« レストランの女子トイレで盗撮、経営者の男逮捕(13日)産経 | トップページ | 検診受診者に不必要な採血 事務職員が独断で指示(13日)テレビ朝日 »

2016年12月13日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル) 
重要犯罪の検挙率あがる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012437

 最近、年末だなぁと思わせる事件が続いている。
 宇都宮市では28歳の看護師が殺害され、札幌市では65歳の男性が殺されているのが見つかった。幸い宇都宮の事件は犯人が逮捕された。
 12日には東京都墨田区の路上で、帰宅途中の女性(21)が頭を数回殴られたうえにカバンを奪われ、なんと千葉大医学部の学生が飲み会に参加した女性を3人で強姦。福岡県久留米市では事務所の車庫に止めていた軽乗用車が放火されるなど殺人、強盗、強姦、放火の重要事件が相次いでいる。これら重要事件は治安情勢を観察するうえで指標となる事件だ。
 警察庁によると今年11月までの認知件数は1万0698件で前年に比べて912件減少。ここ数年は減少傾向が続いている。
 ランキングでは大阪の1641件、東京の1434件、埼玉755件、神奈川717件、千葉669件と都市部で発生が多い。
 重要犯を含めて刑法犯全体が減少しているのに、増加したのは千葉の+124埼玉の+22件、静岡の+18件、三重の+9件など。
 一方、検挙率は昨年より4.1ポイントもアップして77.6%と比較的高い。ランキングでは高知の108.3%を頭に秋田の104%、福井の102%、和歌山、岡山の100%の順。
 これに対して低かったのは大阪の58.6%、千葉の64.3%、宮崎の67.1%、静岡の68.7%、滋賀の71.4%の順だが滋賀のように7割を逮捕しているのだから、立派な成績である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
困り事相談回答集downwardleft

【東京体感治安判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

全国の体感治安(警察庁資料参考)
□治安安定 白色 □やや安定 黄色 □普通 緑色 □不安定 青色 □悪い 赤

F1012226

 

« レストランの女子トイレで盗撮、経営者の男逮捕(13日)産経 | トップページ | 検診受診者に不必要な採血 事務職員が独断で指示(13日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64621206

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« レストランの女子トイレで盗撮、経営者の男逮捕(13日)産経 | トップページ | 検診受診者に不必要な採血 事務職員が独断で指示(13日)テレビ朝日 »