞めて殺害し、遺体を遺棄したと見て、殺人と死体遺棄の疑いで竜ケ崎警察署に捜査本部を設置し、本格的な捜査を始めました。
 警察によりますと、山田さんの母親は「今月中旬ごろから連絡がつかなくなっている」と今月23日に竜ケ崎警察署に捜索願を出し、行方を捜していたということです。
 警察は、遺体が遺棄された現場などで不審な人物が目撃されていないかなど、捜査を進めることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010855431000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

切手だまし取った疑い、みずほ銀行員逮捕(27日)TBS

みずほ銀行の社員の男が、使用済みの切手を未使用であるように装い、新しい切手に交換してだまし取ったとして、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは東京・豊島区に住むみずほ銀行社員・小林孝史容疑者(57)で、去年9月、千代田区の郵便局で、350円の使用済みの切手30枚を未使用であるように装い、新しい切手に交換してだまし取った疑いが持たれています。
 調べによりますと、小林容疑者は、ネットオークションで使用済み切手を大量に購入し、消印がついていない部分を切り貼りしていたということです。
 取り調べに対し、小林容疑者は容疑を認めているということで、警視庁は余罪についても調べています。(27日17:51)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2970180.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

筑後リサイクル店暴行死 妻に二審も懲役30年 双方の控訴棄却(27日)日経

 福岡県筑後市のリサイクル店の元従業員ら3人が暴行され死亡した事件で、殺人や傷害致死などの罪に問われた元経営者の妻、中尾知佐被告(48)の控訴審判決が27日、福岡高裁であった。岡田信裁判長は「刑事責任は重大」として、懲役30年とした一審・福岡地裁判決を支持し、検察側と弁護側双方の控訴を棄却した。
 知佐被告は夫の伸也被告(50)との共謀で、1件の殺人罪と2件の傷害致死罪などで起訴された。昨年6月の一審の裁判員裁判判決は「殺意の認定は困難」として3件とも傷害致死罪を適用。殺人罪の成立を主張する検察側と、無罪主張の弁護側の双方が控訴した。
 判決理由で岡田裁判長は「被害者が死亡した状況が不明で、殺意の認定には合理的疑いが残る」として一審に続き殺人罪の成立を認めなかった。
 一方で「被害者の従業員に不始末があるたびに夫婦で暴力を振るっており、継続的な暴行により死亡したことは明らか」として伸也被告との共謀は認定。「人命尊重という人間としての基本的な資質が欠落している」と厳しく非難し、有期刑の上限である懲役30年とした一審を支持した。
 控訴審で検察側は「暴行で死亡させる危険が高いと認識しており、殺意は認められる」として殺人罪の成立を主張。弁護側は「暴行したのは伸也被告で、共謀は成立しない」と訴えていた。
 伸也被告は一審で懲役28年の判決を受け、検察側と被告側双方が控訴中。2月17日に同高裁で第2回公判が開かれる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H46_X20C17A1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル) 
大阪府警にひったくりの指導官
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012488

 全国の警察で唯一のひったくり専門の「技能指導官」がいる。大阪府警の捜査3課の54歳になるベテラン刑事だ。
 大阪府警のひったくり事犯は平成14年には9197件もあり、2位の564件に大差を付けてワースト1を記録。以後も減少傾向にあるものの全国でワーストを記録していることから昨年秋に指導官が任命され、若手捜査員の指導に乗り出したもの。
 警察庁によると平成28年の全国でのひったくり認知件数は3495件で前年に比べて647件の減少。
 ランキングでは大阪の806件、神奈川の401件、愛知の387件、東京の386件、埼玉の334件と続いた。
 福岡では前年より149件も減らしたが、静岡では43件、京都で35件、埼玉で33件など増加した県もある。
 全国の検挙率は36.8%で残念ながら前年より21.3ポイントも減らした。ランキングでは高いのは高山の200%(発生1件)鹿児島の100%(同9件)宮崎の81.8%、高知の77.8%、愛媛の76.9%の順。
 低かったのは群馬の6.7%、愛知の7.2%、奈良の10.5%、長野の11.1%、宮城の16.7%と続いた。
 但し、発生があっても検挙が0の件は岩手、山形、新潟、山梨、鳥取、島根、徳島、長崎の8県にも及んだ。
 声無きに聴き 形無しに見る
   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

スカートはいた女性署員にプロレス「つり天井固め」 長浜署懇親会…滋賀県警、セクハラの可能性調査(27日)産経

昨年11月、滋賀県警長浜署員が開いた職場の懇親会で、男性署員がスカートをはいた女性署員にプロレスの技をかけ、その様子を写真撮影していたことが27日、県警監察官室への取材で分かった。監察官室は、セクハラ行為に当たる可能性もあるとして当時の状況を調べている。
 監察官室によると、懇親会は昨年11月22日、同署地域課が同市内の飲食店で開催。25人が参加した。この際、男性署員が余興で数人にプロレス技をかけ始め、20代の女性署員2人にもかけた。女性署員にかけたのは、うつぶせに寝た相手の両足を自分の足に絡ませて固定し、相手の両手をそれぞれつかんで空中であおむけに体を反らせる「つり天井固め」と呼ばれる技。女性の1人はスカートをはいていた。
 男性署員らが懇親会の様子を携帯電話で撮影しており、懇親会終了後に出席者数人で共有したという。監察官室は「調査結果を踏まえ厳正に対処する」としている。
http://www.sankei.com/west/news/170127/wst1701270037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造切手持ち込み交換=詐欺容疑でみずほ行員逮捕-警視庁(27日)時事

偽造切手を郵便局に持ち込み本物の切手と交換させていたとして、警視庁は27日までに、郵便法違反と詐欺の疑いで、みずほ銀行の行員小林孝史容疑者(57)=東京都豊島区西池袋=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2016年9月30日午前11時25分ごろ、千代田区内幸町の郵便局で、額面350円の偽造切手計1万500円分を別の額面の切手と交換し、だまし取った疑い。(2017/01/27-15:37) 【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012700537&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤使用容疑、元警官を追送検へ 大麻所持も(27日)朝日

 兵庫県警川西署の元巡査部長、藤谷龍一郎容疑者(53)=大阪市北区懲戒免職=が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕、起訴された事件で、大阪府警は27日、同法違反(使用)と大麻取締法違反(所持)の疑いで追送検する。捜査関係者が明らかにした。
 捜査関係者によると藤谷容疑者は昨年12月、自宅で覚醒剤を使用し、乾燥大麻を所持した疑いがある。知人の男が「覚醒剤を打ってもらった」と供述し、藤谷容疑者が浮上した。
http://www.asahi.com/articles/ASK1W3RP6K1WPTIL00J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

対馬の親子死亡、放火容疑で自営業の男を逮捕(27日)読売

長崎県対馬市で昨年12月、漁業古川

敬氏

けいし

さん(当時65歳)方が全焼し、焼け跡から古川さんと、次女で市営診療所職員の聖子さん(当時32歳)の遺体が見つかった事件で、県警は27日、同市美津島町鴨居瀬、自営業須川

泰伸

ひろのぶ

容疑者(38)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。
 県警は認否を明らかにしていない。
 発表によると、須川容疑者は昨年12月7日午前7時半頃、同市豊玉町曽の古川さん方に放火し、木造2階建て住宅約290平方メートルを全焼させた疑い。
 古川さんの遺体は屋外の通路、聖子さんは屋内で発見され、ともに頭部を骨折するなど複数の外傷を負っていた。いずれも煙を吸った形跡はなく、県警は2人が殺害された後に家屋が放火されたと判断。放火、殺人容疑で捜査を進めていた。

(ここまで339文字 / 残り253文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170127-OYT1T50118.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

山林に男性遺体 家族が捜索願 事件に巻き込まれたか 茨城 龍ケ崎(27日)NHK

茨城県龍ケ崎市の山林で、遺体で見つかった男性について、家族が「今月中旬ごろから連絡がつかなくなっている」と捜索願を出して、行方を捜していたことが警察への取材でわかりました。警察は現場の状況などから、事件に巻き込まれた可能性もあると見て、調べています。
 25日午前11時すぎ、茨城県龍ケ崎市羽原町の山林の道路脇で、市内に住む職業不詳、山田秀明さん(29)が倒れて死亡しているのが見つかりました。
 山田さんは白い布にくるまれていて、その上に落ち葉や木の枝が置かれているのを、近くを通りかかった人が目撃していたということです。
 山田さんについては、母親が「今月中旬ごろから連絡がつかなくなっている」と、遺体で見つかる2日前の今月23日に竜ケ崎警察署に捜索願を出して行方を捜していたことが警察への取材でわかりました。
 警察は現場の状況などから、事件に巻き込まれた可能性もあると見て、死因の特定を急ぐなど、詳しく調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010854961000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

分裂山口組、先行き不穏 山一抗争と異なる様相(27日)共同

山口組分裂に伴い、1985年に始まった「山一抗争」。その発端となった山口組4代目組長射殺事件の発生から26日で32年となった。当時は市街地でも発砲が相次ぎ、終結までの約2年間に一般市民を含め95人が死傷した。一方、2015年8月の分裂は双方のにらみ合いが続く中、別の暴力団の内紛にも“飛び火”するなど、かつてとは異なる様相を見せる。
 今月11日、指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)、神戸山口組(本拠地・淡路市)の双方が、京都市の指定暴力団会津小鉄会本部でにらみ合った。背景には同会の路線対立があったとされる。
 関係者によると、会津小鉄会は分裂前から山口組と近い関係にあったが、トップだった会長は神戸山口組に接近。どちらとの関係を重視するかで組織が割れ、そこへ山口組、神戸山口組が影響力維持を狙って押し掛けたという。
 二つの山口組が「代理戦争」を起こしかねないとの見方もあり、県警は警戒を強める。
 他団体の動向にまで影響を及ぼすのは、山口組と神戸山口組が分裂後も一定の勢力を保っているからだ。「この点も32年前とは決定的に異なる」と捜査員は言う。
 山一抗争では離脱派の一和会が切り崩され、組員を急激に減らした。だが今回、離脱した神戸山口組は分裂の一因とされる多額の上納金負担を軽減し、組を象徴する紋章である「代紋」も変更せず“本流”を主張。直系組長は当初の13人から25人に増え、勢力範囲は36都道府県、構成員は約2700人(昨年3月時点)を数える。
 一方、山口組は直系組長を73人から54人に減らしたが、勢力範囲は44都道府県、構成員は約5700人(同)と国内最大規模を維持する。
 最終的に山一抗争は別の暴力団トップが仲裁に入ったことで収拾に向かったが、「今、二つの山口組に中立的な立場から、きちんと物を言える人物はいない」と捜査員。分裂の先行きが見通せない理由は、ここにもある。
詳細は以下をクリックdownwardleft
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201701/0009863697.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き繰り返したか、窃盗容疑でベトナム国籍の3人逮捕(27日)TBS

東京都内のドラッグストアで化粧品などの万引きを繰り返したとして、ベトナム国籍の男3人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのはいずれもベトナム国籍で自称・留学生のグエン ホン ヒエプ容疑者(20)ら3人です。グエン容疑者らは去年11月と先月、中野区と練馬区のドラッグストアで口紅などの化粧品合わせて220点、21万円相当を盗んだ疑いなどが持たれています。
 取り調べに対し、グエン容疑者らは容疑を否認していますが、警視庁は余罪があるとみて詳しく調べています。2014年以降、都内で発生した万引きで逮捕されたベトナム国籍の容疑者はおよそ740人と外国人で最も多く、警視庁が警戒を強めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2969882.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人になりすましクレカ作成 1000万円近く買い物か(27日)テレビ朝日

知人の女性になりすましてクレジットカードを作ったとして、26歳の男が逮捕されました。男はそのカードで1000万円近く買い物をしていたということです。
 自称・会社役員の吉成俊哉容疑者は去年4月、知人の女性(20代)の運転免許証を使ってカードを作り、カード会社からクレジットカード1枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、吉成容疑者は女性に数万円を渡して免許証の名義を借りていました。作ったカードで仮想通貨など1000万円近くの買い物をしていたということです。取り調べに対し、吉成容疑者は「だまし取ったわけではない」と容疑を否認しています。警視庁は仮想通貨などを現金に換えようとしていたとみて余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093048.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「この世にいられないぞ」組長の男 知人男性を脅す(27日)テレビ朝日

千葉県市川市で、暴力団と縁を切ろうとした30代の男性を「逃げたらこの世にいられないぞ」と脅したとして組長の男が逮捕されました。
 指定暴力団稲川会系の組長・今川栄次容疑者(58)は先月18日、組が関係する市川市の飲食店で、知人の30代の男性を「俺から逃げたらもうこの世にいられないぞ」などと脅した疑いが持たれています。警察によりますと、男性は十数年前に今川容疑者と知り合い、組事務所の手伝いなどをしていました。結婚などをきっかけに男性が組との関係を断ち切ろうと飲食店に話にいったところ、今川容疑者ら数人に取り囲まれたということです。取り調べに対し、今川容疑者は容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093049.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察と郵便局 被害防止へ連携(27日)NHK京都

特殊詐欺の被害を防ごうと、亀岡市で、地元の警察と郵便局が連携して啓発活動に取り組むことになり、26日、出発式が行われました。
亀岡市の亀岡郵便局で行われた出発式には、警察官と郵便局員、あわせておよそ30人が集まりました。
はじめに、亀岡警察署の附田芳久署長が、「亀岡市でも特殊詐欺の疑いのある電話が相次いでいるので、水際で防ぐために協力してもらいたい」とあいさつしました。
このあと、附田署長から亀岡郵便局の岡本功局長に「特殊詐欺の被害急増!かかるなサギ」などと書かれた特製のステッカーが手渡されました。
そして、郵便局員たちが、ステッカーを貼った車やミニバイクで一斉に配達に出発しました。
警察によりますと、去年1年間に府内で確認された特殊詐欺の被害は166件で、被害額は7億4000万円余りにのぼり、依然として歯止めのかからない状況が続いているということです。
亀岡郵便局の岡本局長は、「地域の隅々まで回る郵便局の力で、被害を1件でも減らせるよう役立ちたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/2013278351.html?t=1485473799587

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】無修正AV「カリビアンコム」で配信会社摘発 海外発の“合法主張”は通るのか(27日)産経

またもアダルトビデオ(AV)業界に激震が走った。有名女優らも出演する大手無修正動画サイト「カリビアンコム」に、映像を提供していた制作会社が摘発されたのだ。米国内から発信していることを理由に、自ら「合法」を全面に押していたカリビアン。今回の事件で警察当局は、カリビアンを制作会社の「共犯」と認定。既にICPO(国際刑事警察機構)を通じ、米捜査当局に捜査協力を依頼している。果たして「合法的な無修正配信」の主張は成り立つのか-。
 「両社一体の関係」

 「カリビアンコムというサイトは知りません」
 警視庁と愛知、静岡両県警の合同捜査本部に、わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で逮捕されたAV制作会社「ピエロ」の女社長、陳美里容疑者(67)=台湾出身=は逮捕時、こうとぼけてみせたという。
 捜査関係者によると、女社長は夫や息子など親族でピエロを運営。撮影した映像のほとんどがカリビアンで配信されており、「カリビアンのための会社」と言って矛盾のない状態だった。自社のホームページでもAVを販売してはいたが、実態をごまかすためのカムフラージュだったとみられる。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

テロ・災害対策の協定結ぶ 警視庁と足立区(27日)テレビ朝日

警視庁と東京・足立区がテロや災害時の対応について連携する協定を締結しました。
 26日午後、足立区で協定の締結式が行われ、足立区長と警視庁の警備部長が覚書を手交しました。警視庁によりますと、4月から区内の警察署に警視庁のOB職員による「危機管理アドバイザー」を配置し、民間企業に対して防犯カメラの設置など警備についての助言を行います。足立区は助言に基づいて、企業にかかる費用の一部を負担します。また、非常時に限り、区が屋外に設置している70台の防犯カメラなどの映像を共有するということです。警視庁は東京オリンピック・パラリンピックに向けて、他の自治体とも同様の協定の締結を進めていきたいとしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000093027.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

うその電話かけ現金詐取しようとした疑い、男ら4人逮捕(27日)TBS

息子になりまして79歳の女性にうその電話をかけ現金をだまし取ろうとしたとして、職業不詳の男ら4人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、住居不詳、自称・堀哲弥容疑者(自称34)ら男4人です。
 堀容疑者らは、今月、東京・板橋区のマンションの一室で79歳の女性に対して、女性の息子を装い「会社にお金を至急返さなければならない」とうその電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。堀容疑者は主犯格とみられ、容疑を否認しています。
 アジトとみられるマンションの一室から、学校の同窓会など数千人分の名簿や数十人分の被害を伺わせるメモなどが見つかったということで、警視庁は余罪についても調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2969538.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

校内で同僚女性に暴行、傷害の疑いで公立小学校講師を逮捕(27日)TBS

福岡県志免町の公立小学校に勤務する講師の男が、校内で同僚の女性に暴行し、けがをさせたとして逮捕されました。男は容疑を認めているということです。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡県志免町の志免中央小学校の講師・三木秀治容疑者(38)です。三木容疑者は今月12日の夜、学校内で同僚の20代の女性に向かって、「ボコボコにしないと分からんのか」と暴言を吐いたうえ、転倒させるなどの暴行を加えた疑いが持たれています。
 女性は手の指をねんざするけがをしました。数日後に、女性が警察署に相談して、事件が発覚しました。
 取り調べに対し三木容疑者は、容疑を認めているということで、警察が事件のいきさつを調べています。
 志免町教育委員会は、「誠に遺憾。再発防止を徹底する」とコメントしています。(27日04:05)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2969584.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

録音・録画で作文調書発覚、長崎 県警、傷害致死事件で自白強要も(27日)共同

長崎県大村市で昨年1月に起きた母親傷害致死事件の捜査で、長崎県警が逮捕した男性(53)に自白を強要したり、否定した内容を一方的に調書に記載したりするなど違法性が疑われる取り調べをしていたことが26日、分かった。男性の訴えに基づき、長崎地検が取り調べの様子を録音・録画した映像を確認して発覚。地検は、県警の捜査幹部に適正化を要請し、取調官は担当から外れた。
 取り調べの録音・録画(可視化)が違法捜査の歯止めになった形。裁判員裁判事件など対象を限定して義務付けられる可視化の運用拡大を求める議論に影響しそうだ。
https://this.kiji.is/197349644348751880?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

違反は教諭ら、所沢シティマラソンで代理出走 市教委が処分…校長も(27日)共同

昨年12月に開かれた第27回所沢シティマラソン大会(所沢市など主催)で代理出走やコースの近道があった問題で、違反した3人のうち2人が飯能市立小中学校の教諭だったことが分かった。飯能市教委は25日に臨時の校長会を開き、今井直己教育長が職員倫理の徹底を促した。
 市教委は教諭2人と、一緒に大会に参加していた市内の中学校の男性校長の計3人を23日付で口頭の厳重注意処分とした。
 市教委によると、市内の小学校の女性教諭はハーフ女子39歳以下の部(約21キロ)にエントリーしたが、1週間ほど前に足を負傷。5キロ男子39歳以下の部にエントリーしていた中学校の男性教諭と入れ替わり出場した。男性教諭は2位に入賞した。女性教諭は市教委に「直前にけがをして、(男性教諭がエントリーした)5キロなら走れると思った」と説明しているという。
 3人は教諭仲間らでつくるマラソンサークルに所属し、教諭2人は以前、同じ中学校に勤務していた。校長は男性教諭と同じ職場で代理出走を知ったのは競技後とされるが、監督上の注意義務責任が問われた。
 もう1人の違反者はハーフ男子60歳以上の部に出場し1位となった男性で、一部コースを近道していた。                                              
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/01/27/02.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際窃盗団ピンクパンダのメンバーか 新たに2人逮捕(27日)NHK

高額なダイヤの指輪を商談会場から盗んだとして、国際窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーと見られる中国人3人が、今週、逮捕された事件で、さらに同じグループと見られる中国人2人も、商談会場で高額な指輪を盗んだとして逮捕されていたことが、警視庁への取材で新たにわかりました。調べに対して2人は容疑を否認しているということです。
 国際窃盗団「ピンクパンダ」をめぐっては、メンバーと見られる陽満湾容疑者(47)ら中国人の男女3人が、去年1月、江東区の東京ビッグサイトで開かれた国内最大級の宝飾品の商談会場で280万円相当のダイヤの指輪を盗んだとして、今週、警視庁に逮捕されています。
 3人は、23日から去年と同じ会場で開催されたことしの商談会に現れたところを、警戒中の警察官が見つけ、逮捕されましたが、この会場では、「ピンクパンダ」のメンバーと見られる陽闖開容疑者(52)ら別の中国人2人も、およそ300万円相当の指輪を盗んだとして逮捕されていたことが、警視庁への取材で新たにわかりました。
 警視庁は、これまでヨーロッパを中心に盗みを繰り返してきた「ピンクパンダ」が、日本もターゲットにしていると見て、実態解明を進める方針です。
 警視庁によりますと、調べに対し、逮捕された2人は容疑を否認しているということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010854411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部補、チケット転売の副業で100万円…処分(27日)読売

大阪府警和泉署の男性警部補(50歳代)が、有名アーティストのコンサートチケットなどをインターネットオークションで転売して利ざやを稼ぐ副業を無許可で行ったとして本部長注意(昨年12月16日付)の内部処分を受けていたことが、府警への取材でわかった。
 7年間で少なくとも約100万円の利益があり、小遣い稼ぎが目的だったという。
 府警監察室によると、警部補は2009~16年、「三代目J Soul Brothers」などのチケットをファンクラブに加入するなどして入手し、ネットオークションに約800回出品して販売。副業には府警本部長の許可が必要だが、家業など以外は原則、認められず、警部補も許可を得ていなかった。
 また、府警泉大津署の男性巡査部長(40歳代)ら16人が11~15年、夏の全国高校野球大会の優勝校を予想する賭博行為をしたとして、本部長注意などを受けたことも判明した。昨年2月17日付。1人2000円を賭けており、「少額なので賭博罪に当たらないと思った」と話したという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170126-OYT1T50123.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月26日 | トップページ | 2017年1月28日 »