« 2017年1月12日 | トップページ | 2017年1月14日 »

2017年1月13日

2017年1月13日 (金)

「ユーチューブで侵入方法覚えた」事務所荒らしの男逮捕 「ラーメン二郎」の被害も関与供述(13日)産経

引っ越し会社の事務所に侵入して現金を盗んだとして、警視庁捜査3課は、窃盗と建造物侵入容疑で、東京都台東区谷中、無職、目崎勇気容疑者(22)=別の窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。「高級外車を買うために借金をしており、その返済と生活費のためにやった」などと容疑を認めている。
 同課の調べに、目崎容疑者は「動画投稿サイト『ユーチューブ』で侵入方法を覚えた」と供述。昨年10月に千代田区のラーメン店「ラーメン二郎神田神保町店」で売上金20万円が盗まれた事件について「繁盛店なので狙った」と関与を認めているという。都内や埼玉県では昨年4月から、店舗や事務所で計約50件(被害総額約1200万円)の同様の手口の窃盗事件があり、同課で関連を調べる。
 再逮捕容疑は昨年11月11日午後11時ごろから翌12日午前4時ごろにかけて、台東区浅草の引っ越し会社事務所に、出入り口のガラスを破って侵入し、現金約40万円が入った封筒を盗んだとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170113/afr1701130038-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

経産官僚が女性職員にセクハラとパワハラ繰り返し懲戒処分 別の職員は盗撮で停職(13日)産経

 経済産業省は13日、女性職員に嫌がらせ行為を繰り返したとして、同省製造産業局の管理職級の男性職員を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。処分は昨年11月18日付。
 男性職員は、昨年春から夏ごろ、仕事上つながりがあった女性職員1人に対しセクハラ、パワハラ行為を繰り返し、上司から注意を受けてもやめなかった。
 経産省は「法令に触れる行為はなかった」と説明。男性職員の年齢や役職、行為の詳細については回答しなかった。
 このほかに昨年8月、福岡県内の海水浴場で女性を盗撮したとして、九州経済産業局の課長補佐級の男性職員を10月31日付で停職6カ月の懲戒処分とした。
http://www.sankei.com/affairs/news/170113/afr1701130037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

違反の車を追い掛けようと…白バイ駐車中の車に衝突(13日)テレビ朝日

駐車中の車と衝突した白バイは、スピード違反の車を追っている最中でした。
 目撃者:「ドカーンという音だったかな。あとちょっと煙がモワッと出た」
 13日午前11時半ごろ、東京・練馬区谷原の目白通りで、30代の男性巡査部長が運転する白バイが駐車していた軽ワゴン車に衝突しました。警視庁によりますと、この事故で、巡査部長やワゴン車に乗っていた男性2人が病院に搬送されましたが、けがは軽いとみられています。巡査部長は、スピード違反の車を追い掛けようと車線変更した直後、車に衝突したと話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092060.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人の車をオークション出品110万円“だまし取る”(13日)テレビ朝日

他人の車を勝手にネットオークションに出品していました。
 寺下隼人容疑者(26)は去年9月、他人の車の写真を使ってネットオークションに出品し、40代の男性から約110万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、寺下容疑者は、パチンコ店に止めてあった車の写真を無断で撮影し、「色つやもあり、奇麗な状態を保っています」などと売り込んでいました。男性が落札した車が送られてこないことを警視庁に相談したことから事件が発覚しました。取り調べに対し、寺下容疑者は容疑を認め、「金は借金の返済に使った」と供述しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092064.html

| コメント (1) | トラックバック (0)

金田法相、テロ等準備罪「一般人が対象、あり得ない」(13日)日経

金田勝年法相は13日の記者会見で、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について「一般の方々がその対象となることはあり得ない」と明言した。与党内で対象の犯罪を絞り込むべきだとの意見があることに関しては「国民の理解が得られるよう引き続き慎重に検討していく」と述べた。
 過去3度廃案になった「共謀罪」を創設する法案は適用対象などの規定があいまいで、一般市民が犯罪に絡む相談をしただけで適用されるのではないかとの懸念があった。法務省は新たな法案で対象を「組織的犯罪集団」に限定するほか、テロに使う物品を用意するなど「準備行為」があることを要件に加える方針。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H1Q_T10C17A1PP8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅のロッカーに妻の遺骨放置「別の女性と同居で」(13日)TBS

東京駅の構内に設置されたコインロッカーに遺骨の入った骨壷を放置したとして、74歳の男が警視庁に逮捕されました。
 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、千葉県市川市のアルバイト・鈴木照司容疑者(74)です。鈴木容疑者は、去年9月、東京駅の改札内にあるコインロッカーの中に妻の遺骨が入った骨壷を放置し、遺棄した疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、管理会社が引き取り手が現れないロッカーを開けたところ、中から骨壷が見つかり、壷に記されていた死亡者の名前などから鈴木容疑者の関与が浮上したということです。
 鈴木容疑者は、「別の女性と同居するために骨壷を置けなくなった」などと話し、取り調べに対し、容疑を認めているということです。(13日20:07)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2959430.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

体に覚醒剤巻き付け密輸 関空で台湾の2人逮捕(13日)共同

袋に小分けした覚醒剤を体に巻き付けて台湾から密輸入したとして、大阪府警薬物対策課は13日までに、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ともに台湾籍でタクシー運転手の陳楠賑容疑者(32)と鄭志男容疑者(52)を逮捕した。
 同課によると、昨年12月24日、関西空港で入国する際、覚醒剤約3961グラム(末端価格約2億7700万円)を27袋に分け、粘着テープなどで腰や脚に固定して持っていた。鄭容疑者は容疑を認め、陳容疑者は「覚醒剤とは知らなかった」と供述している。
https://this.kiji.is/192602113867433463?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

父親の殺人罪認めず 厚木男児放置死事件、東京高裁判決(13日)朝日

 神奈川県厚木市のアパートで2014年、死後7年経った男児(死亡当時5)の白骨化した遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われた父親の斎藤幸裕被告(38)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。秋葉康弘裁判長は、殺人罪などで懲役19年とした一審・横浜地裁の裁判員裁判による判決を破棄。殺人罪ではなく保護責任者遺棄致死罪に当たるとして、改めて懲役12年を言い渡した。
 この日の判決は、被告が男児に十分な食事を与えず、気温が下がる中、暖房がない部屋に閉じ込めて放置し、死亡させたと認めた。
 一方、一審が殺意の根拠とした「死亡推定時期の1カ月以上前に、男児が動けない状態だった」などとする被告の捜査段階の供述調書について、信用性を否定。それ以前に誘導するような取り調べがあったことや、供述に変遷があることを理由に挙げた。
 男児について「死亡までに相当やせて衰弱していた」としつつ、「医師の診察を受けなければ男児が死亡する可能性が高いと被告が認識していたとは認められない」と述べ、殺人罪の成立を否定した。
 判決について、東京高検の曽木徹也・次席検事は「主張が認められず、残念だ。判決内容を十分に精査・検討し、適切に対処したい」とコメントした。(志村英司)

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐川急便の身代わり出頭事件 新たに18人書類送検(13日)NHK

宅配便大手「佐川急便」の東京営業所で運転手が駐車違反で検挙された際に知り合いなどに身代わり出頭させていた事件で、警視庁は新たに社員ら18人を書類送検しました。一連の捜査で逮捕または、書類送検されたのは東京営業所の社員35人を含む62人に上りました。
新たに書類送検されたのは佐川急便東京営業所の36歳の係長を含む社員10人と知人や家族など8人の合わせて18人です。
警視庁によりますと平成26年から去年にかけて集配中の運転手が駐車違反で検挙された際、知り合いなどに頼み身代わり出頭させた犯人隠避教唆などの疑いが持たれています。
 警視庁は東京営業所では身代わり出頭が常態化していたと見て去年11月に社員の係長ら6人を逮捕するなど捜査を進め、これまでに逮捕または書類送検されたのは東京営業所の社員35人を含む62人に上りました。
 佐川急便は事件を受けて社外調査委員会を立ち上げたほかHP上で「全社一丸となって再発防止に取り組む」とのコメントを掲載しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170113/k10010838921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル) 
こんな国に誰がしたannoy
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012509

 大手出版社の編集次長が妻を殺害したとして今年になって警視庁に逮捕されるという信じられない事件が発生した。
 とろが今度は昨年12月に北九州市内のホテルで生後約3カ月の女児を浴槽に沈めたうえ頭部に暴行を加えて殺害したとして、32歳の母親と32歳の父親が福岡県警に逮捕され、神奈川県相模原市では、母が自分の父親と息子を刺し、自らも腹を刺して自殺を図るなど悲惨な事件があった。
 この他にも今年に入って生後6カ月の長女に暴行を加え、右半身まひの後遺症を伴う大けがをさせたとして25歳の母親が逮捕されたり、宇都宮市では寝ていた夫の頭を金属バットで殴るなどして殺害しようとした41歳の妻が逮捕されている。
さらに茨城県東海村では61歳の弟が67歳の女性を殺害し、43歳の長男が父親を包丁で刺して殺害したとして逮捕されるなど、悲惨な事件報道が目立っている。
 なんで、こうも親族間の事件が多いのか?
 警察庁が毎年発表する犯罪情勢から被疑者と被害者の関係について数字を拾ってみた。殺人事件にかぎってだが、実父母、配偶者、実子、兄弟の親族関係者による事件が、平成22年には、親族以外の友人や職場関係者、面識のない者による事件を上回っているのだ。
 平成12年の殺人事件の被害者総数1219人のうち親族関係の被害者は37.8%で親族以外は48.8%。同17年には1224人のうち親族が37.5%、以外の一般が43.6%だった。
 ところが22年になると総数944人のうち39.7%が一般で親族関係がなんと43.8%と逆転。27年は864人のうち一般が37.8%で親族関係が44.9%と驚きの数字になっている。
 それほど、家庭、家族、親族間の人間関係が崩れているのかと思うとやるせなさを感じる。こんな国に誰がした
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2女子が校舎から転落死…自殺か 遺書のようなメモ残す さいたま(13日)産経

さいたま市立木崎中学校に通う2年の女子生徒(14)が校舎から転落し病院に搬送後に死亡していたことが12日、市への取材で分かった。遺書のようなメモが残されており、市などは自殺の可能性もあるとみて詳しい状況などを調べている。
 市教育委員会によると、同日午前10時40分過ぎ、同校から「生徒が転落したので救急車を呼んだ」と報告があった。女子生徒は昼ごろに死亡が確認された。女子生徒の姿が見えなかったため職員らが敷地内を捜したところ、地面に倒れているのを発見したという。
 メモには家族や友人への感謝の言葉がつづられていたが、自殺の動機は確認されていないという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170113/afr1701130014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国交省、バス監査官50人増へ…軽井沢事故受け(13日)読売

国土交通省は来年度、バス事業者などへの監査を担う監査官を現行より50人以上増員し、約420人態勢とする方針を固めた。
 乗客の学生ら15人が死亡した昨年1月の長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故を受けた措置で、過去最大規模の増員となる。
 事故を起こしたバス運行会社「イーエスピー」(東京都)は、前年に受けた監査で運転手の健康管理などに関する違反が発覚し、是正を求められていた。だが、事故後の特別監査で多数の法令違反が見つかり、監査の形骸化が指摘されていた。
 監査官の人数(今年度366人)は、5年前の2011年度(306人)から徐々に増えてきたとはいえ、トラックやタクシー会社も担当しているため、全国に約4500ある貸し切りバスの事業者をきめ細かく監査するのは難しいのが現状。国交省によると、事故前の14年度に抜き打ち監査を行ったバス事業者は約480で、全事業者の約1割にとどまっていた。

(ここまで394文字 / 残り218文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170113-OYT1T50018.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

逆走の車が“ひき逃げ” バイクの男性会社員が死亡(13日)テレビ朝日

 神戸市中央区で逆走した車とバイクが衝突し、バイクを運転していた男性が死亡しました。車を運転していた男は車を放置して逃走しています。
 12日午後10時ごろ、中央区の交差点で、南向きの一方通行を北向きに逆走していた乗用車と右から来たバイクが衝突しました。車は衝突した反動で街路樹に激突しました。この事故で、バイクを運転していた神戸市垂水区の会社員・加治木亮太さん(34)が車の下敷きになり、死亡しました。目撃者によりますと、車を運転していた男は20代から30代くらいで、茶色っぽい上着を着ていて、その場に車を放置したまま北へ走って逃げたということです。警察はひき逃げ事件として男の行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターに「僕の嫁」=ストーカー容疑、医師逮捕-石川県警(13日)時事

女子高校生のツイッターに「僕のお嫁さんだよ」などと書き込んだとして、石川県警金沢西署は12日、ストーカー規制法違反の疑いで、医師の角田真弘容疑者(34)=金沢市粟崎町=を逮捕した。容疑を認めているという。同署は実際に付きまとっていたとみて調べている。

殺人被害者のツイッター乗っ取る=容疑で高校生書類送検-千葉県警

 逮捕容疑は昨年10~12月、女子高生のツイッターに16回にわたり「行動パターンを知り尽くしてしまった」「スカートをめくりたくて仕方ない」などと書き込んだ疑い。(2017/01/12-20:53)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011200886&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「買物で車がどうしても必要だった…」 免許更新で診断書偽造容疑の70歳を書類送検 脳梗塞後遺症で左半身不自由も運転(13日)産経

運転免許の更新時に求められ、偽の診断書を提出したとして、警視庁が有印私文書偽造・同行使容疑で、東京都稲城市の男(70)ら3人を書類送検したことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
 男は脳梗塞の後遺症で左半身が不自由で、医師から運転を止められていた。「買い物などで車がどうしても必要だった。そのままでは免許の更新ができないと考え、偽造した」と容疑を認めている。
 他に書類送検されたのは男の70代の姉と、知人の30代の女。送検容疑は平成27年3月と昨年3月、運転免許本部(品川区)に偽造した診断書を提出したとしている。書類送検は10日。
 捜査関係者によると、男は脳梗塞の後遺症の「高次脳機能障害」。26年11月の免許更新の際、府中運転免許試験場(府中市)の職員から医師の所見などを記入する診断書の用紙を受け取り、提出するよう求められていた。しかし、男は主治医から運転を止められていたため、姉らに診断書を書かせた上、主治医の印鑑を偽造して押印していたという。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院から逃走の元組員 複数のナンバープレート押収(13日)テレビ朝日

茨城県小美玉市の病院から逃走して指名手配された元組員の男が逮捕された事件で、逃走に使ったとみられる複数のナンバープレートが押収されていたことが分かりました。
 指定暴力団松葉会系の元組員・湯原良幸容疑者(41)はおととし6月、覚醒剤約20グラムを所持した疑いで送検されました。湯原容疑者は先月、捜査員が逮捕しようとした際、たばこを吸いたいと移動し、車に乗って逃走していました。捜査関係者への取材で、湯原容疑者が潜伏していた茨城県土浦市の住宅から、複数のナンバープレートが押収されていたことが分かりました。警察は、湯原容疑者が車のナンバープレートを付け替えながら逃走を続けていたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000092011.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫の復興住宅で孤独死65人 16年倍増(13日)日経

 阪神大震災の被災者らが暮らす兵庫県内の復興住宅で、一人暮らしの入居者が誰にもみとられず亡くなる「孤独死」が、昨年1年間で65人だったことが、12日分かった。前年の33人からほぼ倍増。仮設住宅が解消された2000年から17年間の累計は962人となった。
 県内の復興住宅265カ所での県警の検視結果をもとに日本経済新聞がまとめた。65人の内訳は男…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC12H2Z_S7A110C1AC8Z00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人女性の家に放火の疑い 女を逮捕(13日)TBS

千葉市で知人の女性が住む家に放火したとして、24歳の女が逮捕されました。
 放火の疑いで逮捕されたのは、千葉市花見川区に住む大石絵梨紗容疑者(24)です。
 大石容疑者は11日午後、千葉市中央区の木造2階建て住宅の敷地内にガソリンをまいたり、カセットボンベを置いて火をつけ、1階の部屋などおよそ25平方メートルを焼いた疑いが持たれています。当時、この家は無人で、けが人はいませんでした。
 警察によりますと、大石容疑者は、この家に住む20代の女性の知人で、調べに対し、「火をつけて燃やしたことは間違いありません」と容疑を認めているということです。
 警察は、大石容疑者と女性との間に何らかのトラブルがあったとみて調べています。(13日00:51)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2958883.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

雪に埋まり、女性心肺停止 山形・大蔵村、屋根から落雪か(13日)共同

12日午後10時10分ごろ、山形県大蔵村の男性(67)が、自宅周辺で雪に埋まっている妻(61)を発見し、119番した。病院に搬送されたが、心肺停止の状態。屋根からの落雪に巻き込まれたとみられる。
 新庄署によると、仕事から帰宅した男性が妻がいないのに気付き、家の周囲を捜索。雪の中に埋まっているのを見つけ、掘り起こした。
 仙台管区気象台によると、12日午後11時時点で、大蔵村肘折の積雪の深さは215センチ。
https://this.kiji.is/192296848863741429?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致された有本さん57歳の誕生日 帰国願う両親(13日)NHK

ヨーロッパから北朝鮮に拉致された有本恵子さんは12日が57歳の誕生日です。拉致問題をめぐってこう着状態が続く中、神戸市の自宅では、両親が赤飯やケーキを用意して1日も早い帰国を願いました。
 有本恵子さんは、昭和58年、23歳のときに、イギリスへの留学を終えてヨーロッパを旅行中、北朝鮮に拉致されました。
 有本さんは、12日が57歳の誕生日で、神戸市の自宅では、88歳の父親の明弘さんと今月5日に91歳になった母親の嘉代子さんが赤飯やケーキを用意して1日も早い帰国を願いました。
 誕生日の赤飯は以前は嘉代子さんが自分で炊いていましたが、ここ数年は体調がすぐれず、恵子さんの姉と妹に代わってもらっているということです。
 ことしは、拉致被害者の家族が家族会を結成し救出活動を始めてから20年の節目の年ですが、拉致問題はこう着状態が続いています。
 嘉代子さんは「心臓の手術を受けるなど残された時間がどんどん少なくなっていることを実感しています。毎晩、寝る前に『とにかく恵子が帰るまで命をもたせてください』と心の中で拝んでいます」と話しました。
明弘さんは、ことしの国際情勢の変化に期待を寄せ、「安倍総理大臣には、アメリカのトランプ次期大統領としっかり協力して北朝鮮への働きかけを強めてほしい」と求めました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

署員がトイレの隙、ひき逃げ証拠車両盗まれる(13日)読売

 愛知県警港署は12日、ひき逃げ事件の証拠品として署の監視下にあった軽乗用車を名古屋市港区内で盗まれたと発表した。
 13日未明、同区内で車は見つかったが、同署は「指導を徹底する」としている。
 発表によると、港区の交差点で11日夕、軽乗用車が同市天白区の男性の原付きバイクと接触、男性に軽傷を負わせ、逃走した。同日夜、署員が事故現場近くのインターネットカフェの駐車場で車を発見。車にキーはなく、同署は車の所有者の許可を取った上、レッカー移動させるまで署員に監視させていたが、翌12日夕、署員が約10分間トイレに行った隙に車がなくなっていたという。所有者は「知人に車を貸していた」と説明しているといい、同署は窃盗事件とみて調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170113-OYT1T50031.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

走行中にバス運転手が病死か、乗用車と正面衝突(13日)読売

12日午後3時半頃、岐阜県郡上市の国道156号で大型観光バスが対向車線にはみ出し、同市の女性(58)の乗用車と正面衝突した。
 バスを運転していた福井県鯖江市の男性運転手(68)が搬送先の病院で死亡が確認されたほか、女性が軽傷を負った。バスの乗客ら42人にけがはなかった。
 岐阜県警郡上署の発表によると、男性運転手の隣席にいた男性乗務員(57)が事故直前、男性運転手が気を失っているのを目撃しており、病死の可能性があるという。
 バスを運行している「いづみ観光バス」(福井県越前市)などによると、バスは12日、福井県を出発。郡上市の観光地を回り、帰る途中だった。担当者は「男性運転手に持病はなく、健康状態に問題はなかったと捉えている」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170112-OYT1T50170.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月12日 | トップページ | 2017年1月14日 »