« 75歳運転の車が衝突事故 5人重軽傷、千葉・栄町(16日)TBS | トップページ | 「銀聯カード」ATMから10億円不正引き出し(17日)読売 »

2016年11月17日 (木)

運転中ポケGO、操作制限後も続く 「厳罰化には限界」(17日)朝日

 運転中にスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」をして歩行者を死傷させる事故が全国で続発した。10月に愛知県一宮市で小学生が死亡した事故の後も、運転中のポケモンGOで検挙される事例が相次ぐ。痛ましい事故の再発防止策を求める声が強まっている。

 ポケモンGOが関係する交通死亡事故は、これまでに一宮市の事故を含め全国で3件確認されている。
 徳島県では8月、運転中にゲームをしていた男の車に女性2人がひかれて死傷する事故が発生。自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた男に、徳島地裁は禁錮1年2カ月の実刑判決を言い渡した。
 判決について、一宮市の事故で亡くなった則竹敬太君(当時9)の父・崇智(たかとし)さん(46)は疑問を投げかける。「自らゲームを起動させて運転しているのだから、故意に起こされた事故で危険運転になるべきだ。そんなに軽くていいのか」
 警察庁によると、ゲームが配信…

有料記事こちらは有料記事です。無料登録すると1日1本記事をお読みいただけます。残り:619文字/全文:1002文字
http://www.asahi.com/articles/ASJCJ5R1VJCJOIPE02N.html

« 75歳運転の車が衝突事故 5人重軽傷、千葉・栄町(16日)TBS | トップページ | 「銀聯カード」ATMから10億円不正引き出し(17日)読売 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/64504212

この記事へのトラックバック一覧です: 運転中ポケGO、操作制限後も続く 「厳罰化には限界」(17日)朝日:

« 75歳運転の車が衝突事故 5人重軽傷、千葉・栄町(16日)TBS | トップページ | 「銀聯カード」ATMから10億円不正引き出し(17日)読売 »