« 暴力団事務所入るビルに弾痕 東京 新宿(20日)NHK | トップページ | 全裸遺体を運んだ?軽乗用車で逃げる不審者の情報も(20日)テレビ朝日 »

2016年12月20日 (火)

辺野古訴訟で沖縄県の敗訴確定、工事再開へ(20日)TBS

アメリカ軍普天間基地の辺野古への移設をめぐって国が沖縄県知事を訴えた裁判で、最高裁は沖縄県の上告を棄却し、県側の敗訴が確定しました。これを受けて、国は辺野古沿岸部の埋め立て工事を速やかに再開させる方針です。
 この訴訟は、普天間基地の移設先となっている辺野古沿岸部の埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長知事を国が訴えたものです。
 今年9月、福岡高裁那覇支部は「普天間の被害を除去するには辺野古に移設する以外なく、埋め立てを承認した前の知事の判断が不合理とは言えない」「承認を取り消し、国の是正指示に従わなかった翁長知事の対応は違法だ」として、国側の全面勝訴としました。
 これについて沖縄県側が上告していましたが、20日、最高裁第二小法廷は「前の知事が埋め立てを承認した判断に不合理な点があるとは言えない」「翁長知事の対応は違法だ」などとして、上告を棄却する判決を言い渡し、沖縄県の敗訴が確定しました。
 「国の主張が最高裁判所によって全面的に受け入れられたものと考えています。今回の確定判決や今年3月の和解の趣旨に従って、沖縄県と協力して普天間飛行場の辺野古移設を進めて参る所存であります」(菅 義偉 官房長官)
 また、菅官房長官は埋め立て工事の再開時期について、「工事できる態勢は当然整えている」と述べ、翁長知事が埋め立て承認の取り消し処分を撤回し次第、速やかに工事を再開させる考えを示しました。
 「本当に情けない判決であり、法の番人という立場をこえた米軍のための番犬にすぎないなと。作業再開ということに、もしなれば反対の意思表示はしていかないといけないと思う」(ヘリ基地反対協 安次富 浩 共同代表)
 「海兵隊撤去へ頑張るという、県民1人1人が意識しないと、だめ」(市民)
 「(辺野古への移設は)頑張って止めてほしいが、どうしたらいいのかも分からなくなってきます」(市民)
 勝訴した国は辺野古の埋め立て工事に向けた海上作業を速やかに再開させる方針ですが、移設予定地の近くでは、今月13日にオスプレイが大破する事故が起きたばかりで、沖縄県内の反発がさらに高まるのは必至です。(20日17:39)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2942297.html

« 暴力団事務所入るビルに弾痕 東京 新宿(20日)NHK | トップページ | 全裸遺体を運んだ?軽乗用車で逃げる不審者の情報も(20日)テレビ朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古訴訟で沖縄県の敗訴確定、工事再開へ(20日)TBS:

« 暴力団事務所入るビルに弾痕 東京 新宿(20日)NHK | トップページ | 全裸遺体を運んだ?軽乗用車で逃げる不審者の情報も(20日)テレビ朝日 »