« 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月23日 »

2017年1月22日

2017年1月22日 (日)

五輪反対デモ中に警察官に暴行 容疑で男逮捕 警視庁(22日)産経

東京五輪・パラリンピック開催に反対するデモ行進中に警察官に暴行したとして、警視庁公安部は22日、公務執行妨害容疑で、氏名不詳の30代ぐらいの男を現行犯逮捕した。黙秘しているという。
 公安部によると、この日は正午過ぎから、約80人が参加して、東京都渋谷区の原宿駅周辺で東京五輪・パラリンピックの開催に反対するデモ行進が行われていた。
 逮捕容疑は、22日午後0時35分ごろ、港区北青山の表参道交差点で、警備をしていた警視庁赤坂署警備課の男性巡査長(38)に対して暴行を加えたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170122/afr1701220011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ライフル誤射、女性宅の窓に穴あきベッドに実弾(22日)読売

 21日夜、徳島市国府町の徳島県営団地の住宅棟1階に住む60歳代の女性から「パンと音がして、寝室の窓ガラスに穴が開いた」と110番があった。
 寝室のベッドの上に実弾1発が落ちており、県警徳島西署の捜査で、近くの60歳代の男が狩猟用ライフル銃を誤って発射させていたことが判明。けが人はなかったが、同署は、男が銃を不適切に取り扱ったとして銃刀法違反容疑で書類送検する方針。
 発表では、女性は一人暮らしで、当時、寝室の隣の居間で食事中だった。男は同日午後7時50分頃、狩猟目的で所持の許可を得ているライフル銃に、使用時以外には禁じられている実弾の

装填

そうてん

を行った疑いがある。
 同署は当初、発砲事件として調べていたが、22日になって、男による誤射がわかった。男は調べに、「弾を込める操作をしていたら暴発した」などと説明しているという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170122-OYT1T50069.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

GPS使った捜査 千葉県警が裁判所の令状取り実施(22日)NHK

 容疑者の車などに、裁判所の令状を取らずにGPS端末を取り付ける、警察の捜査が違法かどうかをめぐり、最高裁判所が審理を進める中、千葉県警察本部が初めて令状を取り捜査を行ったことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察庁は個別の事案についてのコメントは差し控えるとしたうえで、「立証に万全を期すうえでの1つの手段だと考えている」としています。
 容疑者の車などに裁判所の令状を取らずに、GPS端末を取り付けて行動を把握する、警察の捜査手法をめぐっては、違法かどうかを争う裁判が全国で相次いでいます。
 各地の判決では、「任意捜査の範囲内だ」とする判断と、「プライバシー侵害の危険があり、令状が必要な強制捜査に当たる」などとする判断に分かれていて、最高裁判所は15人の裁判官全員による大法廷で審理を進めています。
 こうした中、去年、千葉県警察本部が、自動車盗の事件の捜査で、全国で初めて裁判所の令状を取り、事件に関わっていると見られる人物が使っていた車にGPS端末を取り付けて捜査を行ったことが、捜査関係者への取材でわかりました。
 令状を申請する際、千葉県警は、捜査に一定の見通しがついた段階で、本人に対してGPS端末の使用を伝えることや、端末を取り付ける際、私有地に無断で立ち入らないなど、第三者の権利を侵害しないことを条件に申請し、令状を取ったということです。
 捜査関係者によりますと、同様の事件の裁判で令状を取らなかったことを違法だとして、証拠として採用しなかったケースもあったことから、捜査が適正に行われていることを示す目的があるほか、容疑者側が不服を申し立てる機会を確保する狙いなどもあるということです。
 警察庁は「個別の事案についてのコメントは差し控えるが、GPS端末を使った捜査は尾行の補助手段で令状がいらない任意の捜査だという立場に変わりはなく、令状を取ることは立証に万全を期すうえでの1つの手段だと考えている」としています。

運用要領 「尾行困難で特に必要がある場合」

警察庁によりますと、GPS端末を使った捜査は尾行の補助的な手段という位置づけで、警察庁は平成18年、裁判所の令状がいらない任意の捜査だとしたうえで、捜査員の尾行が困難で、捜査上特に必要がある場合に使うことができるとした運用の要領を、全国の警察に通知しています。
また要領では、GPS端末を使った捜査を行う場合には、事前に捜査を担当する警察本部の課長の承認を得たうえで、捜査員は毎日、運用状況を上司に報告し、必要がなくなった時は直ちにやめるとしています。
 捜査関係者によりますと、GPS端末を使った捜査は、一般的に事件に関わっていると見られる人物が使う車などに発信器を取り付け、警察は車の位置情報を基に行動を把握するもので、車で広範囲に移動する場合がある窃盗事件などの捜査で行われているということです。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010849011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生人質に立てこもり、広島 けがなし、刃物男を逮捕(22日)共同

22日午後、広島県廿日市市の商業施設「ゆめタウン廿日市」3階の書店で、刃物を持った男が女子高校生を人質に立てこもった。県警は銃刀法違反などの疑いで、男を現行犯逮捕した。高校生にけがはなかった。
 店側は買い物客を避難させるなど、周囲は一時騒然となった。現場は廿日市市役所の南東約500メートル。
https://this.kiji.is/195851019613193722?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会幹部ら12人の逮捕受け関係先を家宅捜索(22日)TBS

特定危険指定暴力団・工藤会の関係先を家宅捜索です。
 捜索は、福岡県北九州市で2011年、建設会社役員の内納敏博さん(当時72)を射殺したとして、先週、組幹部ら12人が逮捕された事件を受けて実施されました。
 内納さんは当時、建設業団体の役員も務めていて、警察は、暴力団排除を進める建設業界への見せしめのための組織的な犯行とみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2965593.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山の石油工場で火災 1281世帯に避難指示(22日)テレビ朝日

和歌山県有田市の東燃ゼネラルの石油工場で、火災が発生しています。
 有田市によりますと、22日午後5時20分ごろ、初島地区の1281世帯2986人に避難指示を出したということです。現在も激しい炎と黒煙が上がっていて、消火活動が続けられています。けが人などの情報はありません。現場はJR初島駅から1キロくらいの場所で、住宅街に隣接しています。有田市では21日午前中から乾燥注意報が継続しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092677.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル) 
恐ろしいなぁ~
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012507

 なんで、こんに出回っているのか?
 真正拳銃16丁と模造拳銃2丁を持っていた神戸市に住む57歳の男が警視庁に逮捕され、さらに愛媛県に住む63歳の男は、殺傷能力がある模造拳銃など14丁を持っていたとして警察に逮捕された。警視庁押収の16丁は、真正拳銃の一度の押収量としては過去5年で最多だという。
 神戸市の男の逮捕は昨年4月にネットでペンシル型拳銃が売買されているのを警察官が発見し購入者を追跡していて浮上。このほど家宅捜索して大量所持が分かった。
 一方、愛媛の男は模造拳銃をネットのオークションに出品しているのを捜査員が見つけ、自宅を捜索し、拳銃などを発見した。
 警察庁によると平成28年上半期の拳銃の押収量は139丁で前年同期より62丁少ない。その27年の年間押収量は383丁。平成8年は1549丁も押収されたが12年は922丁と3桁に減少しており、年々減少傾向にある訳は、出回っている拳銃の量が全体的に少ないからか?捜査が難しくなっているからか?「どっちも!」と返事が返ってくるようだ。
 どんな拳銃が出回っているのか?平成27年の年間押収品ではアメリカのS&Wが最も多く35丁。このほかフィリピンのブローニング19丁、中国のトカレフ9丁、ロシアのマカロフ6丁などで、製造国別でみるとこのほかドイツ製が13丁もあった。
 今回、ネット販売が端緒になっているが27年のネット押収量は58丁で全押収量の6分の1に過ぎない。
 特に、近年は暴力団員が銃を隠すため一般人に預けるという話しもでているが、所詮、それは暴力団の所有拳銃だ。危険なのは今回のようにネットで簡単に購入できることから一般人が簡単に入手できることで、それがどれだけ浸透しているのかと思うと背筋が凍る。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

建設会社会長殺害事件 工藤会の組織的関与も捜査へ(22日)NHK

6年前、北九州市で建設会社の会長が拳銃で撃たれて殺害され、特定危険指定暴力団、工藤会の幹部が殺人などの疑いで逮捕された事件で、警察は22日、容疑を裏付けるため、工藤会の実質的な本部と見られる暴力団事務所を捜索しました。警察は今後、工藤会の組織的な関与についても捜査する方針です。
 平成23年11月、北九州市小倉北区で建設会社の会長だった内納敏博さん(当時72)がオートバイに乗った2人組に拳銃で撃たれて殺害され、警察は今月19日、工藤会幹部の瓜田太容疑者(53)ら12人を殺人などの疑いで逮捕しました。
 警察は22日、容疑を裏付けるため、工藤会の実質的な本部と見られる北九州市の暴力団事務所を捜索しました。
 これまでの警察の調べによりますと、殺害された内納さんは大手建設会社の下請け工事を取りしきる立場にあり、事件の前に、暴力団に利益供与をしないよう業界関係者に呼びかけていました。
 捜査関係者によりますと、瓜田容疑者はこの事件のあと、工藤会の中での地位を上げ、「理事長補佐」という役職に昇格していたということです。
警察は今後、工藤会の組織的な関与についても捜査する方針です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848641000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

徳島の団地で発砲か、ガラスに穴 女性宅、けが人なし(22日)共同

21日午後7時50分ごろ、徳島市国府町竜王の徳島県営竜王西団地の一室で、住人の女性から「パスンという音がして窓ガラスに穴が開いている」と110番があった。県警は部屋のガラス2枚やベランダの物干しざおに穴や傷があるのを確認し、実弾とみられる1発を寝室で発見した。けが人はなかった。
 県警は発砲事件とみて器物損壊などの疑いで捜査、鑑定などを進める。女性に関するトラブルの情報は把握していないとしている。
https://this.kiji.is/195759920197600759?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬でガソリンスタンド強盗、店員の手足縛り“54万円”奪い逃走(22日)TBS

22日未明、群馬県伊勢崎市のガソリンスタンドに男が押し入り、店員の手足を縛った上、現金およそ54万円などを奪って逃走しました。
 午前1時半すぎ、伊勢崎市太田町のガソリンスタンドの事務所に男が押し入り、男性店員(25)に果物ナイフのようなものを突きつけ、「金を出せ」と脅しました。男は店員の手足を粘着テープで縛り、売上金およそ54万円とタバコおよそ5カートンを奪って逃走しました。店員にけがはありませんでした。
 男は10代から20代くらいで、身長170センチほど、金髪だったということで、警察が行方を追っています。(22日10:36)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2965389.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

走行中のポンプ車から転落、消防団員が重体 千葉・市原(22日)TBS

22日午前、千葉県市原市で走行中の消防ポンプ車から消防団員の男性が転落する事故がありました。男性は意識不明の重体です。
 午前9時すぎ、市原市深城の路上で、「消防団員の男性(30代)が走行中のポンプ車から転落した」と、乗車していた別の団員から119番通報がありました。警察などが駆けつけ、男性は病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて、意識不明の重体です。
 事故当時、ポンプ車には6人が乗車していて、転落した男性は車両後方のステップに立って乗っていたということです。
 団員らは、市原市にある姉崎支団に所属していて、貯水タンクを囲うフェンスを補修しに行く途中でした。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2965391.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無人のベビーカーが線路に転落し電車と接触 けが人なし(22日)フジテレビ

神奈川・三浦市の京急線三浦海岸駅で21日、無人のベビーカーがホームから転落し、電車と接触した。
21日午後1時半すぎ、三浦海岸駅のホームで、2人の子どもといた30代の母親がベビーカーから手を離した際、無人のベビーカーが風にあおられ、線路に転落した。
直後に電車が進入し、ベビーカーと接触したが、けが人はいなかった。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00347705.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【サンパウロ邦人殺害】2容疑者を拘束 現地公安局 犯行に使用の銃と一致 (22日)産経

ブラジルの最大都市サンパウロで工具メーカー「オーエスジー」(愛知県豊川市)の駐在員、本間裕さん(42)が殺害された事件で、サンパウロ州公安局は21日、容疑者の男2人を拘束したことを明らかにした。
 容疑者らが持っていた銃を鑑定した結果、本間さんの事件で使われたのと同一と断定した。捜査当局は、犯行に使われたとみられるバイクも押収した。
 警察などによると、事件は16日午後2時(日本時間17日午前1時)ごろ発生。本間さんが金融機関を出て車に乗っていた際、バイクでつけてきた2人組に窓を開けるよう求められ、拒否すると、銃で撃たれた。
 2人組は逃走。現金や携帯電話、パソコンなどが車内に残されたままだったという。
 オーエスジーによると、本間さんは神奈川県出身で、昨年3月からサンパウロの子会社で勤務していた。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/170121/afr1701210018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川・愛川町のJA 背任容疑で元幹部ら5人逮捕(22日)テレビ朝日

神奈川県愛川町のJAで、規則に違反して融資を行って損害を与えたとして、元幹部と融資先の元会社社長ら合わせて5人が逮捕されました。
 JA県央愛川の元常務理事・小林義和容疑者(66)らは、元建設会社社長の船橋定容疑者(72)と息子の船橋竜也容疑者(43)らが過去の融資で2億5000万円の焦げ付きを出していたことを知りながら、2012年に融資を行ってJAに645万円の損害を与えた背任の疑いが持たれています。警察によりますと、船橋容疑者らは融資を受ける際に担保とした土地の値段を高く偽っていました。5人のうち一部は容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092650.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

消防車同士が交差点で衝突 火災現場に緊急走行中(22日)テレビ朝日

千葉県習志野市の交差点で緊急走行中の消防車同士が衝突し、消防団員6人がけがをしました。
 警察によりますと、21日午後11時半ごろ、習志野市内で発生したマンション火災の現場に向かうため、緊急走行していた消防車が交差点で右折してきた別の消防車と衝突したということです。はずみで1台は街路樹にぶつかり、もう1台はマンションに突っ込みました。この事故で、2台の消防車に乗っていた消防団員8人のうち6人がけがをしました。運転していた消防団員(37)は「現場に急いでいたため、安全確認を怠った」と話しています。マンション火災の火は他の17台の消防車で消し止められ、けが人はいませんでした。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092657.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ラブホテルで女子高生殺害、愛知 24歳会社員を逮捕(22日)共同

21日午後1時半ごろ、愛知県武豊町一号地のラブホテルの客室で、女子高生がベッドで倒れているのを従業員が見つけ119番した。病院に搬送されたが、間もなく死亡。駆け付けた警察官に、ホテルの屋上にいた同県大府市長草町、会社員上野太樹容疑者(24)が殺害を認めたため、半田署は殺人容疑で逮捕した。2人は交際していたとみられ、同署が経緯を調べている。
 同署によると、殺害されたのは名古屋市天白区、私立高校生本多美月さん(18)。本多さんには首にひもで絞められたような痕があった。あおむけの状態で横たわっていた。20日夕に上野容疑者と2人でチェックインしたという。
https://this.kiji.is/195495683647014395?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

避難した中学生にいじめ 作文で訴えも教師が見過ごす(22日)NHK

原発事故で福島県から新潟県に避難してきた中学1年の女子生徒が、名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれるいじめを受けたとして、学校を休んでいる問題で、女子生徒は作文でいじめを訴えていたにもかかわらず、担当の教師が見過ごしていたことがわかりました。
 この問題は、原発事故のあと福島県から新潟県に避難してきた中学1年の女子生徒が、複数の生徒から自分のいないところで、名前にばい菌の「菌」をつけて呼ばれるいじめを受け、ことしに入って学校を休んでいるものです。
 地元の教育委員会が21日に記者会見し、生徒は1学期に書いた作文の中で、「いじめを受け、今も続いている」と訴えていたにもかかわらず、担当の教師が小学校の時のいじめのことだと思い見過ごしていたことを明らかにしました。
 また、いじめた生徒たちのほとんどは、女子生徒が福島からの避難者だとは知らず、すでに謝罪したということですが、女子生徒は体調を崩し、まだ登校できる状態ではないということです。
 一方、学校は21日夜、緊急の保護者会を開き、学校の対応に問題があったとして謝罪したうえで、女子生徒が安心して登校できるよう万全を期す考えを伝えました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848421000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

「長女との面会拒否1回100万円」夫に命令(22日)読売

別居中の長女(13)との面会交流が裁判で認められたのに夫が応じないとして、外国籍の妻が1回の拒否につき100万円の支払いを夫に命じるよう求めた間接強制の申し立てについて、東京家裁(棚橋哲夫裁判官)が申し立て通りの決定をしていたことがわかった。
 妻側代理人の棚瀬孝雄弁護士によると、面会拒否を巡る間接強制で認められる金額は通常、拒否1回につき5万~10万円程度で異例の高額だという。
 昨年10月4日付の決定などによると、50歳代の夫と40歳代の妻は2011年に別居。長女は当初、妻と同居したが、現在は夫と暮らしている。妻が面会交流を求めて申し立てた審判では、同家裁が15年12月、「長女が連れ去られるおそれがある」などとした夫側の主張を退け、月1回5時間の面会を認めた。しかし、夫は面会に応じず、妻が昨年7月、間接強制を申し立てた。
 棚橋裁判官は決定で「夫は既に退けられた主張を繰り返し、任意で面会に応じることは期待できない」と指摘。棚瀬弁護士によると、夫側は決定を不服として東京高裁に抗告した一方、面会には応じ、妻と長女は昨年11月に会ったという。             

| コメント (0) | トラックバック (0)

内妻の遺体を自宅に放置容疑 「蹴ったら冷たくなった」(22日)朝日

大阪府警は21日、大阪市旭区高殿2丁目の会社員、森野一人(かずひと)容疑者(52)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。17日夜、内妻の浜西久美子さん(59)の遺体を自宅マンションに放置した疑いがあるといい、調べに対して「酒を飲んで口論になった」「頭を蹴ったら冷たくなり、怖くてほったらかした」と供述。府警は司法解剖して詳しい死因を調べるとしている。
 旭署によると、21日に森野容疑者から電話で自殺をほのめかされた徳島県内の母親が同署に相談。容疑者宅を訪れた署員が浜西さんの遺体を見つけた。浜西さんは昨年10月に「(森野容疑者から)暴力を受けている」と同署に告げたが、被害届は出されなかった。翌月、暴力を再び受けていないか同署が電話で確認し、将来的に何かあれば連絡するよう伝えていたという。
http://www.asahi.com/articles/ASK1P7HD9K1PPTIL011.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・心斎橋で車暴走、パトカーに衝突 買い物客ら騒然(22日)朝日

 21日午後8時20分ごろ、大阪市中央区心斎橋筋1丁目にある「大丸心斎橋店」本館の南側路上に止まっていた乗用車に対し、職務質問をするために警察官がパトカーで近づいた。車はバックで急発進し、一方通行の道路を西から東へ数十メートル逆走。「心斎橋筋商店街」を横切った後、別のパトカーと衝突して止まった。周辺には多くの買い物客らがいて一時騒然となったが、警察官も含めて負傷者は出なかった。
 南署によると、逃げた乗用車はひったくり事件の捜査対象だったという。同署は車に乗っていた自営業の男(21)=大阪市阿倍野区=ら2人を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕。男は調べに対して「今までいろいろ悪いことをしてきたので反射的に逃げた」と供述しているという。
http://www.asahi.com/articles/ASK1P71Y3K1PPTIL00V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月23日 »