« 覚醒剤で摘発、50歳以上の8割再犯 極めて強い依存度(29日)朝日 | トップページ | 暴力団の建物建設「反対」 名古屋・名東、住民ら600人が集会(29日)共同 »

2016年11月29日 (火)

国連の専門家グループが拉致被害者家族と初面会 要望聞き取り(29日)NHK

北朝鮮当局による人権侵害の責任を追及するため新しく設置された国連の専門家グループが28日夜、拉致被害者の家族と初めて面会し、家族の現状や要望を聞き取りました。
 強制収容所や拉致など北朝鮮当局による人権侵害の問題をめぐっては、その責任を追及するため、ことし3月の国連の人権理事会で専門家グループの設置を盛り込んだ決議が採択されました。
 メンバーに指名された人権問題が専門のセルビア人のビセルコ氏と法律家でバングラデシュ人のホサイン氏は、調査のため今月26日から来日していて、28日夜、内閣府で拉致被害者の家族と初めて面会しました。
 面会では、はじめに、ビセルコ氏が「われわれは真実と正義を追求していくのでご家族の見解を伺いたい」と述べ、家族会代表で田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さんは「北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)氏が被害者を帰す決断をするよう力を尽くしてほしい」と帰国に向けた後押しを求めました。
 国連の人権理事会では北朝鮮の人権侵害に対する非難決議が9年連続で採択されていて、専門家グループは来年3月の理事会に向け、責任追及の方策について検討を進める方針です。
 面会のあと飯塚さんは「北朝鮮に残された家族は数十年拘束され大きな苦痛を受けています。ことしもまもなく終わりますが、また来年かという気持ちを隠せません」と話しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161129/k10010787671000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 覚醒剤で摘発、50歳以上の8割再犯 極めて強い依存度(29日)朝日 | トップページ | 暴力団の建物建設「反対」 名古屋・名東、住民ら600人が集会(29日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64558288

この記事へのトラックバック一覧です: 国連の専門家グループが拉致被害者家族と初面会 要望聞き取り(29日)NHK:

« 覚醒剤で摘発、50歳以上の8割再犯 極めて強い依存度(29日)朝日 | トップページ | 暴力団の建物建設「反対」 名古屋・名東、住民ら600人が集会(29日)共同 »