« 新宿区マンション男性死亡 住吉会系の組員ら逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 7年間で4億円着服か 三井住友銀の30代元女性行員(22日)テレビ朝日 »

2016年12月22日 (木)

福岡・飯塚市長と副市長が賭けマージャン、平日昼に庁舎を離れて繰り返し 市議会で「心よりおわび」(22日)産経

福岡県飯塚市の斉藤守史市長(68)と田中秀哲副市長(69)が平日の日中に市庁舎を離れ、市内で賭けマージャンを繰り返ししていたことが22日、分かった。2人は事実関係を認め、この日の定例市議会で陳謝した。
 市長は、マージャンには市内業者も同席していたと説明したが「単なる旧知の知人で、便宜供与を図ったことはない」と強調した。市議会に「副市長が頻繁にマージャン店に出入りし、市の指定管理者の葬祭業者も入っている」との情報が寄せられていた。
 定例市議会の冒頭、斉藤市長は壇上に立ち「市政に対する信頼を大きく損なわせ、心よりおわびしたい」と謝罪し、田中副市長も「軽はずみな行動だった」と頭を下げた。市長と同様「不正を図ったことは一切ない」と述べた。
 斉藤市長は同市の食品会社社長を経て、2006年の市長選で初当選し現在3期目。田中副市長は市財務部長などを経て、10年から現職。
 市長、副市長とも地方公務員法が規定する「特別職」で、勤務時間は定められていない。
http://www.sankei.com/west/news/161222/wst1612220028-n1.html

« 新宿区マンション男性死亡 住吉会系の組員ら逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 7年間で4億円着服か 三井住友銀の30代元女性行員(22日)テレビ朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64657922

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡・飯塚市長と副市長が賭けマージャン、平日昼に庁舎を離れて繰り返し 市議会で「心よりおわび」(22日)産経:

« 新宿区マンション男性死亡 住吉会系の組員ら逮捕(22日)テレビ朝日 | トップページ | 7年間で4億円着服か 三井住友銀の30代元女性行員(22日)テレビ朝日 »