« 徳島県警察学校長、スピード違反で書類送検 訓戒処分に(12日)朝日 | トップページ | 2歳女児 駐車場からバックで出てきた車にひかれ死亡(12日)NHK »

2016年11月12日 (土)

不正プログラム感染のパソコン 複数言語でウイルスメール送信 警視庁解析に成功 (12日)産経

世界で猛威を振るうマルウエア。警視庁はこのほど、マルウエアに感染して構築されたボットネットが、ウイルス付きメールをばらまいている状況の解析に成功した。今月11日までの約2週間で、あるボットネットが攻撃者の指令を受け、日本語やイタリア語、ポーランド語のウイルス付きメールを大量に送信していた。警視庁は国内外に警戒情報を発信し、感染防止に役立てたい考えだ。
 警視庁が目を付けたのは、インフラ的な役割を負っていたある巨大ボットネット。さまざまなマルウエアをばらまくのに以前から利用されており、ウイルスが仕込まれたメールを多い日で180億件送信していたとされる。国内に限定すると、このボットネット発で「Gozi」と呼ばれる不正送金ウイルスが流行していた。
 警視庁は端末で、リアルタイムで攻撃者の司令を監視。その結果、同じボットネットが10月下旬から、15種類の内容でメールを送信していたことが判明した。
 メールのタイトルは「添付写真について」「見積書」など、企業・団体の業務連絡を装う題名で、添付ファイルを開くと感染する仕組み。イタリア語やポーランド語などでも同様の内容だった。
 警視庁は検知した内容について、11月から短文投稿サイト「ツイッター」で情報発信し、注意喚起する仕組みを開始した。警察庁を通じて、全世界の関係機関にも情報を提供する。
www.sankei.com/affairs/news/161112/afr1611120017-n1.html

« 徳島県警察学校長、スピード違反で書類送検 訓戒処分に(12日)朝日 | トップページ | 2歳女児 駐車場からバックで出てきた車にひかれ死亡(12日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64478964

この記事へのトラックバック一覧です: 不正プログラム感染のパソコン 複数言語でウイルスメール送信 警視庁解析に成功 (12日)産経:

« 徳島県警察学校長、スピード違反で書類送検 訓戒処分に(12日)朝日 | トップページ | 2歳女児 駐車場からバックで出てきた車にひかれ死亡(12日)NHK »