« トラック使ったテロ懸念 海外渡航者に注意呼びかけ(22日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】“汚物”500通送りつけ…40歳無職男が30年抱き続けた「積年の恨み」(22日)産経 »

2016年12月22日 (木)

「あまおう」盗難防ぐぞ…農家が夜間見回り強化(22日)読売

 福岡県広川町で栽培が盛んなイチゴの盗難を防ぐため、農家による夜間パトロールが始まった。
 相次ぐ被害を受け、昨シーズンから見回りを強化。収穫期を迎え、生産者らは手塩にかけたイチゴを守ろうと、躍起になっている。
 JAふくおか八女によると、管内の八女市と筑後市、広川町は、県内のJA全体の3分の1を生産するイチゴ産地。JAふくおか八女いちご部会広川地区には142人が所属し、計約30ヘクタールのビニールハウスで「博多あまおう」を育てている。
 出荷は11月から始まり、来年5月まで続く予定。年内は関東や関西の百貨店のほか、県内の百貨店、スーパーなどにも並ぶ。
 アジアを中心に輸出され、国内外で高値で取引されるあまおうの人気を背景に、盗難被害は増えているとみられる。2014年末から15年春には、同JA管内で11件(計約150万円)の被害があり、このうち4件は広川町内だった。
 盗難防止策として、ハウスの出入り口が開くと警戒音が鳴ったり、人を感知して点灯したりするセンサーがある。ただ、費用がかかり、効果も限られることから、農家によって対応にばらつきがあるという。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161222-OYT1T50000.html

« トラック使ったテロ懸念 海外渡航者に注意呼びかけ(22日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】“汚物”500通送りつけ…40歳無職男が30年抱き続けた「積年の恨み」(22日)産経 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64657243

この記事へのトラックバック一覧です: 「あまおう」盗難防ぐぞ…農家が夜間見回り強化(22日)読売:

« トラック使ったテロ懸念 海外渡航者に注意呼びかけ(22日)NHK | トップページ | 【衝撃事件の核心】“汚物”500通送りつけ…40歳無職男が30年抱き続けた「積年の恨み」(22日)産経 »