« 2017年1月18日 | トップページ | 2017年1月20日 »

2017年1月19日

2017年1月19日 (木)

両陛下 皇宮警察130周年武道大会を観戦(19日)NHK

皇室の護衛などにあたる皇宮警察本部の創立130周年を記念する武道大会が19日皇居で開かれ、天皇皇后両陛下が試合を観戦されました。
 両陛下は午後3時半すぎ、皇居の中にある皇宮警察本部の武道場に足を運ばれました。
 大会は、明治19年に皇宮警察本部の前身の「皇宮警察署」が創設されて、去年で130周年を迎えたのを記念して開かれたもので、両陛下は、はじめに弓道の個人競技で護衛官たちが次々に的を射止める様子をご覧になりました。
続いて柔道と剣道の試合も観戦されました。
 19日は、皇宮警察本部の護衛官のほか、両陛下や皇族方の静養に使われる「御用邸」を管轄する神奈川、栃木、静岡の警察本部からも選手が招かれ、熱のこもった試合に、両陛下は盛んに拍手を送られていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845371000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

墨田区の路上で女子大学生の頭を殴り5000円“奪う”(19日)テレビ朝日

東京・墨田区の路上で、女子大生(21)の頭を殴り、現金などを奪ったとして28歳の男が逮捕されました。
 住所不定・無職の山崎真治容疑者は先月12日午前1時ごろ、墨田区の路上で、帰宅中の女子大生の頭を素手で数回殴り、現金約5000円の入ったバッグなどを奪った疑いが持たれています。女子大生はバッグを奪われた際に転倒し、腕などに軽いけがをしました。警視庁が事件後、現場付近の防犯カメラを解析したところ、女子大生の後ろをつけて歩く山崎容疑者の姿が映っていたということです。取り調べに対し、山崎容疑者は「ネットカフェを転々としていて、生活費がなかった」などと容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092495.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

カンボジア国籍の女性をホステスとして違法に働かせた疑い 3人逮捕(19日)TBS

群馬県の伊香保温泉にある風俗店でカンボジア国籍の女性7人をホステスとして違法に働かせたとして、経営者の男ら3人が逮捕されました。
 逮捕されたのは、群馬県渋川市の風俗店経営者、渡邊久雄容疑者(44)ら3人で、去年11月からおよそ1か月間、伊香保温泉にある風俗店で、就労資格のないカンボジア国籍の女性7人をホステスとして違法に働かせた疑いがもたれています。
 女性7人はカンボジアで渡邊容疑者らからレストランでの仕事を紹介され、来日しましたが、実際には風俗店での仕事を強制されたため、東京にあるカンボジア大使館に通報。カンボジア外務省は、大使館が日本の当局と協力して7人を救出したとしていて、その過程で渡邊容疑者らの存在が浮上しました。
 取り調べに対し、渡邊容疑者は容疑を大筋で認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2963454.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妹らも「殺そうと思った」 元名古屋大生、被告人質問で(19日)共同

2014年に名古屋市で高齢女性が殺害され、12年に仙台市で高校生2人が劇物の硫酸タリウムを飲まされた事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた名古屋大の元女子学生(21)は19日、名古屋地裁の裁判員裁判公判で、妹や大学時代の友人2人も「殺そうと思ったことがある」と述べた。
 元女子学生は殺人罪についての被告人質問で「人を殺さずにはいられない衝動が起こることがあった」と供述。殺人が法律に触れると分かってはいたが、相手や家族のことは考えなかったとした。一方で遺族の思いを「理解して反省につなげないといけない」とも話した。
https://this.kiji.is/194759828145913862?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城 龍ケ崎の女性殺害で少年を起訴(19日)NHK

去年、茨城県龍ケ崎市で、フィッシュピックと呼ばれる鋭利な道具で女性を殺害し遺体を遺棄したとして、逮捕された17歳の少年について、水戸地方検察庁は、殺人と死体遺棄の罪で起訴しました。
 起訴されたのは、茨城県つくば市に住む当時、高校2年生の17歳の少年です。
 水戸地方検察庁によりますと、去年6月末、少年は、茨城県つくばみらい市の路上で牛久市の進士康子さん(42)をフィッシュピックと呼ばれる魚釣り用の鋭利な道具で殺害し、龍ケ崎市の川に遺体を遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われています。検察は、少年の認否について明らかにしていません。
 19日起訴された少年は、水戸家庭裁判所の審判で「犯行は残忍で非常に悪質であり、刑事処分が相当だ」として、検察に送り返されていました。
少年は、今後、成人と同じように裁判員裁判を受けることになります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845531000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

飛び降り死の男は工藤会系元組員 福岡・立てこもり事件(19日)朝日

 福岡市博多区のホテルで18日、7階の客室に立てこもった男(33)が飛び降りて死亡した事件で、男の尿から覚醒剤の陽性反応が出たことが、福岡県警への取材でわかった。県警は、一連の行動に覚醒剤が影響していた可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、男は指定暴力団工藤会(本部・北九州市)系の元組員。18日朝、宿泊していた部屋にホテルの女性従業員2人を連れ込んで立てこもり、2人の顔を殴ったり、スタンガンを当てたりしたうえ、警察官の突入直後に窓から飛び降りた。県警は、名前を発表していない。

http://www.asahi.com/articles/ASK1M5W6NK1MTIPE01N.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日 単位・レベル) 
脅威的抑止力
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012499

 平成28年の刑法犯認知件数が99万6204件で、これまで最少だった昭和48年の119万0549件より19万4345件、なんと戦後最悪だった平成14年の285万3739件より半数以下の185万7535件も減らした。
 認知件数のランキングでは東京の13万4642件、大阪の12万2139件、愛知の7万0256件、埼玉の6万9457件、神奈川の5万8128件の順。
 数字的に最も減らしたのは東京の-1万3558件。続いて大阪の-1万0332件、福岡の-8039件、愛知の-6407件、兵庫の-6181件と、全国47都道府県全ての警察がマイナスだった。
 もともと事件発生の多いところもあれば少ないところもあるので、割合で見たランキングは山梨の-20.9%、宮崎の-19.4%、石川の-18.2%、大分の-16.3%、香川の-15.8%と続いた。
 昭和の時代を含めて最低だったのは昭和48年の119万0549件、同49年の121万1005件、同42年の121万9840件、同47年の122万3546件、同50年の123万4307件の順で、昨年の数字は警察史上に残る数字となりそうだ。
 警察庁を担当していてあの平成11、12年ごろは、日本警察最大の危機だったが、見事に再生されたことで、警察諸君の努力に感謝したい。
   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

射殺関与、一部組員認める 事件前に被害者追跡か、工藤会(19日)西日本

北九州市小倉北区で2011年、建設会社「博新建設」会長内納敏博さん=当時(72)=が射殺された事件で、殺人などの疑いで逮捕された特定危険指定暴力団「工藤会」の複数の組員が、事件への関与を認める供述をしていることが19日、分かった。
 福岡県警は同日午後、同会幹部瓜田太容疑者(53)ら12人の逮捕を発表。同会トップ野村悟被告(70)らの指示を受けた瓜田容疑者が配下の組員に指示したとみて捜査を進める。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/302413

| コメント (0) | トラックバック (0)

川越奉行所見廻り組発足 防火と夜の観光活性化(19日)産経

蔵造りの町並みを見回る川越奉行所見廻り組=18日、川越市
川越市中心部の防火意識を促し、観光にも役立てようと、江戸時代の火付け盗賊改めを模した「川越奉行所見廻(みまわ)り組」が発足。18日は時代劇「鬼平犯科帳」を思わせる装束でメンバー8人が一番街や大正浪漫夢通りなどを見回り、拍子木を鳴らして火事に注意を呼びかけた。
 結成したのは、川越藩火縄銃鉄砲隊保存会会長の寺田勝広さん(72)。東京都内の観光関係者に「川越は小江戸という割には時代劇がかったものが少ない」と指摘を受け、約10年前に短期間実施した火盗改めスタイルの防犯活動を昨年12月20日に復活。名称も「川越奉行所見廻り組」と名付けた。
 見廻り組は今年から「川越きものの日」に合わせ、毎月8、18、28日の夕方から夜にかけて見回りを行うことを決定。4回目となる18日は午後5時半ごろにちょうちんを灯し、拍子木を打ちながら一番街近くを出発。とばりが降りた蔵の町に繰り出すと、商店の人たちに声を掛けられ、観光客も驚いた様子でカメラを向けていた。
 寺田さんは「火の用心と夜の川越観光の活性化につながれば。見廻り組に参加する人材も募集している」と話している。問い合わせは寺田さん(電)090・9816・2623。
http://www.sankei.com/affairs/news/170119/afr1701190022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

私立高編入かたり4100万円を詐取 容疑の2人逮捕 神奈川 (19日)産経

娘を私立高校に編入させられると母親に持ちかけ、仲介料などの名目で現金約4100万円をだまし取ったとして、神奈川県警鶴見署は詐欺の疑いで、横浜市港南区東永谷の自営業、中野真紀容疑者(54)と、東京都練馬区光が丘の無職、吉田幸子容疑者(61)を逮捕した。いずれも「間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、平成25年9~11月の間、横浜市鶴見区在住の50代の女性に「学校の理事をしている。娘を編入させることができる」などと嘘をつき、仲介料などとして約70回にわたり、現金計約4100万円を振り込ませたとしている。
 同署によると、女性には高校1年(当時)の娘がいた。中野容疑者らが編入可能と説明した高校は、著名な学校として知られているという。女性は知人を介して吉田容疑者らと知り合ったとみられる。
 編入の話は進まず、女性は26年1月ごろから「お金を返してほしい」などと吉田容疑者らに要求。返金されなかったため、同年7月に同署に被害届を出していた。同署は、ほかにも被害者がいる可能性もあるとみて、詳しい状況などを調べる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170119/afr1701190023-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクカバーが…千葉・船橋でまた“不審火”17件に(19日)テレビ朝日

 千葉県船橋市で原付きバイクのカバーが燃える不審火がありました。去年11月から周辺で相次ぐ不審火はこれで17件目です。
 警察によりますと、18日午後11時すぎ、船橋市の住宅の敷地内で原付きバイクのカバーが燃えているのを通り掛かった男性が見つけ、火を消し止めました。けが人はいませんでした。
 被害に遭った住人:「まさかとは思った。怖いしね。何のためにやったんだと言いたい」
 現場から2キロほど離れた住宅街ではオートバイなどが焼ける不審火が去年11月から16件、相次いでいます。警察は同一犯による連続放火の疑いもあるとみて関連を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092457.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者狙い…うその説明で浄水器販売 男ら4人逮捕(19日)テレビ朝日

「浄水器の点検できた」などと嘘をつき、高齢者を中心に浄水器などを高額で販売していた男ら4人が逮捕されました。
 久保田篤容疑者(33)ら4人はおととし12月ごろから、東京・杉並区の女性(79)ら3人の自宅を訪問し、交換の必要がないのに嘘をついて別の浄水器などを約70万円で販売した疑いが持たれています。警視庁によりますと、久保田容疑者らは以前、勤めていた会社の顧客リストをもとに浄水器を設置してある女性宅を訪れ、レンタル契約を結んでいるように装い、「レンタル代を支払って下さい」などと嘘をついていたということです。久保田容疑者らは約2年間にわたり、関東に住む高齢者を中心に同様の手口で300人以上から約1億2000万円を売り上げたとみられています。取り調べに対し、久保田容疑者らは容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092458.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ATM不正出金、出し子の勧誘役逮捕 窃盗などの疑いで(19日)日経

2015年12月に7都県のコンビニのATMから偽造カードで現金約1億円が不正に引き出された事件で、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は19日までに、広島県三原市の派遣社員、水戸邦博容疑者(43)を窃盗などの疑いで逮捕した。同隊によると、現金の引き出し役を勧誘したとみられる。「仕事を紹介しただけ」と容疑を否認している。
 15年12月27日に東京都や神奈川県など7都県の約330店舗で計約1億円が一斉に引き出された。これまでに3人が逮捕、起訴されている。
 水戸容疑者の逮捕容疑は15年12月、東京都品川区内のコンビニにあるATMで、中米エルサルバドルの銀行が発行したデビットカードの情報を使った偽造カードで現金60万円を引き出した疑い。
 同隊によると、水戸容疑者は引き出し役の男(38)=同罪で起訴=らに対し電話で「カードを使って現金を引き出す仕事。犯罪じゃないから捕まらない」などと依頼したという。このグループは東京都内のコンビニで現金計860万円を引き出していたとみられる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11865670Z10C17A1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

犬連れ入店を注意され店員殴る、傷害容疑で男を逮捕(19日)TBS

千葉県市川市にある大手ディスカウントストアで犬を連れて入店した男が、店員に注意されたことに腹を立て、殴ってけがをさせたとして警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、市川市の自称無職・藤田正敏容疑者(59)です。藤田容疑者は、19日午前0時すぎ、市川市のディスカウントストア「ドン・キホーテ行徳駅前店」に、犬を連れて入店したところ、女性店員(24)に注意をされたことに腹を立てて、店員を十数回殴り、けがをさせた疑いがもたれています。藤田容疑者は「『店に入れてはいけない』と言われ、納得いかず頭にきて殴った」と容疑を認めているということです。
 藤田容疑者は、犬をリードに繋いだ状態で入店していましたが、ドン・キホーテは全国の店舗で、ケージに入れた状態の動物か、介助犬の場合を除いて、衛生上の理由などから一緒に入店することを禁止しているということです。(19日14:55)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2963297.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新千歳空港 全日空機が曲がりきれずに雪に突っ込む(19日)NHK

19日正午前、北海道の新千歳空港に着陸した全日空の旅客機が滑走路から誘導路に出ようとした際、曲がりきれずに滑走路を逸脱して周辺に積もった雪に突っ込み、動けなくなりました。けが人などはいませんでした。
 国土交通省新千歳空港事務所や全日空によりますと、19日午前11時56分ごろ、秋田発新千歳行きの全日空1831便、ボンバルディアDHC8型機が新千歳空港に着陸したあと、滑走路から誘導路に出ようとした際、曲がりきれずにそのまま進んで滑走路を逸脱し、周辺に積もった雪に突っ込んで動けなくなりました。
 乗客・乗員合わせて25人が乗っていましたが、けが人などはおらず、乗客全員が午後1時ごろに機体を下りて、用意されたバスで空港ターミナルに向かいました。
 また、このトラブルで2つある滑走路のうちB滑走路が閉鎖されていて、発着便に欠航や遅れが出ています。空港事務所は機体をけん引するため、現在、除雪作業を行っています。
 全日空によりますと、機長は「誘導路に出ようとした際、路面が凍結していて曲がりきれなかった」と話しているということです。
 新千歳空港では19日午前0時ごろの降り始めから午前11時までに13センチのまとまった雪が降ったため、未明から断続的に滑走路を閉鎖して除雪作業が行われていました。

航空事故調査官を派遣

新千歳空港に着陸した全日空機が滑走路を逸脱したことについて、国の運輸安全委員会は、事故につながりかねない重大なトラブルだとして、航空事故調査官5人を現地に派遣し、機長から話を聞くなどして、原因を詳しく調べることにしています。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845021000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラック横転、積み荷の鶏逃げ出す…宮崎・都城(19日)読売

 19日午前5時30分頃、宮崎県都城市高城町四家の国道10号で、鶏を運んでいた大型トラックが横転し、ほぼひっくり返った状態で止まった。
 一部の鶏が逃げ出し、近所の人や警察官が、逃げ出した鶏をかごに戻す作業に追われた。
 県警都城署の発表によると、トラックは鶏約2700羽を運搬中で、事故で、鶏を入れていたかごが荷台から路上に散乱した。トラックの男性運転手(36)はけがを負い、ドクターヘリで宮崎市内の病院に搬送された。意識はあるという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170119-OYT1T50102.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

当て逃げ警官、飲酒運転で逃走「発覚怖かった」(19日)読売

 昨年12月に福岡県警行橋署の男性巡査部長(30歳代)が福岡市内で信号を無視して物損事故を起こしたにもかかわらず逃走した事件で、巡査部長は当時、飲酒運転をしていたことが捜査関係者への取材でわかった。
 巡査部長は県警の調べに「飲酒運転がばれるのが怖くて逃げた」と話しており、県警は19日にも、巡査部長を懲戒免職とし、道交法違反(酒気帯び運転、信号無視、当て逃げ)容疑で福岡地検に書類送検する方針。
 捜査関係者によると、巡査部長は昨年12月中旬の夜、同市博多区で車を運転中に赤信号を無視。巡回中のパトカーに停止を求められたが逃走し、道路沿いにある店舗の入り口部分などに衝突したという。
 パトカーは周囲を巻き込む危険があるとして追跡を断念したが、県警はナンバーなどから巡査部長の車と断定。巡査部長は逃走の数時間後に警察署に出頭した。(ここまで363文字 / 残り439文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170119-OYT1T50120.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩道にタクシー乗り上げ運転手けが 東京・中野駅北口(19日)朝日

19日午前11時過ぎ、JR中野駅北口(東京都中野区中野4丁目)前の歩道にタクシーが乗り上げ、電柱に衝突した。警視庁などによると、タクシーの50代男性運転手がけがをしたほか、通行人の70代男性も転倒して頭にけがをした。いずれも命に別条はないという。
 現場は当時、買い物客らでにぎわっていたが、事故の影響で一時騒然となった。近くにいた女性は「煙が充満して事故に気が付いた。周りは騒然としていた」と話し、別の男性も「バーン、という音がして辺りは煙でいっぱいになった」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASK1M432QK1MUTIL00R.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

刑法犯認知100万件割る 戦後初、殺人も最少更新(19日)共同

昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯は99万6204件で、戦後初めて100万件を割り込んだことが19日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。前年より10万2765件(9.4%)の減少。人口千人当たりの認知件数についても7.8件で、前年より0.8件の減少となり、戦後最少を更新した。
 刑法犯の認知件数は、2002年の約285万4千件をピークに減少傾向にある。警察庁の担当者は「ひったくりなど街頭犯罪への対策が進んだほか、防犯ボランティアや防犯カメラの存在も大きい」と要因を分析している。
https://this.kiji.is/194626449256482297?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

SNSでストーカーの23歳男逮捕「俺は強硬手段に出る」 法改正後、兵庫県内で初(19日)産経

以前交際していた女性に無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで連続してメッセージを送ったとして、兵庫県警生田署などは18日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで、同県加東市の無職の男(23)を逮捕した。同署によると、会員制交流サイト(SNS)を使った付きまとい行為を新たに規制対象とした改正ストーカー規制法が3日に施行されて以降、県内で適用されたのは初めてという。
 逮捕容疑は11日午前2時ごろから12日午前10時45分ごろまでの間、県内に住む元交際相手の女性(21)にLINEとツイッターで「聞く耳もたないなら俺は強硬手段に出る」などと復縁を迫るメッセージを10回連続して送信したとしている。「送ったのか覚えてない」と容疑を否認している。
http://www.sankei.com/west/news/170119/wst1701190014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

1000万円強奪、3人逮捕=強盗致傷容疑など-兵庫県警(19日)時事

昨年12月、神戸市のマンションの部屋に男2人が押し入り、現金約1000万円を奪われた事件で、兵庫県警が18日までに、強盗致傷容疑でいずれも松山市の接客業水田圭吾容疑者(21)、少年(19)、20代男の3人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。水田容疑者と少年は容疑を認め、20代男は否認しているという。
 神戸地検は同日、強盗致傷罪などで水田容疑者を起訴、少年を神戸家裁に送致した。
 捜査関係者によると、20代の男が指示し、水田容疑者と少年が実行したとみられる。逮捕容疑は共謀し、昨年12月23日午後、神戸市長田区のマンションで、水田容疑者と少年が外出しようとした男性(66)を「金を出せ」と脅し部屋に侵入。男性に馬乗りになって顔や腹を殴ったり、両手足を結束バンドで縛ったりした上でナイフを突き付け、寝室内の金庫から現金約1000万円などを奪った疑い。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011800887&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の中国人窃盗団 室内灯などで留守宅を確認(19日)テレビ朝日

住宅に侵入して現金を盗んだとして中国人窃盗団が逮捕された事件で、男らが夕方の時間帯に部屋の明かりやインターホンで確認した留守宅を狙っていたことが分かりました。
 中国人の林武慶容疑者(25)ら5人は埼玉県越谷市の一戸建て住宅に侵入し、現金を盗んだ疑いなどが持たれています。これまでの捜査で、林容疑者らは同様の手口で東京、神奈川、埼玉、千葉で100件以上の盗みを繰り返していたとみられています。その後の警視庁への取材で、林容疑者らは住人が帰宅する前の夕方の時間帯を狙って、部屋の明かりが付いていない住宅を物色したうえで、インターホンを使って留守宅か確認していたことが分かりました。警視庁は被害総額が4000万円以上に上るとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092436.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大画面からテロ対策「協力を」 警視庁、繁華街で放映(19日)日経

警視庁公安部は18日、都内の大型街頭ビジョンでテロ対策への協力を呼びかける映像の放映を始めた。新宿駅東口や渋谷・道玄坂など約20カ所で、「不審者や不審物に気付いたら速やかに110番してほしい」などと呼びかける。
 映像は15秒と30秒の2種類。同様の内容を記したポスター1万枚も制作し、主要駅や宿泊施設、ホームセンターなどに掲示する。映像やポスターには女優の桜庭ななみさんを起用した。
 警視庁は同日、桜庭さんに感謝状を贈呈した。贈呈式で公安部の桑原振一郎部長は「世界中でテロが頻発しており、日本も標的の一つ。国民の理解を得ながらテロの発生を防ぎたい」と話した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H8C_Y7A110C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

女優・桜庭ななみさんがテロ対策に一役、ポスター1万枚で防止訴え(19日)TBS

警視庁は、女優の桜庭ななみさんを起用したテロ防止を訴えるポスターを作製し、18日から掲示を始めました。
 警視庁公安部が作製したのは、テロ防止を訴える啓発用のポスターおよそ1万枚で、爆発物の原料となる化学薬品を購入できる薬局や主要な駅などで、18日から掲示を始めました。
 「このような機会が少しでもテロ防止につながったらなと思う。私自身、これをきっかけに、テロ防止により深く考えていきたいと思う」(女優 桜庭ななみさん)
 また、ポスターに起用された桜庭さんには、桑原振一郎公安部長から感謝状が贈られました。(19日00:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2962979.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

除雪機事故、8年で死亡20件 消費者庁が注意呼び掛け(19日)共同

消費者庁は18日、手押し式の除雪機で使用者が下敷きになるなどして死亡した事故の情報が過去約8年間に少なくとも20件寄せられているとして注意を呼び掛けた。各地で大雪が降った15日にも長野県白馬村で60代男性が下敷きになり、死亡した。
 同庁などによると、手押し式の除雪機には通常はハンドル部のクラッチを握らなければ進まない安全装置がある。だが長時間握る負担を減らすため、ハンドルとクラッチをテープでくくり、手を離しても動くようにする使用者もおり、そうした状態で使い死亡する事故もあった。
 消費者庁は「安全装置が機能しない状態では絶対に使わないで」としている。
https://this.kiji.is/194430669634502664?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

6年前の会社役員殺害事件 工藤会幹部ら十数人逮捕へ(19日)NHK

6年前、北九州市で建設会社の役員の男性が拳銃で撃たれて殺害された事件で、警察は、特定危険指定暴力団、「工藤会」の幹部らが事件に関わった疑いがあるとして、幹部など十数人を19日にも殺人などの疑いで逮捕する方針です。
 6年前の平成23年11月、北九州市小倉北区の建設会社役員、内納敏博さん(当時72)が自宅前の路上で拳銃で撃たれて殺害されました。警察によりますと、内納さんは外出先から知人が運転する車で妻とともに自宅に戻り、助手席から降りたところを突然、2人組に襲われ、2人組はオートバイで逃げたということです。
 警察が、北九州市に本部を置く特定危険指定暴力団、「工藤会」に対する捜査を進めた結果、関係者の供述などから幹部らが事件に関わった疑いがあることがわかったということです。警察は、すでに別の事件で逮捕・起訴されている工藤会の53歳の幹部など十数人を、19日にも殺人などの疑いで逮捕する方針です。
 殺害された内納さんの会社は大手建設会社の下請け工事を取りしきる立場だったということで、警察は、業者の選定をめぐるトラブルに巻き込まれた疑いがあるとみて、詳しいいきさつを調べることにしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

金融庁の50歳職員 エスカレーターで痴漢か 横浜駅(19日)NHK

金融庁に勤務する50歳の職員の男が、18日夜、横浜駅のエスカレーターで女性の体を触ったとして、神奈川県の迷惑行為防止条例違反の疑いで警察に逮捕されました。
 逮捕されたのは、金融庁の職員、保坂孝夫容疑者(50)です。警察によりますと、保坂職員は18日午後11時50分ごろ、横浜駅のエスカレーターで左側に立っていた22歳の会社員の女性の下半身を触ったとして、神奈川県の迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれています。後ろにいた女性の友人が目撃し、その場で取り押さえたということです。
 警察の調べに対して、保坂職員は「酔っているので覚えていない」などと供述しているということです。警察が当時の状況などを詳しく調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010844761000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

相談女性を誤信させ収入詐取…占い師に賠償命令(19日)読売

占い師にマインドコントロールされ、風俗店で稼いだ金をだまし取られたとして、埼玉県内の30歳代女性が東京都内の女性占い師に1億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は18日、慰謝料などを含め約9824万円の支払いを命じる判決を言い渡した。
戸室壮太郎裁判官は「占い師は、自身を妄信する女性の恐怖心をあおり、多額の賠償債務を負っていると誤信させ続けた」と指摘し、詐欺が成立すると判断した。
 判決によると、原告の女性は2008年末頃、女性誌の広告に掲載されていた占い師に電話し、生活の悩みなどを相談。占い師から「自分を敵に回すと何が起きるか分からない」などと言われ、占い師だけが味方だと思い込むようになった。

(ここまで301文字 / 残り178文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170118-OYT1T50115.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

霞ヶ浦や北浦、施設や橋の銅製銘板盗難35件(19日)読売

 茨城県の霞ヶ浦や北浦の沿岸などで昨秋以降、制水施設や橋の名前を記した銘板の盗難被害が、未遂も含めて約50件起きていたことが18日、県警などへの取材でわかった。

 銘板は主に銅製で、県警は転売目的の犯行とみて捜査している。
 県警の捜査関係者や国土交通省霞ヶ浦河川事務所の担当者によると、小美玉市下馬場の霞ヶ浦沿岸で昨年10月25日、事務所職員が巡回中、制水施設の管の名前や設置年月などを示す銘板がなくなっているのを見つけた。同事務所は同12月26日までに、霞ヶ浦と北浦の沿岸にあるかすみがうら市や行方市など計6市で、制水施設の管や門などで計35件(35枚)が被害に遭っていることを確認した。
 銘板は小さいもので縦約20センチ、横約30センチ。壁に埋め込まれていたり、板の四隅をネジで固定されていたりしており、事務所職員は「工具で外したのではないか」とみている。被害総額は不明だが、銘板の価格は1枚約3万円という。未遂とみられるものも10件以上あった。
 一連の被害を受けて、県警は昨年12月21日に刑事部長名で警戒態勢を指示。県警幹部は「転売目的の可能性が高い」と話す。
 同事務所は板を固定するネジを潰すなどして、盗難の防止策を講じている。ただ、県内には、同事務所や、各市町村で管理する制水施設が計約500か所あり、早急な対応は難しい。
 一方、県道路維持課によると、行方市で昨年9月に手奪橋の銘板4枚が、同10月には鉾田、行方両市を結ぶ鹿行大橋の鉾田市側で銘板1枚がそれぞれ盗まれているのが見つかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170118-OYT1T50137.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

竹刀で女子生徒の頭たたきけが 千葉の中学教諭を停職(19日)朝日

 千葉県鴨川市の市立中学校の男性教諭(39)が、顧問を務める剣道部の女子生徒の頭を竹刀でたたくなどして、けがを負わせていたことがわかった。県教育委員会は18日、この教諭を停職6カ月の懲戒処分に、体罰を防げなかったとして同校の男性校長(58)を戒告の懲戒処分にし、発表した。
 県教委によると、教諭は昨年11月、防具をつけていない2年生の女子生徒の頭を竹刀で少なくとも5、6回たたいたほか、のどもとを突くなどした。生徒は首や腰などにけがをし、33日間入院した。教諭は、生徒の集中力が欠けているように見えて「カッとなった」と話しているという。
 生徒の保護者が鴨川署に被害届を提出。教諭は傷害罪で略式起訴され、罰金50万円の略式命令を受けた。
 教諭は、2014年4月~昨年10月にも複数の生徒を竹刀でたたくなど体罰を繰り返していたという。
http://www.asahi.com/articles/ASK1L44C2K1LUDCB005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月18日 | トップページ | 2017年1月20日 »