« 2016年12月18日 | トップページ | 2016年12月20日 »

2016年12月19日

2016年12月19日 (月)

フジテレビ30代記者、暴力団関係者に車購入、名義貸しか 取材対象者から「過剰接待」(19日)産経

フジテレビの30代の男性記者が知り合いの暴力団関係者に使用させるため、自分の名義で車を購入していた疑いがあることが19日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁組織犯罪対策3課はこうした「名義貸し」を把握、事実関係を慎重に調べている。
 捜査関係者によると、警視庁が今年、指定暴力団の関係先を家宅捜索した際、出入りしていた乗用車を確認。名義を確認したところ、男性記者名で陸運局に登録されていたことが判明した。
 男性記者が車を使用していた形跡はなく、暴力団関係者に使用させるために購入したとみられる。車の所在は現在は分からなくなっているという。
 男性記者は昨年まで警視庁の記者クラブに所属しており、暴力団関係の事件などを担当。暴力団関係者とは取材の過程で知り合ったとされる。フジテレビは問題発覚後、男性記者を記者職から外した。
 フジテレビは、暴力団関係者について「反社会的勢力に属する人物かは確認できていない」としながら、「過剰な接待を受け依頼を受けて自動車を購入した。引き続き調査を進め、厳正に対処し再発防止に努める」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/161219/afr1612190031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無断駐車注意のコンビニ店長を20メートルボンネットにはね上げ暴走、殺人未遂容疑で自称・大学生を事情聴取 大阪(19日)産経

19日午前10時5分ごろ、大阪府熊取町朝代西のコンビニ「セブンイレブン大阪体育大学前店」の駐車場で、無断駐車をしていた男が、発車を阻止しようと車の前に立ちはだかった男性店長(46)をはね、逃走した。男性店長は頭部打撲などの軽傷を負った。
 大阪府警泉佐野署によると、事故から約5分後に現場に戻ってきた自称、大学生の男(22)がはねたことを認めたため、殺人未遂容疑で事情を聴いている。容疑が固まり次第逮捕する方針。
 同署によると男性店長は男に無断駐車を口頭で注意、男が車で逃げようとしたため前に立ちはだかったという。男は車を発進させ、店長をボンネットの上にはね上げたまま駐車場内を約20メートル走行。駐車場の出口付近で、店長はボンネットから落ちたという。
http://www.sankei.com/west/news/161219/wst1612190050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

漂着した木造船に2人分の人骨 新潟 佐渡(19日)NHK

新潟県佐渡市の海岸で17日、ハングルが書かれた木造船が漂着しているのが見つかり、海上保安署が19日に船内を詳しく調べた結果、中から2人分の人の骨が見つかりました。日本海側では各地で同じような木造船の漂着が相次いでいて、海上保安本部が関連などを調べています。
 17日、新潟県佐渡市羽茂小泊の海岸に、長さおよそ10メートル幅3メートルほどの、黒っぽい平底の木造船が転覆しているのが見つかりました。
木造船の船首にはハングルが書かれているのが確認され、佐渡海上保安署は19日午後から船内を詳しく調べました。その結果、船首付近で2人分の人の骨と、その近くから衣服の一部が見つかったということです。
 新潟市にある第9管区海上保安本部によりますと、新潟県ではことしに入って19日までに佐渡を中心に朝鮮半島からと見られる木造船や、その木片が14件確認されているということです。
 日本海側では、青森県や京都府などでも同じような木造船の漂着が相次いでいて、海上保安本部が関連などを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161219/k10010812411000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺に悪用の回線を大量に解約 NTTコム(19日)NHK

大手通信会社NTTコミュニケーションズは、振り込め詐欺などに悪用されていた、およそ5900の電話番号を解約したことがわかりました。大手通信会社がこうした固定電話の大量解約に踏み切るのは初めてとなります。
 NTTコミュニケーションズによりますと、解約したのは東京都内の会社が契約していたおよそ5900の固定電話の番号で、振り込め詐欺などの特殊詐欺に使われていたとして、先月、警視庁から解約の措置を取るよう要請があったということです。
 しかし、ライフラインとなる固定電話の回線は電気通信事業法に基づいて、正当な理由なく解約することは認められていないことから、法律を所管する総務省と協議した結果、今月9日に解約の措置を取ったということです。
 この理由についてNTT側は、これらの番号から異常に多くの発信が行われて通信障害を引き起こすおそれがあり、正当な理由があると解釈できると説明しています。
 総務省によりますと、大手通信会社がこうした固定電話の大量解約に踏み切るのは初めてとなります。また、NTTコミュニケーションズが解約した会社は、年間数千万円の料金を支払っていたということです。
 警視庁によりますと、今回の措置によって管内でこれまで特殊詐欺などで使われた固定電話回線のおよそ半分が解約されたということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ASKAさん釈放、東京地検が不起訴処分(19日)TBS

覚醒剤を使用したとして、先月、警視庁に逮捕された歌手のASKAさんについて、東京地検は19日午後、嫌疑不十分で不起訴処分とし、釈放しました。
 ASKAさん(58)は、先月中旬から25日までの間に東京都内などで覚醒剤を使用した覚せい剤取締法違反の疑いで先月逮捕されました。
 逮捕前のASKAさんの尿検査では覚醒剤の陽性反応が出たということですが、警視庁によりますと、ASKAさんは「自分の尿の代わりにお茶を入れた」と話していて、東京地検は、鑑定した液体がASKAさんの尿なのか立証するのは困難として、嫌疑不十分で不起訴処分にしたと発表しました。警視庁によりますと、先月25日、ASKAさんに尿の任意の提出を求めた際、警察官が立ち会い、トイレの背後に立って採尿の様子を確認したものの、本人の手元までは確認できなかったということです。
 また、警視庁がASKAさんを逮捕した後、自宅や直前に滞在していた都内のホテルなど関係先を捜索したところ、微量の覚醒剤が見つかったということです。
 警視庁は、ASKAさんの逮捕について「本人の申し出で自宅に行って尿を出してくれと言ったのは紛れもない事実で、違法逮捕とは考えていない」としています。(19日19:30)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2941615.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

日比谷線のガラス割れる 乗客同士でトラブル?(19日)テレビ朝日

乗客同士のトラブルで地下鉄のガラスが割れたとみられています。
 19日正午すぎ、東京メトロ日比谷線の神谷町駅で、電車の連結部にあるドアのガラスが割れているのが見つかりました。東京メトロなどによりますと、ガラスは隣の霞ケ関駅との間を走行中に乗客同士のトラブルで割れたとみられています。乗客らはそのまま立ち去ったということです。職員が割れたガラスにカバーを掛けて終点の中目黒駅まで運行し、ダイヤに影響はありませんでした。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090405.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日 単位・レベル) 
あとわずか。頑張ろうよ!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012465

 

横断は 無理せず次の 青信号
 これは、警視庁が都民に高齢者の交通安全を考えてもらおうと募集した「高齢者交通安全川柳」の最優秀作品である。
 警察庁によると今年11月現在、全国の交通事故発生件数は44万9872件で前年より1206件の減少。死者数は3484人で、同190人の減。死者数を振り返ってみると13年間で最も少なかったのは平成26年。昨年はこれを僅かに上回り4117人だった。今年はそれを190人も少ない。月平均にすると200人から300人だから、今年は4千人を割ることが確実になった。
 後半になって高齢者の逆走や運転操作ミスと思われる事故が相次いだが、死者数を年齢別でみると65歳以上が54.0%を占め半数が65歳以上だった。このうち3割は75歳以上の高齢者だ。
 死者数を状態別でみると、前月同様自動車運転中の死者が最も多く1208人で全体の34.7%を占め、歩行中が1183人で34.0%だった。
 一時は騒がれた自転車乗車中は448人で12.9%にとどまっている。よって交通事故はやはり高齢者対策が必要だ。
 優秀作品には次の4作品がある。
 慌てるな 回り道こそ 長寿橋
 返納を 決める決意に 金メダル
 反射材 つけて輝く わが人生
 守ろうよ ルールにマナーに この命

 今年ほど高齢者の免許証返納が話題になった年はない。残りあとわずか。交通事故は自分だけでなく、他人をも不幸せにすることもある重大事犯だ。ゆっくり、焦らず生きようよ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
困り事相談回答集downwardleft

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

トングで“牛丼混ぜ男”に、「とくダネ!」が直撃「ネットが騒ぎ立ててる」と主張し迷惑行為を否定(19日)産経

牛丼チェーン「すき家」の愛媛県今治市の店舗で、客の男性がテーブルに備え付けてある紅しょうが用のトングを丼に入れたまま牛丼を食べたり丼を頭にかぶったりする姿を動画撮影し、ネットで中継した問題で、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」が男性に直接取材した様子を放送した。放送は16日。男性は取材に「トングを混ぜていない」「丼はかぶるふりをしただけ」などと説明した上で、「うっかりミス」であって「ネットが騒ぎ過ぎ」と主張した。
 16日に放送された番組では「トングで“牛丼混ぜ男”直撃」と題して、問題の動画の一部を流し、ネットでの批判や地元の人の困惑する声を紹介。さらに男性との取材のやりとりを報じた。
 番組によると、男性は自称35歳で、実家の仕事を手伝っているという。自宅で取材に応じ、「紅ショウガを置いて、一瞬僕、かき混ぜたように見えたんですけど、僕、置いたんですよ」「(中継を)見ている人がじゃあ歓喜のポーズをみたいなのをって言われたので。丼をかぶるふりをした」などと説明した。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられなかった…29歳元交際相手につきまとい行為で38歳会社員逮捕(19日)産経

元交際相手の女性につきまとい行為を繰り返したとして、群馬県警太田署は18日、栃木県足利市小俣町の会社員、保坂国嘉容疑者(38)を逮捕した。調べに対し容疑を認め、「ヨリを戻したくてやった。忘れられなかった」と供述している。
 逮捕容疑は11月10日から今月18日にかけて、群馬県東部に住む無職女性(29)に対し、35回にわたり電子メールを送りつけ、あとをつけ回したとしている。
 同署によると、女性と保坂容疑者は今年の9月まで交際していた。18日、保坂容疑者に尾行された女性が同署に逃げ込み発覚した。
http://www.sankei.com/affairs/news/161219/afr1612190012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分市内の河川敷に会社役員の遺体、知人を逮捕 (19日)読売

大分県警は18日、大分市内の河川敷で17日夜、同県臼杵市の建設関連会社役員首藤洋平さん(37)の遺体が見つかったと発表した。                                

 

 司法解剖の結果、遺体には刃物のようなものによる複数の傷があり、死因は失血死。県警は、知人の大分市敷戸東町、自営業安藤慎悟容疑者(39)を首藤さんに対する傷害容疑で逮捕し、首藤さん殺害に関与した疑いがあるとみて容疑を殺人に切り替えて調べている。
 発表によると、首藤さんと安藤容疑者は古くからの知人で、仕事上の付き合いがあった。15日夜に会う約束をしていたという。
 2人と連絡がつかなくなったのを不審に思った共通の知人が同午後9時頃、大分南署に連絡。署員が16日午前、安藤容疑者を自宅近くで見つけ、事情を聞いたところ、大分市中尾の会社敷地内で「包丁を振り回し、首藤さんの脚を切った」と説明したため、傷害容疑で緊急逮捕した。

(ここまで373文字 / 残り70文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161219-OYT1T50026.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

5.5億円相当の大麻押収 栽培容疑で7人逮捕・起訴(19日)NHK

鹿児島県霧島市で大麻草を栽培していたなどとして、ベトナム人と日本人の合わせて7人が逮捕・起訴されました。押収された大麻は末端価格にしておよそ5億5000万円に上るということで、警察が密売ルートの解明を進めています。
 逮捕・起訴されたのは、霧島市の運転手、加治木哲郎容疑者(50)など日本人の男3人と、ベトナム人の男女4人の合わせて7人です。
 警察の調べによりますと、7人は、ことし10月、加治木容疑者が管理していた市内の住宅や隣接する農業用ハウスで大麻を栽培したなどとして、大麻取締法違反の疑いが持たれています。
 現場から大麻草93.6キロと乾燥大麻16.4キロが押収され、末端価格はおよそ5億5000万円に上るということです。
警察は7人の認否について明らかにしていません。
 これまでの警察の調べによりますと、ベトナム人4人が栽培作業を行い、日本人3人が栽培に必要な肥料や設備などを用意していたと見られるということです。
警察は背後に暴力団が関わっている疑いもあると見て、大麻草の入手先や密売ルートの解明を急ぐことにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161219/k10010812111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅風呂場で遺体切断か 事故死の男、島根女子大生殺害(19日)共同

   
      

 2009年11月に広島県の山中で島根県立大1年平岡都さん=当時(19)=の切断遺体が見つかった事件で、発見2日後に交通事故で死亡した会社員の男=当時30代=が自宅の風呂場で遺体を切断したとみられることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男のデジタルカメラなどにあった行方不明後の平岡さんとみられる画像の中に、風呂場で写したものが含まれていた。島根・広島両県警合同捜査本部は、男が平岡さんを殺害後、島根県益田市の自宅風呂場で切断したとみている。
 男の関係先からも凶器に使われた刃物は確認されておらず、男が処分した可能性がある。
https://this.kiji.is/183317937943330817?c=39546741839462401

   
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

歩行者とバイク2台衝突、バイク運転の男性死亡(19日)TBS

東京・杉並区で道路を横断していた男性がオートバイ2台と相次いで衝突しました。この事故で、歩行者の男性がけがをしたほか、最初に衝突したオートバイの運転手の男性が死亡しました。
 18日午後11時ごろ、杉並区上荻の青梅街道で会社員の男性(51)が交差点を横断していたところオートバイと衝突し、直後に別のオートバイとも衝突しました。
 この事故で男性はろっ骨を骨折するなど2週間のけがをしたほか、最初に衝突したオートバイを運転していた西東京市に住む小田誠一さん(47)が死亡しました。現場は見通しの良い直線道路で、警視庁が事故の原因を詳しく調べています。(19日13:42)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2941388.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妙高署の男性巡査が拳銃自殺 妙高 下町交番のトイレ内で(19日)共同

18日午前10時半すぎ、妙高市下町の妙高署下町交番の2階トイレ内で、同署地域課の男性巡査(23)が頭から血を流しているのを同僚の警察官が発見した。巡査は上越市内の病院に運ばれたが、頭部外傷で死亡した。巡査の足元に拳銃が落ちていたことから、県警は巡査が右こめかみを撃って自殺したとみて調べている。遺書などは見つかっていない。
 県警によると、巡査は18日朝から50代男性警部補、20代女性巡査長と3人で24時間勤務の当番だった。巡査は午前10時すぎに1人で2階へ上がり、同僚2人が10時15分ごろ「物が落ちたような音」を聞いた。巡査が下りてこないため約20分後、警部補が施錠されたトイレの個室ドアをこじ開けると、巡査が便座に腰掛けた状態でぐったりしていたという。
 巡査は今年4月に採用され、9月下旬に妙高署に配属されてから下町交番で勤務していた。最近まで無断欠勤など変わった様子はなく、悩み事の相談などもなかったという。
 妙高署の真島豊署長は「当署員が拳銃を使用して自殺を図ったことは、誠に遺憾。動機など詳細は調査中だが、再発防止に努める」とコメントした。
 県警では、2009年3月に佐渡西署員が佐和田幹部交番の休憩室で、13年7月にも村上署員が同署のトイレ内で、それぞれ拳銃自殺している。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161218297526.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「餃子の王将」社長射殺から3年、警察が情報提供呼びかけ(19日)TBS

「餃子の王将」の前社長が射殺された事件は、未解決のまま19日で3年を迎えました。警察は事件につながる情報提供を呼びかけています。
 現場となった京都市山科区の「王将フードサービス」本社前には京都府警の幹部らが訪れ、事件の早期解決を誓いました。3年前、当時社長だった大東隆行さん(当時72)は車で出勤直後に何者かに腹や胸に4発の銃弾を受け、殺害されました。
 京都府警は現場周辺に落ちていたたばこの吸い殻や付近の防犯カメラの映像などから浮上した九州地方の暴力団関係者らの関連を捜査していますが、犯人逮捕には至っていません。京都府警は19日朝、渡邊社長らとともに駅前で情報提供を呼びかけました。(19日09:42)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2941203.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラック運転手「居眠りした」 車に追突し4人けが(19日)テレビ朝日

東京・中央区でトラックが乗用車に追突した後、街路樹に突っ込む事故があり、乗用車に乗っていた家族4人がけがをしました。
 18日午後2時すぎ、中央区日本橋浜町の交差点で、2トントラックが右折待ちをしていた乗用車に追突して弾き飛ばした後、街路樹に突っ込みました。この事故で、乗用車に乗っていた32歳の男性や7カ月の男の子など4人が軽いけがをしました。警視庁によりますと、追突したトラックの運転手の男性(28)は「居眠りをしてしまった」などと話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090368.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

武装集団が遺跡を襲撃 ヨルダンで旅行客ら7人死亡(19日)テレビ朝日

ヨルダン中部で観光地にもなっている遺跡を武装集団が襲撃し、観光客1人を含む7人が死亡しました。
 ヨルダン中部の都市カラクで18日、銃で武装した男たちが中世の城塞で観光地になっているカラク城を襲撃しました。この襲撃で、観光客のカナダ人の女性1人と市民2人、そして警察官4人が死亡しました。その後、武装集団は観光客を人質に取って城に立てこもりましたが、治安部隊が城に突入し、人質は解放されたということです。突入作戦は今も続いている模様です。今のところ、犯行声明などは出ておらず、武装集団が何者かは分かっていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000090370.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市の霊園に焼死体 建設会社顧問の男性が自殺か(19日)産経

川崎市高津区の霊園で焼死した男性の遺体が見つかり、この男性が埼玉県八潮市の建設会社顧問だったことが18日、捜査関係者への取材で分かった。近くにガソリンの携行缶があり、焼身自殺を図った可能性もあるとみて神奈川県警が調べている。
 関係者によると、男性は貸金業法違反(無登録営業)容疑で松山市の金融業者を捜査している東京地検特捜部から、約1カ月前まで任意で事情聴取を受けていた。建設会社は業者から金銭を借り受けていたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/161219/afr1612190004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

免許返納、代替交通が課題=「生活の足」へ支援を-高齢ドライバー事故・山形など(19日)時事

相次ぐ高齢ドライバーの交通事故を受け、運転免許の自主返納を促す声が強まっている。一方、車が「生活の足」として欠かせない地方都市では返納後の代替交通手段の確保が大きな課題で、識者は国や地方自治体による支援の拡充を訴える。
 山形市から車で北に30分、人口2万人弱の山形県河北町に住む庄司祐子さん(80)。県警が3月、すべての交番や派出所で返納受け付けを始めたのを機に免許を返した。
 河北町は2009年度から65歳以上の返納者を対象に町営バスを無料化している。09年度に1日14本だったバスは現在23本に増えたが、祐子さんがバスを利用するのは月に数回、通院の時だけだ。午前中は家事をしたいといい、「午後のバスがもっとあれば利用するのに」と不満を漏らす。
 息子の昭一さん(61)は週に1~2回、仕事の合間に祐子さんを車で病院などに送迎する。事故を起こしたこともある高齢の母親の返納は歓迎だが、新たな負担に「田舎には他に交通手段もないし」と頭を抱える。県警によると、昨年の自主返納者数は2435人で、5年で2倍以上に増えた。しかし、祐子さんの例に見られるように、返納者が満足するサービスを公共交通機関が提供するのは難しい。
 長崎県諫早、大村両市の返納者を対象に、各市を走るバスを月3000円で乗り放題とする実験を行っている県営バス。来年6月の本格導入を目指すが、毎年約4億円の補助金を国などから受け取り、本数を維持しているのが実情だ。地方の交通事業者には財政支援で成り立っているところが多く、地方の交通政策に詳しい東北文化学園大の貝山道博教授(財政学)は「車社会で利用客が減り、採算が取れない交通事業者が路線を減らす『負のスパイラル』が存在する」と指摘した。
 貝山教授は、高齢者の免許返納は今後も増え続けると予測する。「返納した後、病院や駅、スーパーにどうやって行けばいいのか。国や地方自治体がしっかり手当てしなければいけない」。免許返納を促すのならば、車に代わる交通手段への一層の財政支援が必要だと訴えた。(2016/12/19-05:21) http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121900030&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

義父の頭をはさみで刺した疑い 14歳少年を逮捕(19日)テレビ朝日

千葉県四街道市で、中学2年の男子生徒(14)が同居する義父(24)の頭をはさみで刺したとして殺人未遂の疑いで逮捕されました。義父は軽傷だということです。
 警察によりますと、中学2年の男子生徒は18日午後10時半ごろ、四街道市の自宅で同居する義父の顔に殺虫スプレーをかけたうえ、はさみで頭を刺して殺害しようとした疑いが持たれています。義父は、頭を切るなどして病院に搬送されましたが軽傷です。2人は何らかの原因でトラブルになり、男子生徒は母親の目の前で義父を刺したということです。取り調べに対し、少年は黙秘しています。警察は、動機などについて詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090371.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待通報189番「担当者に直接つながります」 音声対応省く(19日)日経

 児童虐待の通報や相談を24時間受け付ける全国共通ダイヤル「189」で、厚生労働省は携帯電話からの相談について担当者が直接対応する仕組みを2017年度中に導入する。現在は音声対応で所在地などを入力した後、最寄りの児童相談所につないでいるが、接続前に電話を切られてしまうことが多い。入力の手間を省いて児相につなぎ、通報漏れを防ぐ。
 児童虐待の通報や相談を受ける全国共通ダイヤルは2009年10月から始ま…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10815680Y6A211C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

未成年の女子高生が酒気帯び運転 那覇署が現行犯逮捕(19日)共同

那覇署は18日、那覇市前島の国道58号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑いで、本島中部に住む県立高校3年生の少女(19)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。同署によると少女からは基準値を約3倍上回るアルコールが検知された。少女は未成年飲酒を認めているが「酒は抜けていると思った」などと容疑を否認しているという。少女は普通乗用車の運転免許は取得している。
 逮捕容疑は18日午前7時54分ごろ、那覇市前島の国道58号で基準値(呼気1リットル中0・15ミリグラム)を約3倍上回る酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。
 パトロール中だった警察官が中央線に寄るなど、ふらつく様子で運転する車両を確認し、職務質問した。酒のにおいがしたことからアルコール検査を実施し、基準値を超えるアルコールが検出された。同署が飲酒していた場所などを調べている。【琉球新報電子版】
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-413847.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「動物撲殺」画像、高校生が投稿…学校に抗議も(19日)読売

佐賀県内の県立高校の男子生徒が、動物の死骸の画像と「動物を撲殺した」との書き込みをツイッターに投稿し、同校に抗議の電話が寄せられていたことがわかった。
 画像や書き込みは現在、削除されている。校長は「多くの人に不快感を抱かせる投稿は不適切。しっかり指導したい」としている。
 同校によると、生徒は17日、血を流して死んだ動物の画像と、「バットでフルスイングしてぶち殺してやった」との書き込みをツイッターに投稿した。画像などはその後、インターネット上の掲示板に転載され、批判する書き込みが殺到。生徒がツイッターのプロフィルに学校名を載せていたため、抗議の電話が同校に相次いで寄せられたという。
 同校が18日に事情を聞いたところ、生徒は「動物はアナグマ。7月頃に自宅の花壇などを荒らされたため、棒で2回たたいたら死んだ。こんな騒ぎになるとは思わなかった」などと説明したという。

(ここまで385文字 / 残り144文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161218-OYT1T50142.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

介護殺人・心中、自治体4割検証せず…読売調査(19日)読売

 高齢者介護を巡り、2013年以降に家族間で起きた殺人・心中などの事件の4割で、自治体が再発防止策を考えるための検証を実施していないことが、各自治体に対する読売新聞のアンケート調査でわかった。
 事件に関する情報が入手しにくいことや、ケアマネジャーなど在宅介護を支援する人たちへの批判につながりかねないことが検証を難しくしている。厚生労働省は、国と自治体が連携した検証態勢の検討を進める方針だ。
 読売新聞は、警察発表や研究者の資料を基に、13年1月~今年8月に介護を受けている60歳以上が被害者となった殺人(未遂含む)や心中、傷害致死など179事件を特定。今年11~12月上旬、これらの事件が起きた139市区町村を対象にアンケートを行い、125市区町村の161件について回答を得た。(ここまで340文字 / 残り775文字)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20161218-OYT1T50139.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

別荘敷地に全裸の男性遺体 死後数日経過か 山口・下関(19日)朝日

19日午前0時ごろ、山口県下関市豊北町神田上の男性(59)から、「隣家で物音がした」と110番通報があった。駆けつけた県警小串署員が、隣接する別荘の敷地内に全裸の状態で倒れている男性の遺体を発見した。死後数日経っているとみられ、県警は死体遺棄事件とみて死因や身元の確認を進めている。
 県警によると、遺体は50歳代~70歳代で、別荘敷地内の草むらに全裸の状態で倒れていた。目立った外傷は無いとしている。通報した男性は「18日午後11時40分ごろ、普段は住人のいない隣の家で物音がした」と話しているという。別荘は木造2階建てで、同県宇部市内の男性(73)が所有者とみられる。
 現場は、観光地として有名な土井ケ浜の海水浴場に近く、別荘や海の家などが点在する地域。(白石昌幸)
http://www.asahi.com/articles/ASJDM2CCVJDMTZNB002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月18日 | トップページ | 2016年12月20日 »