« 2016年12月26日 | トップページ | 2016年12月28日 »

2016年12月27日

2016年12月27日 (火)

ホームで女性に体当たり 殺人未遂容疑で男逮捕(27日)NHK

27日夜、神戸市のJR三ノ宮駅のホームで、女性に体当たりして、ホームに入ってきた電車と接触させてけがをさせたとして、無職の53歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。警察の調べに対し男は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。
27日午後6時半ごろ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅のホームで53歳の女性が男に体当たりされ、ホームに入ってきた電車の側面に手をついてけがをしました。
 警察によりますと、女性は病院に運ばれて手当てを受けていますが、命に別状はないということです。
 女性の夫からの通報で駆けつけた警察官が男を見つけ、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは滋賀県東近江市の無職、久保幸一容疑者(53)で、女性と肩があたったことをきっかけにトラブルになったあと、体当たりしたということです。
 警察によりますと久保容疑者は、調べに対し、「よく覚えていないが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているということです。
警察が、詳しいいきさつを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010822141000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性用下着盗む 容疑の県立高校臨時実習助手を懲戒免職 神奈川(27日)産経

神奈川県教育委員会は27日、女性用下着を盗んだとして県警に逮捕された同県平塚市内の県立高校の臨時実習助手(26)を懲戒免職処分とした。県教委によると、罰金20万円の略式命令を受け、既に納付した。
 また、県教委は同日、女性を盗撮したとして警視庁に逮捕された相模原市内の県立特別支援学校の教諭(48)を懲戒免職処分とした。県教委によると、罰金30万円の略式命令を受け、既に納付した。
http://www.sankei.com/affairs/news/161227/afr1612270041-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

拳銃で男性撃たれ重傷 暴力団幹部を逮捕 福島市(27日)産経

 27日午前11時50分ごろ、福島市町庭坂の民家で、50代の男性が拳銃で左脚を撃たれ重傷を負った。福島署は同日、殺人未遂の疑いで、福島市陣場町、指定暴力団山口組系組幹部の無職、阿部勝重容疑者(73)を現行犯逮捕した。
 福島署によると、撃たれた男性も同じ暴力団の関係者で、阿部容疑者との間で金銭トラブルがあったとみて調べている。阿部容疑者は容疑を認めているという。
 屋外にいた別の男性が銃声を聞いて110番した。
http://www.sankei.com/affairs/news/161227/afr1612270039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナイジェリア国籍の男逮捕=内縁の比人女性殺害容疑-埼玉県警(27日)時事

埼玉県草加市の民家で今月、フィリピン国籍の女性と子ども2人の遺体が見つかり、県警捜査1課などは27日、この女性を殺害したとして、殺人容疑でナイジェリア国籍の無職イボンギディ・クレメント・アパン容疑者(52)を逮捕した。県警によると、「刺しました」と容疑を認めているという。
 県警によると、殺害されたのはフィリピン国籍のビリョーソ・アルマ・トジンバラさん(40)で、死亡していた子どもは、トジンバラさんの長男(1)と長女(0)。同容疑者はトジンバラさんと内縁関係にあり、同居していた。
 逮捕容疑は19日午後11時ごろ、同県草加市西町の2階建て住宅で、トジンバラさんを刃物で突き刺すなどして、失血死させた疑い。(2016/12/27-16:56)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122700575&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査車両の速度違反もみ消し、元警部補を在宅起訴 長野(27日)朝日

捜査車両の速度違反をもみ消したとして、長野地検は27日、長野県警の宮崎学・元警部補(47)を犯人隠避罪で在宅起訴したと発表した。また長野区検が別の元警部補の男性(58)を同罪で略式起訴。この男性について長野簡裁は罰金20万円の略式命令を出し、即日納付された。
 起訴状などによると、宮崎元警部補は上田署交通課に所属していた2015年7月に3回、いずれも同県上田市内で交通違反を取り締まり中、通常走行していた捜査車両の速度超過を確認したにもかかわらず、交通違反の処理をしなかったとされる。もう一人の元警部補も同月、捜査車両の速度超過を見逃したとされる。県警は今年10月、2人を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にした。2人は依願退職している。捜査関係者によると、いずれも「警察官の仕事中の違反なので、なんとかしてあげたかった」などと、もみ消しを認めているという。
http://www.asahi.com/articles/ASJDW5VX1JDWUOOB013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造書類で“採石権移転” 建設会社社長ら不起訴(27日)テレビ朝日

偽造した書類を使って砂利などの採石権を移転させたとして逮捕された建設会社の社長ら4人について、東京地検が不起訴処分としました。
 建設会社の社長や公認会計士の男性ら4人は、愛知県瀬戸市の建設会社が持っていた三重県紀北町の土地の砂利などの採石権を偽造した委任状を使って、自分の会社に移転させた疑いで先月、逮捕されていました。東京地検は、26日付で4人を不起訴処分にしました。また、4人のうち社長の男については、融資を得る目的で嘘の工事の注文書を作成したなどの疑いで再逮捕され、13日に起訴されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000091018.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

天然記念物にくさび打った男性を起訴猶予 岐阜地検支部(27日)日経

岐阜地検御嵩支部は27日までに、岐阜県御嵩町にある国の天然記念物「鬼岩」にロッククライミング用のくさびを打ち込んだとして、文化財保護法違反容疑で書類送検されたクライミング愛好家の男性会社員(36)=愛知県岡崎市=を起訴猶予とした。
 岐阜地検の加藤和宏次席検事は処分理由を「諸般の事情を総合的に考慮した」としている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26HEU_X21C16A2CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・春日部でそば店全焼、50代男性店主が負傷(27日)TBS

 27日午前、埼玉県春日部市でそば店兼住宅が全焼する火事があり、店主の男性がけがをしました。
 建物の奥に見える真っ赤な炎。黒い煙も立ち上っています。27日午前11時半ごろ、春日部市増富のそば店で「煙が出ている」と通りがかった人から119番通報がありました。消防のポンプ車など、およそ15台が出動し、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、店舗兼2階建ての住宅が全焼しました。
 警察などによりますと、50代の店主の男性がけがをして病院に運ばれましたが命に別状はないということです。出火当時、客はいませんでした。警察が出火の原因を詳しく調べています。(27日14:46)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2947909.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

フジ社員に休職の懲戒処分 車購入で名義貸し(27日)共同

フジテレビの記者だった30代の男性社員が、暴力団関係者が乗用車を購入する際に名義を貸していた問題で、同社は27日、この社員を休職1カ月の懲戒処分にした。報道担当の役員2人を減俸、男性社員の上司2人をけん責の処分にした。
 フジテレビによると、男性社員は「取材対象者」から東京都内の高級飲食店で20回以上にわたって過剰な接待を受け、この取材対象者の依頼に応じ、名義を貸すなど「不適切な取材活動」を行っていた。社員は問題発覚後に記者職を外れた。
 捜査関係者によると、この取材対象者は暴力団関係者だが、フジテレビは「確認できていない」とし、社内調査を続けるとしている。
https://this.kiji.is/186426921645655547?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

看板落下事故 副店長に罰金50万円を求刑(27日)NHK

去年、札幌市の中心部でビルの壁から飲食店の看板の一部が落ちて通行中の女性が大けがをした事故の裁判で、業務上過失傷害の罪に問われている副店長に対し、検察は、「事故を防ぐ対策を怠った」などとして罰金50万円を求刑しました。
去年2月、札幌市中央区で、飲食店の「札幌かに本家」の入るビルから重さおよそ25キロの金属製の看板の一部が落ちて、歩道を歩いていた22歳の女性の頭に当たり、女性は大けがをしました。
この事故で、副店長の加藤昇被告(45)が、安全管理を怠ったなどとして、業務上過失傷害の罪に問われています。
 27日、札幌地方裁判所で開かれた裁判で、検察は「被告は事故の2時間前に看板を支える部品が落下しているのを確認したのに、歩行者に注意を促すなど事故を防ぐ対策を怠った。女性は今も意識が戻っておらず、結果は重大だ」として、罰金50万円を求刑しました。
 一方、弁護士は「副店長は看板の安全管理を行う立場にないうえ、部品がどこから落ちてきたかはっきりしていなかったので、事故は予測できなかった」などとして、改めて無罪を主張しました。
 27日ですべての審理が終わり、来年3月13日に判決が言い渡されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010821841000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル) 
進化する特殊詐欺
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012462

 振り込め詐欺が劇場型犯罪と言われるのは、電話をかける「かけ子」と、口座に入金のあった現金を引き出しに行く「出し子」、受け取りに行く「受け子」。そして携帯電話やアジトを用意する「道具屋」などとそれぞれ役割りが分担された〝役者〟で構成される。
 さらに「痴漢で捕まった示談金が必要」「妊娠させた慰謝料が必要」「株を買って損した」「交通事故を起こした」「電車内にカバンを忘れた」。警察や銀行員を名乗り「貴方のカードが不正に使われている」。「アダルトサイトの未納金」など様々な理由を使って振り込ませることなどから命名された。
 そして、その手口は時代とともに変化しているのに加えて、平成16年当時の現金の受け取り方法は「銀行振り込め」が中心だった。 これが「振り込め詐欺」の由来である。
 ところが、警察と銀行が犯罪に使われた口座は「不正口座」として次々に凍結したため、危険を感じた犯人たちは受け取り形態を次々に変えていくことになる。
 「振り込め」に加えて「受け取りに行く」が登場。さらに警察は「被害者本人になりすまして」待ち伏せし、受け子を逮捕することから、次ぎに登場したのが、最近はやりの書留やバイク便などを使う「送付型」。
 形態別に認知件数の推移をみると次のようになる。
【振り込め型】 平成25年には4772件、26年は4788件、27年は4922件。
【受け取り型】 25年が5118件26年が5415件、27年が5537件。
【送付型】 25年が1876件、26年が3063件、27年が2926件。
また警察庁によると「おれおれ詐欺」の約8割は現金受取型だが、「架空請求詐欺」は6割が現金送付型だと言う。
こうした下手くそな役者の演技を見抜く力を持ってほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。


続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

混雑の場外馬券場で“馬券スリ”…すべてハズレ(27日)テレビ朝日

競馬の有馬記念でにぎわう東京・浅草の場外馬券場で、馬券をすったとして65歳の男が逮捕されました。
 無職の菊地博容疑者は25日午後3時ごろ、台東区浅草の場外馬券場で、競馬中継を見ていた男性(74)の上着のポケットから3500円分の馬券をすった疑いが持たれています。警視庁によりますと、当時、馬券場は年末の大レース「有馬記念」で混雑していました。菊地容疑者が客のポケットを見ながら歩き回るなどした後、男性の横に立ち、新聞を読むふりをして犯行に及んだため、警戒していた捜査員が現行犯逮捕しました。取り調べに対し、菊地容疑者は容疑を認めています。盗んだ時点で馬券はレース前のものでしたが、結果、はずれ馬券だったということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090988.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門市係長 509万円着服で懲戒免職(27日)共同

鳴門市は26日、市民が納付した国民健康保険料など509万6210円を着服したとして、収納業務を担当していた保険課の水田幸雄係長(41)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。水田係長は着服を認めており「借金の返済や遊興費に充てた」などと話しているという。全額を市に返金しており、市は刑事告訴を見送る方針。
 市によると、水田係長は今年9月2日~12月1日、市役所の窓口で受け取った106人分(247件)の保険料を着服した。内訳は、国保料が359万5800円(68人分、149件)、介護保険料22万6910円(17人分、38件)、後期高齢者医療保険料127万3500円(22人分、60件)。
 今月19日、市内の男性が国保料を納めようと保険課を訪れた際に、男性が以前に納めた国保料が未納処理になっていると同課の職員が説明した。男性は領収書を保管しておりこれを市に提示。市が調査を行ったところ、係長の着服が分かった。
 同課では保険料の納付日に、納付金と納付書を手提げ金庫に入れて課内の金庫室でいったん保管し、翌日に水田係長が庁内の金融機関に振り込んでいた。
 同課に職員は22人いるが振り込みは係長が1人で担当していた。係長は職員が退庁を始める午後5時15分以降を見計らって、金庫室に入るなどして着服した。
 発覚を免れるため、係長は自席のパソコンから市の収納システムを操作していた。システムは、保険料の未納者への督促状が自動的に発行される仕組みで、係長が納付金を着服したため未納処理となった79人に督促状を発行しないようにしていた。
 係長は着服が発覚する前に自ら納付書を再発行して8人分の国保料計56万3100円を市に返金。残りの着服金は発覚後に返金した。
 係長は2002年7月に市職員となり、商工観光課(当時)や税務課を経て14年4月から保険課係長として勤務していた。
 泉理彦市長は記者会見で「市民の皆様におわび申し上げる」と謝罪。管理監督責任を取って荒川雅範健康福祉部長を戒告処分、田浦豊保険課長と濱口健副課長を10%の減給処分(2カ月間)とした。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/12/2016_1482799725773.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

甲府で強盗相次ぐ 12月に入り3件(27日)産経

甲府市内で26日夜と27日未明、店舗への強盗が相次いだ。1件は未遂で、いずれもけが人はなかった。山梨県警は犯人の特徴などから、関連性は薄いとみて捜査している。
 26日午後9時ごろ、甲府市向町のコンビニエンスストア「デイリーヤマザキ甲府バイパス店」に男が押し入り、レジにいた女性店員(22)にナイフを突きつけて「金を出せ」と脅した。店員は事務室に避難。その間に男は何も取らずに逃げた。男性オーナーが110番通報した。
 県警捜査1課によると、男は身長165センチくらい。20歳前後の細身で、上下とも灰色のスエットだった。黒い首巻きと黒い野球帽を着用し、黒いサンダルのようなものをはいていた。
 当時、店内に客はなく、レジの女性のほか、3人の女性店員が事務室内にいたが、いずれもけがはなかった。
 店の防犯カメラには、男が歩いて現場を去る模様が残されており、同課が行方を追っている。
 さらに27日午前4時55分ごろ、甲府市上石田の居酒屋「地どりのうえ田」で、オーナーの男性(30)が忘れ物を取りに店に戻った際、2人組の男が店内に押し入った。男らは「売上金をよこせ」「刺すぞ」などと脅し、金庫にあった売上金90万円を奪い、逃走した。オーナーが110番通報した。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

“バイク立ち乗り男”が登場? ツイッターに映像 神奈川・秦野市の県道(27日)産経

神奈川県秦野市内の県道で、バイクの運転座席に両足で立って走行している男の映像がインターネット上に投稿されているという情報が県警に寄せられ、秦野署が安全運転義務違反などの疑いもあるとみて捜査していることが26日、同署への取材で分かった。
 同署などによると、24日に「男がバイクに立ち乗りをしている映像がある。県内で撮られたようだ」などと通報があった。映像は22日に短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されており、男がバイクの座席の上に立ち、両手を使わずにサーフィンのように道路を走る様子が撮影されていた。黒っぽい服を着用し、ヘルメットのようなものをかぶっていたとみられるという。
 現場は、秦野市曽屋の県道71号とみられ、同署は周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして男の行方を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/161227/afr1612270009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

重要文化財の棟札紛失、20年間未公表 「見つかるのではないかと望みを…」前橋市(27日)産経

前橋市は26日、群馬県や同市が重要文化財に指定している明治期建築「臨江閣」の棟札3枚を紛失したと明らかにした。築造年月や目的などを記した棟札は平成8年度の展示を最後に所在不明になっていたが、約20年間、公表していなかった。
 市は「誤って破棄した可能性が最も高い。申し訳ない」と陳謝。未公表だったことには「簡単になくしたと言うわけにいかない。見つかるのではないかと、かすかな望みを持っていた」と弁明した。
 市によると、戦前まで迎賓などに用いられていた臨江閣は本館と茶室が県指定、別館と渡り廊下が前橋市指定の重要文化財。3棟それぞれに棟札が残り、建物の一部として重要文化財指定を受けていた。
 棟札は高さ約1・2~1・7メートル、幅約20~30センチ。96年度に展示されていたが、その後行方が分からず、職員が探していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/161226/afr1612260042-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

配達員が荷物たたきつける「いらいらして…」 動画で発覚 佐川急便、処分を検討(27日)産経

佐川急便の男性配達員が、配達中の荷物を蹴ったり、たたきつけたりしていたことが26日、同社への取材で分かった。配達員の行為を撮影した動画がインターネット上に投稿されたことから同社が調査、特定した。配達員は「いろいろなことに、いらいらしてやってしまった」と話して行為を認めているといい、同社は処分を検討している。
 動画は今月6日に撮影されたとみられ、マンション前の階段で、配達員が荷物を運ぶのに使う台車を放り投げたり、荷物とみられる段ボールを蹴った後、台車に向けて激しくたたきつけたりする様子が写っていた。
 佐川急便によると、この配達員は正社員で、荷物はその後、配達されたとみられる。12月は荷物の量が増えて忙しくなるが「この配達員に過度な負担があったとは考えていない」としている。荷物の破損などの苦情は届いていないが、荷物を特定した上で配達先に謝罪するという。
http://www.sankei.com/affairs/news/161226/afr1612260050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

分かりにくさ解消へ 「避難準備情報」名称変更(27日)テレビ朝日

政府は、「分かりにくい」との指摘があった災害時の避難情報について、名前を変更することを発表しました。
 8月の台風10号では、岩手県の高齢者入居施設で9人が亡くなりました。当時、「避難準備情報」が出ていたにも関わらず、施設管理者が十分に意味を理解しておらず、避難の遅れにつながっていました。そこで、内閣府は「避難準備情報」を「避難準備・高齢者等避難開始」に変えて、より分かりやすくします。また、最も強い呼び掛けの「避難指示」も「避難指示(緊急)」に変更し、「避難勧告」との差別化を図ります。今後、各市町村が発表する際に使います。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090964.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「準中型免許」知って 区分見直し、警察など周知に注力(27日)日経

10年ぶりとなる運転免許区分の見直しで「準中型自動車免許」が来年3月に新設されるが、周知が十分に進んでいない。高卒ドライバーの確保へ総重量7.5トン未満のトラックが18歳から運転可能になるものの、普通免許の対象車が狭まるなど影響は他の免許取得者にも及ぶ。冬休み以降、繁忙期を迎える教習所は早めの対応を求め、警察も高校への呼びかけを強化している。
 「大きな変更なのにあまり知られていない」。東京近郊に…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!
お申し込みはこちら>>
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H99_W6A221C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急走行中のパトカーが乗用車と衝突、2人けが(27日)TBS

26日午前、群馬県高崎市で緊急走行中のパトカーが乗用車と衝突し、2人が軽いけがをしました。
 午前11時前、高崎市上大類町の市道で、緊急走行中だった群馬県警・高崎署のパトカーが乗用車と衝突しました。この事故で、乗用車を運転していた高崎市に住む会社員の男性(29)とパトカーに乗っていた男性巡査部長(42)が軽いけがをしました。
 警察によりますと、当時、パトカーは、渋滞を避けるため、サイレンを鳴らしながら道路の中央部分を緊急走行中で、反対車線側に右折しようとした乗用車と衝突したということです。
 高崎署は、「安全運転の徹底及び再発防止に努めます」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2947712.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK子会社元社員ら起訴、架空発注で詐欺の疑い(27日)TBS

勤務先の会社から1200万円をだまし取ったとして警視庁に逮捕されたNHKの子会社の元社員2人が、東京地検に起訴されました。
 東京地検が起訴したのは、NHKの子会社「NHKアイテック」元社員の栗原貴幸被告(41)と石川泰之被告(46)です。起訴状などによりますと、栗原被告らは、おととし2月から去年4月にかけて、栗原被告が役員を務める実体のない会社が地上デジタル放送の切り替え工事を行うかのように装い、架空発注を繰り返すなどの手口で、およそ1200万円をだまし取った罪に問われています。
 警視庁の取り調べに対し、2人は容疑を認めていたということです。
 NHKアイテックの調査では、栗原容疑者らはこれまでに合わせておよそ2億円を着服したことが明らかになっています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2947700.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

重文「香薬師像」の右手発見 奈良・新薬師寺で3度盗難(27日)共同

 明治時代などに奈良市の新薬師寺から3度盗まれ、現在も行方不明となっている銅造薬師如来立像「香薬師像」(7~8世紀、重要文化財)のうち、右手とみられる部分が見つかり、奈良国立博物館が26日、報道陣に公開した。
 博物館などによると、高さ約73センチの香薬師像は白鳳期を代表する仏像の一つ。右手は長さ8.6センチで、繊細な反りを見せる指や柔らかさを感じさせる手のひらが特徴だ。
 仏像は明治時代に2度盗まれ、その都度寺に戻ったが、1943年に3度目の盗難に遭った。
https://this.kiji.is/186079887511912454?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボランティアの活動拠点設置 新潟 糸魚川(27日)NHK

新潟県糸魚川市の大規模火災で道路を塞いでいたがれきの撤去が進んだことなどから、市の社会福祉協議会は27日、ボランティアを受け入れる活動拠点を設置し、今後、被災した家屋の片づけなど住民の要望にあわせた調整が進められます。
 今月22日、新潟県糸魚川市で起きた大規模火災では144棟の住宅や店舗が焼けて、うち120棟が全焼しました。26日までに被害が大きかった区域を通る市道の通行止めが解除されたほか銀行や商店なども営業を再開し、復旧に向けた動きが徐々に始まっています。
 こうした中、市の社会福祉協議会は27日、災害の復旧を支援するボランティアについて受け入れに必要な活動拠点を市内に設置することになりました。市によりますと、これまで安全が確保されていないとしてボランティアの受け入れを始めていませんでしたが、道路を塞いでいたがれきの撤去が進み安全に活動できる見通しがついたということです。この拠点では専門の職員ががれきの撤去や高齢者の手助けなど、被災した住民側の要望と派遣するボランティアの調整などを進めるということです。
 糸魚川市社会福祉協議会の中村政行事務局長は「支援のための機能を充実させ、被災された方に寄り添った支援を可能なかぎりしていきたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010820971000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

首都高火災で作業員2人死亡 現場責任者ら3人書類送検へ(27日)NHK

去年2月、東京・江戸川区の首都高速道路で、塗装工事中に火が出て作業員の男性2人が死亡した火事で、警視庁は、安全管理に問題があったため、作業で使っていたシンナーに引火したとして、工事の現場責任者ら3人を業務上過失致死傷の疑いで、27日にも書類送検する方針です。
 去年2月、東京・江戸川区の首都高速道路7号小松川線で、塗装工事中に火が出て工事用の足場などが焼け、逃げ遅れた33歳と21歳の作業員の男性2人が死亡し、3人がやけどなどのけがをしました。
 警視庁によりますと、当時、現場では道路の橋桁の塗装を新しく塗り直すために、作業員がシンナーを使って古い塗装を拭き取るなどしていて、このシンナーに引火して火事が起きたということです。
 その後の調べで、火が出た足場は板やシートで囲われ密閉された状態で、当時、気化したシンナーが充満していて、換気が不十分など安全管理に問題があったということです。警視庁は、こうしたことから火事が起きたとして、工事を請け負っていた下請け業者の現場責任者ら3人を業務上過失致死傷の疑いで、27日にも書類送検する方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010821001000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

37歳息子に金属バットで殴られ?母親死亡(27日)読売

26日午後6時50分頃、名古屋市千種区光が丘の会社員、林徹さん(68)から「妻が息子に金属バットで殴られて意識がない」との119番通報があった。                                

 

 林さんの妻の恵子さん(64)が自室のある集合住宅4階から病院に搬送されたが、後頭部を強打しており、間もなく死亡した。
 愛知県警千種署は同日、林さんの息子で同所、無職宏季容疑者(37)を傷害容疑で現行犯逮捕した。発表によると、林さんが自室の前でバットを持った宏季容疑者と鉢合わせたという。宏季容疑者は「悪いことをした」などと話しているといい、同署で事件の経緯を調べている。http://www.yomiuri.co.jp/national/20161227-OYT1T50002.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法残業の社名公表を拡大 過労死防止へ緊急対策(27日)朝日

 厚生労働省は26日、過労死防止の緊急対策をまとめた。違法な長時間労働を社員にさせていた企業の社名を公表する対象を広げ、違法残業が相次いで見つかった企業について、本社を対象に全社的な是正指導に乗り出すことなどが柱。来月以降、順次運用を始める方針だ。
 同日開いた厚労省の「長時間労働削減推進本部」の会合で、「『過労死等ゼロ』緊急対策」として打ち出した。広告大手の電通で、新入社員の高橋まつりさん(当時24)が過労自殺し、9月末に労災認定されたことを受けてまとめた。
 企業名の公表については、月80時間を超える違法な時間外労働によって社員が過労死や過労自殺(未遂含む)した大企業について、別の事業場でも①同様の過労死・過労自殺が起きて労災認定された②月100時間超の違法残業も見つかった――場合などに公表できるよう基準を見直す。
 厚労省は従来、労働基準法など…
残り:1716文字/全文:2080文字
http://www.asahi.com/articles/ASJDW2D2SJDWUBQU002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月26日 | トップページ | 2016年12月28日 »