« 居眠り署員、本部長注意 聴取男性逃走し飛び降り(16日)産経 | トップページ | 「対向車よけようと」路線バスが転落、乗客5人搬送(16日)テレビ朝日 »

2016年12月16日 (金)

佐村河内氏に5600万円賠償命令 ツアー中止で大阪地裁(16日)日経

耳が聞こえない作曲家として活動していた佐村河内守氏の楽曲が別人による代作と判明し、全国ツアーを中止した「サモンプロモーション」(大阪市)が佐村河内氏に約6100万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は同氏に約5600万円の支払いを命じた。判決は15日付。
 判決によると、同社は佐村河内氏の「交響曲第1番 HIROSHIMA」のヒットを受けて全国ツアーを企画し、コンサートを開催。2014年2月に代作が発覚し、その後は中止した。
 判決理由で高松宏之裁判長は「佐村河内氏は同社に代作だと事前に伝え、リスクを告知する義務があった」と指摘した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15HCI_W6A211C1CC0000/

« 居眠り署員、本部長注意 聴取男性逃走し飛び降り(16日)産経 | トップページ | 「対向車よけようと」路線バスが転落、乗客5人搬送(16日)テレビ朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64632439

この記事へのトラックバック一覧です: 佐村河内氏に5600万円賠償命令 ツアー中止で大阪地裁(16日)日経:

« 居眠り署員、本部長注意 聴取男性逃走し飛び降り(16日)産経 | トップページ | 「対向車よけようと」路線バスが転落、乗客5人搬送(16日)テレビ朝日 »