« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初(7日)読売 »

2016年11月 7日 (月)

迷惑メールを「潜入捜査」 警視庁、PCわざと感染(7日)朝日

 警視庁のパソコンがウイルスに感染した! でも安心してください、実は「潜入捜査」なんです――。
 警視庁は7日、スパムメール迷惑メール)が拡散する前に、メール利用者に注意を促すサービスを始めた。同庁のパソコン1台を拡散させる側に潜入させ、事前察知できる仕組みを整えた。警察では、全国初の取り組みだ。
 サイバー犯罪対策課によると、ウイルスが添付されたスパムメールの拡散をもくろむ攻撃者はまず、サーバーに攻撃指令を発信。すでにウイルスに感染した端末を「踏み台」にして、不特定多数の端末に大量のメールを送る。感染するとネットバンキングの不正送金に悪用される恐れがある。
 同課はこの仕組みを逆手にとり、管理するパソコンの1台をわざと感染させ、踏み台の中に潜り込ませた。このパソコンで、拡散前にスパムメールの件名や本文を把握し、警視庁ツイッターアカウント、犯罪抑止対策本部(@MPD_yokushi)と広報課(@MPD_koho)で速報する。日本サイバー犯罪対策センターの加盟団体にも注意喚起する。
 ただ、監視するサーバーは1台だけなので、事前把握できるのは週に数種類くらいになる見通し。同課は「少しでも感染防止に役立てば」としている。(阿部朋美)

http://www.asahi.com/articles/ASJC45G9ZJC4UTIL04M.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初(7日)読売 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64458194

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メールを「潜入捜査」 警視庁、PCわざと感染(7日)朝日:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 犯罪被害者にも「当番弁護士」…大阪、全国初(7日)読売 »