« 元檀家総代も背任容疑で逮捕 住職の融資めぐる事件(8日)朝日 | トップページ | 無免許で暴走の16歳、未熟運転容疑で送検へ 福岡県警(9日)朝日 »

2016年12月 8日 (木)

「ごみ屋敷」男性、宅地売却し撤去費全額支払い(8日)読売

愛知県豊田市保見ヶ丘の「ごみ屋敷」が2015年に焼失した問題で、市は7日、住んでいた男性が更地になった宅地を売却し、市が支払いを求めていたごみの撤去費の残金など計約190万円を全額回収したと発表した。
 男性は延焼した2軒の近隣住民と和解し、計約820万円の賠償金を支払った。
 市などによると、市は10年と13年の2回、住宅や周辺道路に集積されたごみを近隣住民と協力して取り除き、撤去費として総額約350万円を住んでいた男性に請求し、男性は月々の分割払いの返済を続けていた。
 ところが、昨年8月、男性のごみ屋敷から出火する火災が発生し、大量のごみとともに木造2階住宅が全焼する大火となって隣家にも類焼した。このうち、全焼と半焼した2軒の住民2人が今年4月、損害賠償請求訴訟を名古屋地裁岡崎支部に起こし、賠償金の支払いが滞ることがないようにごみ屋敷だった宅地の仮差し押さえを申し立てた。
 5月に仮差し押さえの命令が出た後、市は男性の支払い能力を考えて残金の一括払いなどを求めた。11月に男性と住民2人の間で和解が成立。男性が宅地を売却し、今月6日に市と住民2人に全額が支払われた。
 住民の代理人を務めた藤田哲弁護士は「住民は、ごみが再び集められるのではないかという不安から訴訟を起こした。今回は火事という残念な結果になったが、男性が土地を手放し、安心できる住民の暮らしが戻った。全国で起きているごみ屋敷の解消を目指すうえで意義ある訴訟となった」と語った。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161208-OYT1T50021.html?from=ycont_top_txt

« 元檀家総代も背任容疑で逮捕 住職の融資めぐる事件(8日)朝日 | トップページ | 無免許で暴走の16歳、未熟運転容疑で送検へ 福岡県警(9日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64599538

この記事へのトラックバック一覧です: 「ごみ屋敷」男性、宅地売却し撤去費全額支払い(8日)読売:

« 元檀家総代も背任容疑で逮捕 住職の融資めぐる事件(8日)朝日 | トップページ | 無免許で暴走の16歳、未熟運転容疑で送検へ 福岡県警(9日)朝日 »