« 2017年1月2日 | トップページ | 2017年1月4日 »

2017年1月3日

2017年1月 3日 (火)

民進・共産の事務所で損壊 旭川、灯油パイプ切られ街宣車の窓割られる(3日)産経

北海道旭川市の民進党北海道第6区総支部事務所で、昨年12月31日から今年1月1日までの間に、屋外に設置された暖房用の灯油タンクから屋内に延びるパイプが切断され、灯油が漏れ出す被害があったことが3日、分かった。旭川市の共産党地区委員会事務所でも同様に灯油用のパイプが切られており、旭川中央署が器物損壊事件として調べている。
 民進党関係者によると、総支部事務所の駐車場に止めていた街宣用ワゴン車も、フロントガラスなどが割られ、タイヤ数本がパンクさせられていた。タイヤは刃物か工具のようなもので穴を開けられていたという。総支部事務所は31日夕から無人で、1日朝に訪れた市議が被害に気付いた。
 両事務所が1日に被害届を出した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170103/afr1701030011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】特殊詐欺グループvs警察の仁義なき戦い 「社会の敵」を撲滅せよ…犯罪ツールは次々進化(3日)産経

「パブリック・エネミー・ナンバーワン」(社会の一番の敵)。20世紀初頭、FBIが不法行為を繰り返したギャング、ジョン・デリンジャーを評した言葉だ。現代において「社会の敵」と言えるのは、振り込め詐欺グループだろう。平成28年は携帯電話を提供する「レンタル業者」、アジトを提供する「不動産業者」、現金の回収を担う「バイク便業者」など、特殊詐欺の道具屋の暗躍が新たに確認された。警察当局はこれらの業者を詐欺グループの一員として摘発しているが、道具屋も次々と新しい方法を導入。「社会の敵」と捜査当局のイタチごっこは29年も続きそうだ。
 「事務所」はマンションの1室…「犯罪のための業者」

 都内にあるマンションの一室。一般の住宅と変わらない室内には金髪に黒いジャージーを着た女性と、横柄な態度でたばこを吸う男性の2人だけがいた。
 特殊詐欺に使われた携帯電話の回線をたどり、詐欺グループに携帯電話を貸し出したレンタル業者にたどり着いた警視庁の捜査員が見たのは、こんな光景だった。店の看板があるわけでもなく、室内には複数のスマートフォンがあるだけ。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

路線バスと乗用車が正面衝突、9人負傷…横浜(3日)読売

3日午後4時頃、横浜市金沢区柴町の市道で、京浜急行バスの路線バスと乗用車が正面衝突した。
 バスの乗客と運転手、乗用車の運転手ら計9人が負傷し、病院に搬送された。
 現場は片側1車線の道路。神奈川県警金沢署が事故原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170103-OYT1T50084.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏留学生不明、寮非常口付近に大量の血痕…仏紙(3日)読売

【パリ=三好益史】フランス東部ブザンソンの大学に留学中の筑波大3年、黒崎

愛海

なるみ

さん(21)が行方不明になっている事件で、黒崎さんの寮の非常口付近で大量の血痕が見つかっていたことが分かった。
 地方紙レスト・レピュブリカン(電子版)が3日報じた。捜査当局は黒崎さんの血痕かどうか確認を進めている。
 同紙によると、血痕は大きさが直径2~3センチで、コンクリートの床の上の約30センチ四方の範囲に点々と付いていた。捜査当局は12月中旬に血痕を採取した。血痕の近くには車のタイヤの痕も見つかったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170103-OYT1T50086.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

院長が火事で死亡の高野病院 広野町が存続支援へ(3日)NHK

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で一時、ほとんどの住民が避難した福島県広野町で、町内にとどまって診療を続けてきた病院の院長が火事で死亡し、広野町は地域に欠かせない医療機関を存続させるため、常勤医師の確保など支援に乗り出すことを明らかにしました。
 東京電力福島第一原発の半径20キロから30キロの範囲にある広野町では、原発事故のあと、町役場やほぼすべての住民が一時避難しましたが、町にある民間の高野病院は診療を続けました。
 この病院の院長、高野英男さん(81)の自宅で先月30日に火事があり、見つかった男性の遺体が3日、高野院長と確認されました。高野院長は高野病院唯一の常勤医師でしたが、亡くなったことで、病院の設置に法律上必要となる常勤の医師がいなくなりました。
 広野町の遠藤智町長は3日役場で会見を開き、地域に欠かせない医療機関を存続させるため、支援に乗り出すことを明らかにしました。
 具体的には高野病院の常勤医師確保のため、福島県への協力要請や全国への呼びかけを行うとともに、診療の一部を担うボランティアの医師を募る窓口を町役場に設けるということです。また、非常勤などの医師が町を訪れる際の交通費や宿泊費の補助も行うということです。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010828091000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

東名で車16台が“玉突き” 高速道路で事故相次ぐ(3日)テレビ朝日

渋滞している東名高速で、乗用車16台が絡む玉突き事故が起きるなどUターンラッシュが続く高速道路で事故が相次ぎました。
 警察によりますと、3日午前10時20分ごろ、東名高速の上り都夫良野トンネルで渋滞している車の列に後ろからきた乗用車が衝突し、後続車両などと合わせて16台が次々と玉突き事故を起こしました。2人が軽傷です。この事故の影響で午後5時現在、東名高速は都夫良野トンネル付近の上り線で約19キロ渋滞しています。正午すぎには、東名高速から続く首都高速3号線の上り用賀料金所の手前でトラックが渋滞中の車の列の最後尾に衝突し、前にいた乗用車3台がはずみで次々と衝突しました。この事故で、乗用車に乗っていた男女4人が首を痛めるなど軽いけがをしました。日本道路交通情報センターによりますと、午後5時現在、中央自動車道は小仏トンネル付近を先頭に12キロ渋滞しています。このほか、東名高速は大和トンネル付近を先頭に8キロの渋滞となっています。各地の渋滞はこの後、夜にかけて解消に向かう見通しです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091367.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・東村山市の2階建て住宅で火事、女性が死亡(3日)TBS

3日午後、東京・東村山市の住宅で火事があり、住人の88歳とみられる女性が死亡しました。
 3日午後1時前、東村山市・本町の住宅で「煙が出ている」と近所に住む男性から119番通報がありました。火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、2階建て住宅の2階部分15平方メートルが焼けました。
 火元の住宅の2階から女性が助け出され病院に運ばれましたが、全身にやけどをしていて、その後、死亡が確認されました。
 この家に住む安保ユキさん(88)と連絡がとれなくなっているということで、警視庁は亡くなったのは安保さんとみて身元の確認を急ぐと共に、出火の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2952182.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル) 
ようやく〝武器〟を得た
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012466

 危険性を指摘されていながら放置されていたSNSによるストーカー行為が追加されたほか、警察が相談を受けて危険性があると判断、対処しようとしても被害者自身が望まないため手が出せなかった親告罪が、今度は非親告罪になるなど凶悪事件の未然防止のためのストーカー規制法が3日、施行された。
 警察庁によるとストーカー加害者と被害者の関係を調査した数字がある。平成26年10月から12月の間、警視庁など関東管区の10都県の警察管内での数字だ。
 それによると加害者として警告を受けた176人のうち、8割り強の158人が男性で女性は18人だけだった。
年齢的には30歳代が49人と最も多く、20歳代が46人、40歳代が44人、50歳代が18人で、なんと10歳代が8人、60歳代が6人、70歳代も5人がいた。
 加害者と被害者の関係は交際相手と元交際相手が99人と最も多く、知人・友人が26人、業務上関係が16人、面識がない場合でも11人おり、これが怖い。内縁・元内縁が4人の順。
 さらに加害者176人のうち、実刑となったのはわずか4人。残り172人のうち19人(11.0%)が再度相談している。この中に危険性の高い相談が含まれているのだ。事件が起きてから、「警察に相談していたのに」と、何度、批判を受けたことか…
 さぁ、これからは徹底逮捕で臨もうじやないか。
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際手配の男、チリの自宅で目撃…仏留学生不明(3日)読売

【サンティアゴ=田口直樹】フランス東部ブザンソンの大学に留学中の筑波大3年、黒崎

愛海

なるみ

さん(21)が行方不明になっている事件で、国際手配されている20歳代のチリ人の男が昨年12月下旬、首都サンティアゴにある自宅で目撃されていたことがわかった。
 チリと仏の捜査当局が連携して行方を追っている。
 サンティアゴ東部の高級住宅街にある男の自宅マンションの管理人は読売新聞の取材に対し、「男は少なくとも5年以上前から住んでいる。最後に出入りを確認したのは12月28日頃で、その後は見かけていない」と証言した。
 黒崎さんは12月4日、ブザンソン郊外のレストランで男と夕食をとり、2人で黒崎さんの部屋に向かったのを最後に連絡が途絶えている。男は7日に列車で仏国外に出た後、飛行機でチリに帰国したとみられる。
 チリ警察の広報担当者は「本格的な捜査はこれからだ」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170102-OYT1T50085.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

車衝突で3人死傷、島根 安来市の国道9号(3日)共同

2日午後8時55分ごろ、島根県安来市島田町の国道9号で、同市汐手が丘の会社員山本善郎さん(60)の軽乗用車と松江市東出雲町錦新町の教員井上和幸さん(32)の乗用車が衝突した。山本さんが体を強く打って死亡、井上さんの長男優弥ちゃん(1)が意識不明の重体で、妻真由美さん(35)も足などを骨折する重傷。
 安来署によると、現場は片側1車線の緩やかなカーブで、山本さんの車が反対車線にはみ出したとみて捜査している。井上さんにけがはなかった。
https://this.kiji.is/188813145949880329?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

バス運転手、居眠りしそうになると警告 神戸で実証実験(3日)朝日

 運転手の健康状態と車両情報を計測し、居眠りしそうになったら警告を出す仕組みを、大阪電気通信大や京都産業大などのグループが開発した。「みなと観光バス」(神戸市)の神戸市内を走る路線バスで、実証実験を進めている。
 運転手の居眠りや注意力散漫による重大事故は社会問題になった。眠気や注意力の状態をつかむため、研究グループは運転席の背もたれに薄い生体センサーを設置。体に触れずに、マイクロ波で運転手の呼吸状態と心拍数を測れるようにした。腕時計型や耳たぶにつける肌に接触するセンサーより、運転手に違和感を与えずに済むという。
 運転手の呼吸数や心拍数が基準値以下になると、居眠りなどの恐れが高まったとして、レベルに応じて運転席のLEDランプが黄色や赤色に光り、注意する。
 また、生体センサーの情報と、…残り:340文字/全文:672文字
http://www.asahi.com/articles/ASJDQ6S66JDQPLBJ006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【新橋トラブル】自首した会社員の31歳男を逮捕 風俗店案内所の男性死亡(3日)産経

1日午後10時25分ごろ、東京都港区新橋の路上で、風俗店案内所従業員の男性(54)が、2人組の男とトラブルになり、胸ぐらをつかまれた後に意識を失い、搬送先の病院で死亡した事件で、警視庁は2日、愛宕署に自首してきた2人のうち江東区に住む会社員の男(31)を暴行容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は男性の胸ぐらをつかんで暴行したとしている。男は容疑を認めており、同署は一緒に自首してきた横浜市の30代の会社員男性からも事情を聴いて調べを進めている。
 同署によると、2人は案内所近くのゴミ箱を蹴ったと男性に注意され、トラブルになった。男性は心臓に持病があったといい、同署は詳しい死因を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170103/afr1701030002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ネットストーカー」を阻止せよ 改正ストーカー法が施行 SNS付きまとい規制開始(3日)産経

会員制交流サイト(SNS)での付きまといを新たに規制対象に追加し、罰則を強化することを柱とした改正ストーカー規制法が3日、施行された。中高生らを中心に深刻化しているインターネット上の付きまとい「ネットストーカー」に幅広く規制の網を掛け、凶悪事件を未然に防ぐのが狙いだ。
 今回規制対象に追加されたのは、拒まれているのにSNSでメッセージを連続送信したり、ブログに執拗な書き込みをしたりする行為。改正のきっかけは昨年5月、東京都小金井市で音楽活動をしていた冨田真由さん(21)がファンの男にツイッターに執拗な書き込みをされた末、刃物で刺されて一時重体となった事件だった。冨田さんは昨年12月に手記を公表。男から生死に関するSNSの書き込みが1日に何件もくるようになり、警視庁に「殺されるかもしれない」と何度も相談したのに、危険性がないと判断されたことを「今でも理解できません」とつづった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170103/afr1701030001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮拉致発生から40年 山場の年 戦略的取り組みを(3日)NHK

北朝鮮による拉致問題は、ことし発生から40年、被害者の家族会が結成されて20年の節目の年となります。高齢となった家族は、ことしを山場の年と位置づけ、政府に対し、北朝鮮の指導部に拉致被害者の帰国を決断させる戦略的な取り組みを求めていくことにしています。 拉致問題をめぐっては、北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返した去年、具体的な進展はなく、依然、こう着状態が続いています。その一方で、政府が北朝鮮に拉致されたと認定している被害者のうち、横田めぐみさんや田口八重子さんなど安否がわかっていない12人の平均年齢はことし68歳を超えます。
また、帰国を待ち続ける家族の高齢化も一段と進んでいて、「元気なうちに再会を果たしたい」という思いは年々、切実さを増しています。
 拉致問題は、ことし、最初の事件の発生から、ちょうど40年が経過するほか、被害者の家族会が結成され政府への訴えや街頭署名などの救出活動が始まってから20年の節目の年となります。
 このため家族は、ことしを山場の年と位置づけ、政府に対し、北朝鮮の指導部にすべての拉致被害者の帰国を決断させる戦略的な取り組みを求めていくことにしています。

詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010827571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅全焼 焼け跡から2人の遺体 埼玉 上尾(3日)NHK

日未明、埼玉県上尾市で住宅1棟が全焼して2人が遺体で見つかりました。この家に住むきょうだい2人と連絡が取れなくなっているということで、警察が確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。
 3日午前0時半すぎ、埼玉県上尾市井戸木の館山忠悦さん(72)の住宅から火が出ているのを、近くを通りかかった人が見つけ消防に通報しました。消防車12台が出て消火にあたり、火は2時間近くでほぼ消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
 警察によりますと、この住宅には、館山さんと68歳の妹が住んでいて、火事のあと連絡がとれなくなっているということです。
 現場の周辺は閑静な住宅地で、警察は見つかった2人の身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010827661000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始に火災、県内で相次ぐ 川口では3件の連続不審火が発生(3日)共同

       

 県内では年末から年始にかけて、火災が相次いだ。川口市内では2日夕、3件の連続不審火が発生。さいたま市や熊谷市でも住宅が焼けるなどの火災があった。いずれもけが人はいなかった。
 2日午前4時すぎ、川口市並木3丁目のごみ置き場に置かれたごみから出火し、通行人が119番した。約90メートル先のごみ置き場でもごみが燃え、別の通行人が119番。午前4時10分ごろには、駆け付けた署員が約250メートル離れたビル敷地内で段ボールからの出火を発見。ビルの壁面と隣接する自動販売機1台が燃えた。3件の火災が短時間に約250メートル圏内で発生していることから、川口署で不審火の可能性もあるとみて調べている。
 さいたま市南区関1丁目では1日午後7時20ごろ、木造2階建てアパート202号室から出火、ドアや玄関付近約15平方メートルを焼いた。
 浦和署によると、この部屋に住む30代男性が帰宅した際、木製の玄関ドアが焦げているのを発見し110番。同署は、ドアにの郵便ポストから室内に、火を付けた何かを入れられた可能性もあるとみて調べている。
 12月31日午後8時25分ごろには、さいたま市緑区中尾、鈴木朋実さん(58)方から出火、木造2階建ての2階台所などが燃えた。浦和東署が出火原因を調べている。
 熊谷市内では2件の火災が発生。1日午後7時20分ごろ、同市桜木町1丁目のごみ置き場から出火、可燃ごみなどが燃えた。1日午後11時45分ごろには、熊谷市日向、船田昭介さん方から出火、木造2階建て住宅が全焼した。熊谷署で出火原因を調べている。       
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/01/03/02.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道は“Uターンラッシュ”続く、“空”と“新幹線”は混雑ピーク(3日)TBS

年末年始をふるさとや行楽地で過ごした人たちの高速道路のUターンラッシュは、きょう3日も続く見通しです。
 2日、高速道路は混雑のピークとなりました。日本道路交通情報センターによりますと、2日は、いずれも上りで、東北道・羽生パーキングエリア付近で午後5時ごろに35キロ、東名高速・大和トンネル付近で午後5時ごろに30キロ、常磐道・三郷ジャンクション付近で午後6時ごろに30キロなど、各地で渋滞が発生しました。
 Uターンラッシュは、3日も続く見通しで、東名高速上り・大和トンネル付近で午後2時ごろに45キロ、名神高速上り・小牧インターチェンジ付近で午後4時ごろに30キロなど、各地で渋滞が予想されています。
 一方、空の便と新幹線は、3日に混雑のピークを迎える見通しです。(03日01:51)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2951944.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山で遭難、5人死亡 1人心肺停止・1人意識不明(3日)日経

富士山や埼玉・秩父、南アルプスなど各地の山で大みそかから2日にかけて登山者の遭難などが相次ぎ、5人が死亡、1人が心肺停止、1人が意識不明の重体となった。
 1日午後1時半ごろ、富士山の山梨県側8合目付近で、神奈川県海老名市の会社員、水谷忠英さん(37)が滑落、約3時間後に6合目付近で山梨県警に救助されたが死亡した。6合目付近では2日午前10時ごろ、別の男性1人も心肺停止状態で見つかり県警が身元確認を進めている。
 水谷さんの滑落を目撃、通報した神奈川県大和市の団体職員、藤沢敏也さん(45)も遭難、山梨、静岡両県警に2日救助された。左脚打撲の軽傷を負った。
 長野、山梨両県にまたがる南アルプス駒ケ岳の山頂付近では2日午後2時50分ごろ、滑落したとみられるさいたま市北区の会社員、麻生裕一さん(38)を山梨県警のヘリコプターが発見。麻生さんは病院に収容されたが、死亡が確認された。
 長野県白馬村でも2日、スキーをしていた白馬村の自営業、丹後智宏さん(28)が雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体。大町署によると、丹後さんは知人と3人で「白馬八方尾根スキー場」のコースから外れてスキーをしていた。一緒にいた2人にけがはなかった。
 埼玉県秩父市の雁坂峠付近では1日午前7時50分ごろ、東京都世田谷区のパート、臼井貞文さん(37)が滑落したと通報があった。埼玉県警が約2時間半後、登山道から約200メートルの崖下で臼井さんと、救助に向かった東京都国立市の公務員、後藤主昇さん(51)が倒れているのを発見。2人は病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 昨年12月31日には、南アルプスの北岳(山梨県)で東京都江東区の中嶋稔さん(59)が滑落、死亡。北アルプスの槍ケ岳の山頂付近でも3人が滑落し、軽傷の2人が岐阜県警に救助された。1人はけががなく自力で下山した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H0P_S7A100C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「介護疲れで…」 傷害容疑で47歳長男を逮捕(3日)テレビ朝日

神奈川県大和市で、同居する母親の顔などを殴ってけがをさせたとして47歳の長男が逮捕されました。母親は元日の夜、自宅で死亡しているのが見つかりました。
 大和市の自称・派遣社員、田嶋雅敏容疑者は先月中旬ごろ、大和市内の自宅で母親のフミ子さん(73)の顔などを殴ってけがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、田嶋容疑者が元日の夜、「母が死んでいる」などと自ら消防に通報し、事件が発覚しました。フミ子さんの全身には殴られたような複数のあざがあったということです。取り調べに対し、田嶋容疑者は「介護疲れでイライラして殴った」などと容疑を認めています。警察は司法解剖を行い、死因について詳しく調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091345.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月2日 | トップページ | 2017年1月4日 »