« イスラム法学者・中田考氏の古物店や自宅を家宅捜索 警視庁 記録なく商品売買(31日)産経 | トップページ | 客の食べ残しうどん、公園にまく…容疑の男逮捕(1日)読売 »

2016年11月 1日 (火)

45年逃亡犯に懸賞金…中核派、警官殺害容疑(1日)朝日

1日から貼り出される懸賞金広告のポスター沖縄返還協定の阻止を掲げた過激派の学生らが警察官を襲った1971年の「渋谷暴動」で、殺人容疑などで指名手配中の中核派活動家、大坂正明容疑者(67)が、現在も国内で潜伏している可能性が高いことが警察当局への取材でわかった。

 警察庁は1日、45年前の事件としては異例の公費懸賞金制度の対象に指定し、逮捕につながる情報には最大300万円を支払う。
 71年11月14日、沖縄返還協定の阻止を掲げた約5000人が渋谷に集結し、このうち約150人が機動隊を襲撃。新潟県警の中村恒雄警部補(当時21歳)が鉄パイプで殴られるなどして殺害された。大坂容疑者は当時、中核派系全学連の幹部で、暴動を主導した一人だったとされる。(ここまで303文字 / 残り380文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161101-OYT1T50009.html?from=ycont_top_txt

 

« イスラム法学者・中田考氏の古物店や自宅を家宅捜索 警視庁 記録なく商品売買(31日)産経 | トップページ | 客の食べ残しうどん、公園にまく…容疑の男逮捕(1日)読売 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64427722

この記事へのトラックバック一覧です: 45年逃亡犯に懸賞金…中核派、警官殺害容疑(1日)朝日:

« イスラム法学者・中田考氏の古物店や自宅を家宅捜索 警視庁 記録なく商品売買(31日)産経 | トップページ | 客の食べ残しうどん、公園にまく…容疑の男逮捕(1日)読売 »