« 上野駅に「13・5番線」新設へ あの豪華寝台列車専用(6日)朝日 | トップページ | <朝霞男性殺人>元警官、41万円の指輪も購入「脅され別れられず」(6日)共同 »

2016年12月 6日 (火)

米軍ヘリコプター発着場建設中止求める申し立て 退ける決定(6日)NHK

沖縄のアメリカ軍北部訓練場で進められているヘリコプター発着場の建設工事の中止を求める住民の仮処分の申し立てについて、那覇地方裁判所は、「工事が完成して米軍機が運航を開始しても、予想を超える騒音の発生は考えがたい」として、退ける決定を出しました。
 沖縄のアメリカ軍北部訓練場で進められているヘリコプター発着場の建設工事について、現場近くの東村高江地区の住民31人は、「完成すれば軍用機による騒音が激しくなり健康を維持できなくなる」などとして、ことし9月、国に工事の中止を求める仮処分を那覇地方裁判所に申し立てていました。
 6日の決定で、那覇地方裁判所の森鍵一裁判長は、「6か所の発着場のうち、すでに完成して運用されている2か所の騒音の大きさは国が予測した範囲に収まっている。残りの4か所の工事が完成して米軍機が運航を開始しても、予想を超える騒音の発生は考えがたい」と指摘して申し立てを退けました。
 北部訓練場をめぐっては、建設に反対する人たちが工事現場の周辺で抗議活動を続け、警察の機動隊員らともみ合いになって逮捕者も出ています。日米両政府の合意により、訓練場の半分を超えるおよそ4000ヘクタールの敷地を日本側に返還する条件として、国がヘリコプターの発着場を完成させることになっていて、建設工事の大部分が終わり、今月22日に敷地が返還される予定になっています。 
 住民側の弁護を担当した横田達弁護士は、記者会見で、「住民が耐えられないほどの騒音にさらされているにもかかわらず、裁判所はうるさくないでしょうとして騒音被害に耳を傾けず切り捨てた。極めて不当な決定だ」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161206/k10010797251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

« 上野駅に「13・5番線」新設へ あの豪華寝台列車専用(6日)朝日 | トップページ | <朝霞男性殺人>元警官、41万円の指輪も購入「脅され別れられず」(6日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64591189

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍ヘリコプター発着場建設中止求める申し立て 退ける決定(6日)NHK:

« 上野駅に「13・5番線」新設へ あの豪華寝台列車専用(6日)朝日 | トップページ | <朝霞男性殺人>元警官、41万円の指輪も購入「脅され別れられず」(6日)共同 »