« 2017年1月9日 | トップページ | 2017年1月11日 »

2017年1月10日

2017年1月10日 (火)

「のぼうの城」ゆかりの高源寺住職、17歳少年買春の疑いで逮捕 長野県警 現金渡してみだらな行為(10日)産経

長野県警少年課と軽井沢署は10日、少年に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、埼玉県行田市の高源寺住職、中川広道容疑者(35)を逮捕した。中川容疑者は容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年9月下旬、長野県内のコンビニエンスストア駐車場に停めた車の中で、県内に住む少年=当時(17)=が18歳未満であることを知りながら、現金を支払う約束をしてみだらな行為をしたとしている。県警は金額を明らかにしていないが、現金は実際に少年に渡されたという。
 県警がサイバーパトロールをしていたところ、インターネットの出会い系サイトに少年が援助交際を持ちかける書き込みをしているのを発見。少年を補導して事情を聴く中で、今回の事件が発覚したという。
 高源寺の職員は産経新聞の取材に「けさ警察が来て(住職が)連れていかれた。素行に問題はなく、まじめな人だった」と話した。
 高源寺のホームページによると、高源寺は和田竜さん原作の小説「のぼうの城」で豊臣秀吉の忍城攻めの際に、成田氏の家老として戦った正木丹波守利英が、戦死者を供養するために天正19(1590)年に開いた寺。映画では佐藤浩市さんが演じた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170110/afr1701100013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

変圧器で不当に「節電」容疑 電気工事会社長ら書類送検(10日)朝日

飲食店に変圧器を設置して不当に電気代を安くし、関西電力の料金徴収を妨げたとして、大阪府警は10日、偽計業務妨害の疑いなどで東京都渋谷区の電気工事会社「アークインターナショナル」の男性社長(54)=神奈川県藤沢市=ら5人と法人としての同社を書類送検し、発表した。社長は「節電事業だった」と供述しているという。
 捜査1課によると、社長らは昨年5~6月、業務用の大型冷蔵庫やエアコンなどに使用が限られる「低圧電力」契約と、照明や家電に使う「従量電灯」契約を併用している大阪市天王寺区の飲食店に変圧器を設置。2~3割ほど割安な低圧電力用の電圧を変え、照明などに流用させた疑いがある。流用は電気供給約款で禁止されているという。
 この飲食店は工事費約17万円や変圧器のレンタル料月約2万円を社長らに支払っていた。社長らは昨年7月までの約1年間で飲食店など461軒と同様の契約を結んでいたとみられる。
 社長は「約款は関電と国が勝手に決めたもので、契約者を軽視している」と話しているという。http://www.asahi.com/articles/ASK1B5H47K1BPTIL014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランド販売目的所持疑いで経営者逮捕 「ヒルトン名古屋」地下に店(10日)共同

外資系ホテル内にある店舗で、フランスの高級ブランド「エルメス」の偽物商品を販売目的で所持していたとして、愛知県警は10日、商標法違反(販売目的所持)の疑いで、名古屋市中区栄一のブランド衣料・装飾品販売店「LOVE’S(ラブズ)」を経営する姉妹を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、姉妹は昨年11月上旬、同店で、エルメスの人気商品の偽物のバッグなど数十点を販売目的で所持していた疑いが持たれている。
 LOVE’Sは、外資系ホテル「ヒルトン名古屋」の地下専門店街の一角に長年店を構え、名古屋のブランド品販売店の草分け的な存在として、雑誌などで取り上げられたこともあった。姉妹はインターネット上で新商品の入荷情報を掲載するなどし、積極的に店をPRしていた。
 県警は、同店で偽ブランド品が売られているとの情報に基づき捜査。11月上旬に家宅捜索し、バッグなどを押収していた。
 警察庁によると、商標権や著作権など知的財産権の侵害関連の事件は近年増加している。2015年に全国で摘発された事件は606件で、統計が残る1986年以降の30年間で最多だった。このうち偽ブランド品の販売などの商標権侵害事件は316件と、半数を占めている。
 また、14年には、米国の人気アクセサリーブランド「チャン・ルー」の偽物が、松坂屋名古屋店など全国の百貨店で販売されていたことが発覚。警視庁が販売会社の社員らを逮捕した。(中日新聞)http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017011090161314.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の講談社編集次長「子育てのことで夫婦間のトラブル」(10日)TBS

東京・文京区の住宅で妻を殺害したとして講談社の編集者の男が逮捕された事件で、男が「子育てのことで夫婦間のトラブルのようなものがあった」と話していたことがわかりました。
 この事件は、去年8月、大手出版社・講談社の編集次長で韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)が、文京区の自宅で妻の佳菜子さん(38)の首を圧迫して殺害したとして逮捕されたものです。
 取り調べに対し、朴容疑者は「妻を手にかけるようなことはしていません」と容疑を否認していますが、警視庁へのその後の取材で朴容疑者が逮捕前の任意の事情聴取に対し、「子育てのことで夫婦間のトラブルのようなものがあった」「妻が『子育てが大変だ』と愚痴をこぼしていた」と話していたことが分かりました。
 「(家族は)雰囲気としては仲良くしてそう。神経質そうな奥さん、子育てに疲れているような感じ」(近所の人)
 警視庁は夫婦間のトラブルがあったとみて、詳しいいきさつを調べています。
 朴容疑者は大ヒット漫画「進撃の巨人」などに携わる編集者として知られていました。逮捕を受けて、講談社は「本人は無実を主張しており、社として慎重に対処してまいります」などとコメントしています。(10日18:36)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2956853.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

新成人ら7人同乗の車と衝突 トレーラー運転手死亡(10日)テレビ朝日

新成人ら7人が乗った普通乗用車と大型トレーラーが衝突しました。
 警察によりますと、10日午前3時半ごろ、北九州市の交差点で、右折しようとした普通乗用車と直進していた大型トレーラーが衝突しました。トレーラーがはずみで高速道路の支柱に激突し、運転していた徳丸信男さん(50)が搬送先の病院で死亡が確認されました。普通乗用車は新成人の女性(20)が運転していて、合わせて7人が乗っていました。1人が軽いけがをしています。7人は地元の友人で、成人式に合わせて集まっていたということです。この事故で、現場周辺の国道が約4時間半にわたって通行止めになりました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091819.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル) 
検挙は事件抑止の証明
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012481

 身代金目的誘拐事件―最近は、とんと聞かなくなった事件名だ。ただ、大事になる前の未遂事件はある。昨年11月13日に自宅近くの路上で自転車に乗っていた小1年の女児(7)を連れ去ろうとしたとして、警視庁は未成年者略取未遂の容疑で、東京都青梅市の職業不詳の男を逮捕した。女児が抵抗したため逃走したが防犯カメラから犯人を割り出した。男は「いたずら目的だった」と供述しており、身代金目的ではなかった。
 身代金目的と言えば昭和38年3月31日に発生した吉展ちゃん誘拐殺人事件は有名。かつて警視庁の名刑事と言われた平塚八兵衛刑事の活躍で32歳の男が逮捕されたいる。今でも語り継がれている事件だ。
 今回の事件は略取・誘拐、いわゆる連れ去りの未遂でも、いたずら目的で捜査本部を設置するような事件には至らなかった。
 最後の誘拐の捜査本部事件は平成18年6月26日に21歳の4年生の女子大生が誘拐され、身代金3億円を要求する電話が14回もかけてきたが、警視庁は13時間後に犯人の中国人と韓国人ら3人を逮捕した。
 この身代金目的の誘拐事件は昭和50年代には年間で65件も発生していたが、60年代は6件、平成に入り10件と若干増加したものの期間に換算すると減少し続けている。
 減少の理由を検挙率と見る人が多い。検挙率はなんと97、8%を誇る。身代金を手にした犯人は極めて少ないのだ。当然、「割に合わない」犯罪だという認識が広まったものと見ても良いだろう。
 身代金目的という本格的事件ではないが、警察庁によると略取・誘拐(連れ去り)事犯の平成28年11月までの検挙率は90.1%なのだ。中でも熊本の検挙率は150%で全国1位を誇り、2位は京都の120%など100%代が29府県にも及んだ。
 低くても神奈川の47.1%、福島の50.0%の2県だけで、その他は70%以上なのである。
 但し、最近はSNSなどを通じて簡単に未成年者を呼び出し、自宅に連れ込んでもて遊ぶ事件もあり、誘拐事件も時代とともに変わっている。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

シートにつつんだ遺体か、和歌山の山中で発見(10日)読売

 10日午前11時20分頃、和歌山県田辺市龍神村柳瀬の県道脇で、シートにつつまれた人の遺体のようなものを、清掃活動をしていた地元の中学生が見つけた。
 シートの外からは脚のようなものが見えたといい、県警は死体遺棄事件の可能性があるとみて捜査している。
 現場は、田辺市中心部から北東約25キロの山中。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170110-OYT1T50062.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

革マル派議長の住民登録先捜索 議長の本名も特定 (10日)産経

賃貸住宅の更新の際に偽名で作った書類を提出したとして、警視庁と神奈川県警は10日、有印私文書偽造・同行使容疑で、革マル派の植田琢磨議長(70)が住民登録している神奈川県の団地の1室と、東京都葛飾区の関係先の計2カ所を家宅捜索した。
 警視庁公安部は植田議長について、本名は「新田寛」と特定。植田議長は平成8年に黒田寛一前議長から引き継いで革マル派最高幹部となったが、実名が判明するのは初めて。
 捜索容疑は24年3月、アジトとして使っていた荒川区西尾久の部屋の賃貸契約を更新する際、革マル派の60代の男性幹部が偽名で賃貸契約書を作成し、不動産会社に提出した疑い。
http://www.sankei.com/affairs/news/170110/afr1701100011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

講談社「モーニング」の敏腕編集者 妻の殺害容疑で逮捕(10日)産経

 東京都文京区の自宅で昨年8月、首を絞め妻を殺害したとして、警視庁捜査1課は10日、殺人容疑で、講談社「モーニング」編集部編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を逮捕した。関係者によると、朴容疑者はかつて、漫画「進撃の巨人」などのヒット作を生み出した「別冊少年マガジン」の創刊にたずさわったという。
 捜査関係者によると、昨年8月9日未明、同区千駄木の自宅内で、妻=当時(38)=の首を圧迫して殺した疑いが持たれている。
 事件当時、自宅にいた朴容疑者が「妻が倒れた」と119番通報した。警視庁駒込署員が駆けつけたとき、妻は階段下にあおむけで倒れており、病院に運ばれたがまもなく死亡した。おでこには軽い切り傷があるだけで、致命傷となるような目立った外傷はなかったが、司法解剖の結果、頸部圧迫による窒息死と判明した。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

舞妓さんが110番の適切な利用呼びかけ 京都(10日)NHK

1月10日は「110番の日」です。京都市では舞妓さんが警察官たちとともにチラシを配り、110番通報の適切な利用を呼びかけました。
 「110番の日」の10日、京都市の繁華街、祗園にある建仁寺の境内には舞妓さんや警察官などおよそ60人が集まりました。
 はじめに舞妓の千賀※はるさんが地元の東山警察署の一日署長に任命され、「犯罪を検挙して、誰もが安心して過ごせる地域を作ってください。おたのもうします」と訓示しました。
 千賀※はるさんたちはこのあと、「110番は緊急通報」と書かれたチラシを通行人に手渡し110番通報の適切な利用を呼びかけました。
千賀※はるさんは「犯罪のない地域作りを目指して活動しました。何かあったら110番をしてください」と話していました。
 京都府内では去年1年間に110番通報が27万件近くありましたが、このうち、およそ3割はいたずらや観光案内の問い合わせなど緊急性の低いものだったということです。
警察は、緊急性がない場合は全国共通の短縮ダイヤル、「#9110」を利用するよう呼びかけています。
※「はる」は「しんにょう」に「遥」の「つくり」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010834161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者施設の元職員逮捕、埼玉 入居女性骨折させた疑い(10日)共同

埼玉県志木市の高齢者施設で入居女性(92)を殴り骨折させたとして、朝霞署は10日、傷害容疑で施設元職員の田中嗣晃容疑者(30)=同県富士見市鶴瀬西=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月19日午前0時ごろ、志木市の介護付き有料老人ホーム「すこや家・志木柏町」で、ベッドにいた女性の顔を殴って骨折させ、1カ月のけがを負わせた疑い。
 朝霞署によると、女性はほぼ寝たきりだった。田中容疑者は「介護中に手が当たっただけだ」と容疑を否認している。施設関係者が同月21日、朝霞署に相談した。
https://this.kiji.is/191461102765326344?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

原発避難いじめで意見書、金銭トラブル「いじめ認定を」(10日)TBS

福島第一原発事故で福島から自主避難した男子生徒がいじめを受けた問題で、男子生徒の代理人が、同級生らとの金銭トラブルをいじめと認定するよう求める意見書を横浜市に提出しました。
 この問題は、原発事故で福島から横浜市に自主避難してきた中学1年の男子生徒(13)が、小学校で同級生からいじめを受け、不登校になったものです。
 この問題をめぐって、男子生徒の代理人が10日、同級生におよそ150万円を払わされていたことについて、いじめと認定するよう要望する意見書を市長宛てに提出しました。
 意見書で生徒は、「お金を取られたことをいじめとして認めてほしい」などと訴えていて、市の教育委員会は「内容を確認した上で市長に報告するとともに対応を考えたい」としています。(10日13:11)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2956677.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

革マル派拠点を捜索 偽名でマンション契約容疑(10日)日経

 革マル派幹部の男が偽名で賃貸マンションの契約を結んだとして、警視庁公安部は10日、東京都葛飾区にある同派の非公然アジトなど関係先2カ所を有印私文書偽造・同行使の疑いで家宅捜索した。
 捜索容疑は2012年3月、同派幹部で60代の男が荒川区のマンションの賃貸契約を更新する際、別人の名前が書かれた契約書を不動産業者に提出した疑い。
 公安部が13年11月にこのアジトを摘発した際、幹部の男が偽名で借りていた疑いなどが判明したという。同部は関連先として、同派の植田琢磨(本名・新田寛)議長(70)が住民票を置く神奈川県内の集合住宅の部屋も同容疑で捜索した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H5J_Q7A110C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

コロッケさん「正しく通報を」 きょうは110番の日(10日)テレビ朝日

1月10日の「110番の日」にちなみ、警視庁の一日通信指令本部長に任命された物まねタレントのコロッケさんが110番の正しい使い方を呼び掛けました。
 コロッケさん:「はい、110番警視庁です。事件ですか?事故ですか?」
 去年、都内では約176万件の110番通報があり、そのうち3割がいたずら電話や苦情・相談など、急を要する内容ではありませんでした。警視庁は緊急性を伴わない電話が多くなると回線が混雑し、事件や事故などが発生した際に対応が遅れることもあるとしています。警視庁の一日通信指令本部長を務めるコロッケさんは、緊急性を伴わない生活の安全や悩みについては「シャープ9110」に掛けるよう呼び掛けました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091784.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

米タレント、キム・カーダシアンさん襲った強盗で16人逮捕 フランス警察、11億円相当被害(10日)産経

米国の有名タレント、キム・カーダシアンさんが昨年10月、パリで強盗グループに襲われ、宝石など900万ユーロ(約11億円)相当を奪われた事件に絡み、フランス警察は9日、パリ周辺で16人を逮捕した。地元メディアなどが警察筋の話として伝えた。
 報道によると、カーダシアンさんが滞在していたパリ都心の部屋に警官に変装するなどした強盗が押し入り、革ベルトのような物で拘束して浴室に閉じ込めた上、銃を突き付けるなどして宝石類などを奪った。けがはなかった。逮捕者の多くはマフィア関係者。女も数人含まれているという。
 カーダシアンさんは2017年春夏パリ・コレクションなどのため、パリを訪れていた。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/170109/wor1701090044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベンチの向きで事故防げ=ホーム酔客線路転落-JR西など(10日)時事

酔客のホームからの転落事故を防止しようと、JR西日本や大阪市交通局が駅のベンチの向きを90度変えるという「コロンブスの卵」的発想に基づく取り組みを進めている。
 JR西安全研究所と大阪市営地下鉄を運営する同市交通局が共同で、防犯カメラの映像などから酔客の転落例136件のパターンを分析した。その結果、酔客の動きが確認できた82件のうち、「線路に向かって歩いて転落」が47件と6割近くを占めていることが判明。「ホームの端で立ったり座ったりしている状態から転落」が23件、「ホーム上を線路に沿って歩いて転落」が12件だった。
 分析結果を受け、JR西と市交通局は2015年以降、ホームに設置されたベンチの向きを従来の「線路と平行」から、「線路に直角」に変更する取り組みを始めた。ベンチに座っていた酔客が立ち上がっても、線路に向かって行かないようにとの考えだ。
 JR西は京阪神地区を中心に、ホームの幅が広く乗客の通行を妨げにくい約200の駅で変更。市交通局も市営地下鉄17駅で向きを変えた。どちらも、今後も変更を進めていく計画だ。
 JR西によると、酔客以外も含めた同社全体の転落事故件数は12年度は330件だったが、15年度は290件だった。JR西広報部は「検証が難しい面はあるが、一定の効果が出ていると考えている」とした上で、「一番の防止策は、お客さまがお酒を飲み過ぎないことです」と話している。http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011000057&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

景品交換所前で刃物強盗 2人けが 男は逃走(10日)テレビ朝日

千葉県流山市のパチンコ店の景品交換所の前で男が女性客から財布を奪ったうえ、取り押さえようとした通行人の男性を刃物で切り付けて逃走しました。
 9日午後7時ごろ、流山市にあるパチンコ店の景品交換所の前で客の女性(66)が立っていたところ、後ろから近付いてきた男に約8万円の入った財布を奪われました。2人はもみ合いになり、近くにいたパチンコ店の従業員が女性を助けようとすると、男はカッターナイフのような刃物を取り出し、さらに止めに入った通行人の男性(43)を切り付けて逃走しました。男性は腕に軽傷を負い、女性も男に突き飛ばされて頭に軽いけがをしました。警察によりますと、男は身長170センチくらいの痩せ形で、上下黒っぽい服装だったということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091761.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

速報 > 社会 > 記事 「民泊」苦情の窓口1つに 観光庁、新法施行に合わせ(10日)日経

 空き家などに旅行者を有料で泊める「民泊」について、観光庁は騒音などの苦情や開設手続きなどの相談を一括して受け付ける専用窓口を設ける方針を固めた。民泊の基本的なルールを定めた新法の施行時期をめどに開設する。民泊を巡っては所轄する部署が多岐にわたるため、相談先が分かりづらく、窓口を一元化してトラブル防止や民泊の適正化につなげる。
 国土交通、厚生労働両省は今年の通常国会に新法案を提出する見通しで、成立…
[有料会員限定]
 この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11469860Z00C17A1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

新成人に薬物の危険性を訴えるイベント 東京・新宿(10日)TBS

成人の日の9日、東京・新宿区で新成人に薬物の危険性を訴える警視庁などのイベントが行われました。
 9日午後、新宿区の成人式会場で、警視庁などによる薬物の危険性を訴えるイベントが行われました。イベントでは、薬物乱用の防止を訴えるポスターが展示されたほか、警視庁の薬物捜査に携わる警察官が薬物の有害性について説明し、新成人たちは熱心に耳を傾けていました。
 警視庁は「薬物の危険性、有害性について正しい知識を身につけて欲しい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2956112.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

110番通報、前年比13万件減 携帯からは過去最多(10日)共同

昨年1~11月に全国の警察が受理した110番通報は828万2235件で、前年同期より13万7503件(1.6%)減少したことが10日、警察庁のまとめで分かった。このうち、携帯電話やスマートフォンからの通報は全体の71.5%となる592万1703件で、割合、件数ともに過去最多だった。
 警察庁の担当者は、通報が減少した理由を「刑法犯の認知件数が減り続けている上に、相談ダイヤル『#9110』など他の窓口の認知度が上がってきたためではないか」と話している。
 警察庁によると、事件や事故で緊急対応を要する内容は665万5309件で、全体の80.4%だった。https://this.kiji.is/191280655004860418?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転者本人の事故死の割合 75歳以上は約2倍に(10日)NHK

高齢者ドライバーの事故防止が課題となる中、おととし1年間に起きた75歳以上のドライバーによる死亡事故で、運転していた本人が死亡した割合は、75歳未満のドライバーのおよそ2倍に上ったことが、警察庁への取材でわかりました。警察庁は身体能力や判断力の低下が背景にあると見て、今後の対策に生かしたいとしています。
 警察庁によりますと、去年1年間に交通事故で死亡した人は3904人で、政府は平成32年までに、交通事故の死亡者を2500人以下にする目標を立てています。
 高齢者ドライバーの事故防止が実現への課題となる中、おととし1年間に起きた死亡事故のうち、75歳以上のドライバーによる事故で運転していた本人が死亡した割合は、75歳未満のドライバーのおよそ2倍に上ったことが、警察庁への取材でわかりました。
 警察庁によりますと、75歳以上では死亡した474人のうちおよそ64%の303人が、75歳未満では死亡した3199人のうちおよそ32%の1010人がドライバー本人で、本人が死亡する割合は年齢が上がるにつれ高くなる傾向だということです。
 警察庁は、高齢による身体能力や判断力の低下が背景にあると見て、「詳細な分析を進めて今後の対策に生かすとともに、運転に不安を感じる人はぜひ警察に相談してほしい」としています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010833721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

筑波大生不明前後の8日間、チリ人の男は在仏(10日)読売

【パリ=三好益史】フランス東部ブザンソンの大学に留学している筑波大3年の黒崎

愛海

なるみ

さん(21)が行方不明になっている事件で、仏検察が殺人容疑で国際手配した元交際相手のチリ人の男が、黒崎さんの消息が不明になった前後の少なくとも8日間、ブザンソン周辺に滞在していたことが分かった。
 仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが報じた。
 報道によると、男は滞在中、レンタカーのミニバンを借りており、GPS(全地球測位システム)情報などから昨年11月30日から12月7日まで、ブザンソンや南西に約50キロ離れたドールなどを移動していたことが判明した。黒崎さんは12月4日に行方が分からなくなっており、捜査当局はこれらの情報を基に黒崎さんの捜索に当たっている。

(ここまで326文字 / 残り59文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170109-OYT1T50068.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人客乗ったマイクロバスが衝突、13人搬送(10日)読売

 9日午後9時15分頃、北海道共和町の国道5号で、中国人観光客11人が乗ったマイクロバスと乗用車が正面衝突した。
 この事故で、バスの中国人客11人と日本人運転手の男性、乗用車を運転していた男性の計13人が病院に搬送された。いずれも打撲やすり傷などの軽傷という。
 道警岩内署によると、バスは小樽市内から留寿都村に向かっていたという。同署では、事故当時、路面が凍結していたことから、乗用車がスリップして対向車線にはみ出たとみて調べている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170110-OYT1T50003.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月9日 | トップページ | 2017年1月11日 »