« スープから消毒液の成分検出 病棟などで混入か(5日)NHK | トップページ | 住宅火災、2人死亡 滋賀・長浜、不明の女性か(5日)共同 »

2016年11月 5日 (土)

電通社員の自殺受け「真夜中の労働ホットライン」(5日)NHK

大手広告会社、電通の新入社員だった女性が過労のため自殺した問題を受けて、夜遅い時間まで働いている人などのための電話相談「真夜中の労働ホットライン」が開かれています。

この電話相談は、ブラック企業問題に取り組む弁護士のグループが4日午後9時から東京と大阪で開いています。
東京では千代田区の法律事務所で10人の弁護士が相談に応じ、早速、長時間労働に悩む人から電話がかかっていました。
50代の会社員の妻からは「夫が午前4時まで働かされ、シャワーだけ浴びてすぐ出勤している」という相談が寄せられ、弁護士は、タイムカードなどの勤務記録を残すようアドバイスしていました。
また、流通業でパート従業員として働いているという40代の女性は「職場でタイムカードを押してからも仕事をさせられる」というサービス残業についての相談をしていました。
佐々木亮弁護士は「若い人を中心に、長時間労働が原因でうつ病になる人も多い。夜中まで働いていてふだんは相談する余裕がない人もぜひ電話してきてほしい」と話していました。
電話相談は5日午前2時まで受け付けています。
電話番号は、東京が03-3503-3370、大阪が06-6364ー9007です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161104/k10010756461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

« スープから消毒液の成分検出 病棟などで混入か(5日)NHK | トップページ | 住宅火災、2人死亡 滋賀・長浜、不明の女性か(5日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64446057

この記事へのトラックバック一覧です: 電通社員の自殺受け「真夜中の労働ホットライン」(5日)NHK:

« スープから消毒液の成分検出 病棟などで混入か(5日)NHK | トップページ | 住宅火災、2人死亡 滋賀・長浜、不明の女性か(5日)共同 »