« 女性2人死亡で指導の診療所、2008年にも死亡事例(13日)TBS | トップページ | 性犯罪相談、4桁ダイヤル…警察庁が来年度開設(13日)読売 »

2016年12月13日 (火)

山口組と神戸山口組がそれぞれ会合 警察が警戒(13日)NHK

指定暴力団の山口組と神戸山口組が、兵庫県内のそれぞれの拠点で幹部らが集まる会合を開き、去年の分裂以降、対立抗争が続いて市民生活に影響が出る中、警察が警戒にあたりました。
 山口組の会合は神戸市灘区の総本部で開かれ、早朝から傘下の団体の幹部らを乗せた車が次々と入っていきました。一方、山口組から分裂した神戸山口組は、兵庫県淡路市の拠点で開き、幹部らが午前中から車で集まりました。それぞれの周辺では制服や私服の警察官数十人が警戒などにあたりました。
 双方の組織は、13日の会合で傘下団体に対し、来年の活動方針などを示したと見られ、警察が確認を進めています。
警察庁によりますと、去年8月に山口組が分裂して神戸山口組が結成されて以降、11日までに起きた対立抗争と見られる事件は、全国で90件に上り、市民生活への影響も出ています。傘下団体の幹部が拳銃で殺害される事件も起きていることから、警察は暴力団対策法に基づいて双方の取締りをより強化できる「特定抗争指定暴力団」の指定に向けて情報収集などを続けています。

神戸山口組の拠点では追放運動

分裂に伴って、神戸山口組が拠点を置いた兵庫県の淡路市では住民たちが暴力団の追放に向けて動き始めています。
 去年8月、山口組から分裂した指定暴力団の神戸山口組は、淡路市志筑の事務所を組織の拠点としました。それ以降、傘下の幹部らが集まる定例会が毎月のように開かれるようになり、周辺の住民は不安を募らせています。ことし10月には、住民たちが暴力団の追放に向けて声を上げていこうと団体を設立しました。商店街でチラシを配って活動への参加を呼びかけているほか、地元の商工会にも協力を求めて活動資金の確保にも取り組んでいます。今月上旬には活動の拠点として淡路市から借り受けた事務所に電話を引くことができました。番号の末尾は暴力団の追放の語呂で「8930」『ヤクザゼロ』にしました。団体の会長は「全国で対立抗争が相次ぐ中、住民の不安や危機感は増している。1日でも早く暴力団の事務所を撤去できるよう、追放運動を根気よく続けていきたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161213/k10010805631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« 女性2人死亡で指導の診療所、2008年にも死亡事例(13日)TBS | トップページ | 性犯罪相談、4桁ダイヤル…警察庁が来年度開設(13日)読売 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64621258

この記事へのトラックバック一覧です: 山口組と神戸山口組がそれぞれ会合 警察が警戒(13日)NHK:

« 女性2人死亡で指導の診療所、2008年にも死亡事例(13日)TBS | トップページ | 性犯罪相談、4桁ダイヤル…警察庁が来年度開設(13日)読売 »