« 警察官多くてびっくり、厳重警戒の「餃子祭り」(6日)読売 | トップページ | 全日空機が離陸後にトラブル…福岡空港に引き返す(6日)テレビ朝日 »

2016年11月 6日 (日)

命守るのは指導者 部活中や体罰子どもの死亡ゼロへ(6日)共同

 スポーツ指導者を多数輩出する日本体育大は七日から、部活動や体育の授業中の事故や体罰で子どもを亡くした遺族らを講師に招いた研修会を始める。実際に起きた事例を学び、安全への意識を高める狙い。講師の一人で、二〇〇三年七月に高校の部活動で長女を亡くした草野とも子さん(66)=東京都江戸川区=は「教員になる人たちには、親のつらさ、悲しさと命の大切さを分かってほしい」と話している。 (小林由比)
 草野さんの長女恵さん=当時(15)=は専修大付属高校(杉並区)一年の時、バレーボール部の合宿中に倒れ、二日後に熱中症と急性硬膜下血腫で亡くなった。
 湿度が70%近い真夏の体育館で、一つの動きをできるまで繰り返させられた。経験が浅かった恵さんは水を飲む時間すらなかった。二日目には吐き気などの熱中症の症状があったにもかかわらず、顧問の指示で練習を続け、転倒した際に床で頭を強打した。症状が悪化しても、顧問は病院に連れていかず、コートの外にいた恵さんは意識を失った。
 病院に駆けつけた草野さんは、人工呼吸器につながれ、目を半分見開いたままの恵さんを前に、泣き叫ぶしかなかったという。
 「なぜあんなに元気だった娘が亡くならなくてはいけなかったのか」
 学校から詳しい説明はなく〇六年、学校を相手に損害賠償訴訟を起こし、〇九年に和解した。和解条項には、学校に専門家らによる安全対策委員会を設置することが盛り込まれ、自らもメンバーに加わった。
 「娘と同じ目に遭う子が二度と出ないよう学校や教員の意識を変えたい」。その一心で、今も学校に通い続ける。学校側も草野さんの声に耳を傾け、安全対策に力を入れている。
 「スポーツ指導者に無知や、健康や命を大切にする認識がないことは許されない」と草野さんは言う。「命は一度消えたらもう灯をともせない。次世代の教員として子どもたちの命を預かる学生たちに、そのことを伝えたい」
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016110602000133.html

« 警察官多くてびっくり、厳重警戒の「餃子祭り」(6日)読売 | トップページ | 全日空機が離陸後にトラブル…福岡空港に引き返す(6日)テレビ朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64453641

この記事へのトラックバック一覧です: 命守るのは指導者 部活中や体罰子どもの死亡ゼロへ(6日)共同:

« 警察官多くてびっくり、厳重警戒の「餃子祭り」(6日)読売 | トップページ | 全日空機が離陸後にトラブル…福岡空港に引き返す(6日)テレビ朝日 »