« 下関の別荘男性遺体、遺棄容疑で男2人を逮捕(21日)読売 | トップページ | 女子大学生殺害 専門家「捜査手法の検討を」(21日)NHK »

2016年12月21日 (水)

独トラック突入 IS系通信社関与認める(21日)NHK

ドイツの首都ベルリンで、屋外の市場に大型のトラックが突っ込んで12人が死亡した事件で、捜査当局は拘束していた男性を釈放し、実行犯がいまだに逃走を続けているとして、行方を追っていることを明らかにしました。一方、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのある通信社が「作戦を実行したのは、ISの戦士だ」と伝え、事件への関与を認めました。
 ベルリンの中心部にあるクリスマスの飾りなどを売っている屋外の市場に、19日夜、日本時間の20日朝、大型トラックが突っ込み、これまでに12人が死亡、45人がけがをしました。
 警察は当初、トラックを運転していて現場から逃走したとみられていた男性を拘束したと発表し、デメジエール内相もドイツに難民として入国したパキスタン出身と見られる人物だと説明していました。
 しかし、検察は20日午後、この男性が一貫して容疑を否認していたうえ、目撃証言もあいまいで事件への関与を裏付ける十分な証拠が得られなかったとして、男性を釈放したと発表しました。
そして、実行犯がいまだに逃走を続けているとして、行方を捜査していることを明らかにするとともに、市民に対して警戒を怠らず、不審な情報があれば直ちに警察に通報するよう、呼びかけました。
 一方、過激派組織ISとつながりのある「アマーク通信」は20日、「作戦を実行したのはISの戦士だ。われわれと敵対する有志連合の国々の国民を狙えという呼びかけに応じたものだ」と伝え、事件への関与を認めました。
 ベルリンの市民の間では、クリスマスを控えた時期に凶悪な事件が起きた衝撃に加え、実行犯がいまなお逃走を続けていることに不安が広がっています。
 ベルリンに暮らしている女性は、「毎日ほぼ満員の地下鉄を利用していますが、爆発物を持ちこむこともとても容易で、また事件が起きるかも知れません」と、強い不安を訴えていました。
また、ドイツ西部から出張で訪れているという男性も、「とても複雑な気分ですが、身を守るために周囲に気を配るくらいしか、できません」と無力感を訴えていました。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161221/k10010814621000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 下関の別荘男性遺体、遺棄容疑で男2人を逮捕(21日)読売 | トップページ | 女子大学生殺害 専門家「捜査手法の検討を」(21日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64653061

この記事へのトラックバック一覧です: 独トラック突入 IS系通信社関与認める(21日)NHK:

« 下関の別荘男性遺体、遺棄容疑で男2人を逮捕(21日)読売 | トップページ | 女子大学生殺害 専門家「捜査手法の検討を」(21日)NHK »